FC2ブログ
2018-12-02

20181202234210391.jpg
先日子供の予防接種で病院に行った時のこと。
待合室に1歳と4歳の兄弟がいました。
オモチャを取り合って喧嘩する2人を
ママがとめながら、
「家でもずっとこうです〜」と言うので
「そりゃそうですよ〜。うちは上が少し離れてるので、喧嘩はないけれど」
と雑談してました。

すると上の子がそれを聞いていたみたい。
私に向かって
「ぼくはまだ4歳だからケンカするもん!」
との事。
頭の良い子だなぁと思いながら
「うんうん」と応えましたがもう一度、
「ぼくはまだ4歳だからケンカするもん!」
と念押し。

そうかそうかと思い、
「そうだよねえ!お兄ちゃんだからって
我慢するなんて、ゼッタイ嫌だよねえ!」
と代弁。
そうしましたら満足そうに力強くうなずき、
快く遊びに戻っていきました。

大人も子供もおんなじです。
嫌だと思っていても、やらなくてはならない事があるのが世の中。
4歳の男の子ですら既に、
お兄ちゃんだから自分が我慢しないといけないのかなぁとホントは感じてる。
でも心の方はただただ
「そんなの嫌だよねえ!」と共感してほしいのです。

私達は理性で生き抜く知恵を持ってはいますが、
心をないがしろにしてはいけないのです。
言い訳や理屈で自分を説得する前に
ああ、嫌だったねぇ!と
心に耳を傾けてあげて下さい。


NAMASTE
あゆ


スポンサーサイト
2018-11-16

20181116130710a65.jpg
スイスチャードです。
近年は札幌でも近郊野菜として沢山出回っていますね。

生徒さんのアメリカ土産で種を頂きました。
毎年少しずつ種を使ってるのですが、
発芽率はいいし切ってもどんどん出てきて
1シーズンずっと重宝するのでオススメです。
ドミニカがきた時も
キャロットラペとチャードを使ってベジサンドを作ってくれました。
葉物の種類わかるかな?と思ったら
「チャード」って普通に言ってたので
むしろ一般的なのでしょうか。

お土産やプレゼントで種をもらう事が時々ありますが、
どれも毎年うちの庭を賑わせてくれる大切な役者になっています。
愛でたり食べるたびに
頂いた方の事を思い出し、
そして種を収穫するものは命を繋ぐので、
ずうっと共に楽しむのです。
こんな風に贈り物が生き生きし続けるのは
植物ならではの楽しみでもあります。

寒さも身に染みるようになり、
庭のトゥルシーの葉も食すには限界が近くなっています。
もう少ししたら種を収穫し、
今年の畑じまいをしようと思っています。

それでもチャードは変わらず元気なのよねぇ。
低温障害があるようにも感じないし。寒さに強いのでしょう。
霜が降りるまで頑張ってもらおうかな〜


NAMASTE
あゆ
2018-11-03

20181103140505ff1.jpg
友人に
「あっても腹の足しにもならないもの、好きだよね」と言われた事があります。
ははは、確かにその時彼女が見てたものは、
ひっくり返すとメェーと音がする
羊の絵のついた小箱。

雑貨好きは以前からですが、
昔は身の廻りに置くものは色も機能もシンプルな物ばかり。
あるヨガ友の家によく泊まるようになって
私の選ぶものが大きく変わってきました。

彼女は美大出身で、
熱く真面目にヨガの話をする最中に
目の前のしょーもない事象に目を奪われては、
わははと笑って気持ちが一気にそちらに切り替わります。
伝統や真実を探求する真剣さと
しょーもない面白さと
彼女にとっては同じくらい大切な事に見える。
そんな彼女の家は、大人なのに何か楽しい秘密が隠されているような、
宝箱のように感じるのです。

子供が生まれ、腹の足しにならないものの幅は広がり続けています。
しょーもない物とたわむれる私を
子供達は目を輝かせて楽しがります。
(説教の時は目が死んでいます)
大人になってもこの子達が、
しょーもないものを楽しんでほしいと
今はとても思うのです。


NAMASTE
あゆ


2018-10-28

201810281035435c5.jpg
先日、昨年来札したレスリーハワードの来日に合わせて東京に行ってきました。

昨年は巣篭もりで一人では家を離れられませんでしたが、今年は何度か自分のために遠方に出掛けられています。本当に家族に感謝。
思う存分とまではいきませんが、自身の探求に時間を費やすことができるのは有難いです。

さて、レスリーとドミニカに会ってきましたが
私自身への細かなアドバイスに
指導上活かすべくアドバイス。
2人共会う度に
新たな目線を投げかけてくれる。
女性の先輩として、先生として、
そして母のような包む熱い愛で。

そのスキルの深さ、愛情深さには本当に
脱帽です。
教えることが生業ではない私ですが
高い志と深い愛情で導いてくれる先生のお陰で
ああ、私もこのように在りたいなぁ、と
力が湧いてくるのです。

NAMASTE
あゆ

2018-09-30

20180930145848b0a.jpg
エコカラット、しました。
土壁に憧れていましたが
それを手がける知識も力量(?)もないので根っから諦めていました。

そうしましたら最近友人が
「エコカラットって壁の施工したの」との事。
なになに?と話を聞くそばからすぐに興味深々。
土壁のような湿度調整や消臭、多少の有害物資の吸着があるらしく、
近年はバリエーションも豊富で人気のようです。

寝室の湿度や窓が結露しやすい部屋対策に
白樺の木っ端や炭を置いたり
道内でも産出される珪藻土を置いたり。
一体効果があるのかないのか、ともかく長年試行錯誤していましたので
小さい対策には区切りがつけられそうです。
とはいえ窓を締め切る冬はこれから。
除湿でいうと効果の程は分からないですけど。

空気は清涼感が高くなり心地よいです。
ただ空間に在る事を楽しむようになった近年、ますます家での瞑想が落ち着く場となっています。

なーんて、清涼感は最近秋めいて涼しくなっただけだったりして笑



NAMASTE
あゆ


プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー