2018-04-10

先日タクシーに乗った時のこと。
前座席に乗ることになり、
見ましたら運転手さんの荷物がありましたので少し開けるのを待っていました。
すると、こちらが自動で開くのを待ってると思ったらしく、
「前のドアは自動で開かないんだけどっ」
とムッとなさった様子。

その後も少し苛立たれてるようにお見受けしたので、シートベルトをする質問をきっかけにして丁寧に話しかけてみました。
すると態度は一変。たくさんのおしゃべりに至りました。

普段はタクシーで自分からおしゃべりしないのですが、不必要な不穏な空気が気になり、口火を切ってみました。

こういった事は日常生活でよくあります。
人は敬意のなさや攻撃性を感じるとすっと心を硬くします。
心が寂しかったり嫌な経験が続いていれば、その過剰反応も強くなる。

アヒンサーは非暴力と言われるけれど、
長く見つめ続けて至る心の状態は
「傷つける意志がない」ということ。
大切な人との関係においては日々の触れ合いでそのメッセージは伝わります。時に怒ったり意見が違っていいのです。それはむしろ大切ですし、ただそこに「傷つける意志はない」事が伴っているのが重要。

知らない人との通りすがりの触れ合いでは、
アヒンサーを少しだけ、アピールするように出すのも時には必要だと考えています。
世の中は暖かい所だと、皆が少しでも思えるように


NAMASTE
あゆ


スポンサーサイト
2018-03-31

3月ももう終わり。
札幌もやっと春の訪れを感じますね。
毎年、一番に咲くクリスマスローズの時に庭の話題を取り上げます。今年はまだ咲いてないので、いつにも増して春が待ちきれなかったようです。

雪解けした庭の手入れをしていましたら、歩く為に敷いているレンガの上にハーブ類の根が。
そこに土をからませて、新たな苗床を作っていました。
数センチ下はレンガがあるのに、横に伸び続ける苗床。太い根が柱となり作った基盤に他の植物の根も絡み合い、強さと厚みを増しています。
充分に、この上に植物が植えられそうな風格です。

うーんまさにナウシカの世界。
根も土もレンガまで。その場に居合わせた者達の共生を感じます。
縁によって輪が成り立つのは人の間だけでなく、動物も植物も無機物も同じですねぇ。もちろんそこに人も含まれますけど。

最近友人に貸していたナウシカ全巻が戻って来たので、あらためて読もうかな。
クラスに来て下さってる皆さん
ナウシカの推し貸しはいつでもしますので、読みたい方は言ってね。

NAMASTE
あゆ






2018-03-20

先日ティーチングのフォローアップクラスが終わりました。
来てくださった皆さま、
ありがとうございました〜!

収まりきらないとは思っていましたが、思ってた以上に消化できず、過去にないほどの早口と早いペース。失礼しました。
とはいえ皆さん楽しくご参加頂けたようで、私も嬉しいです。

私的にははずせない
指導者としてのヨガ哲学、
その実践の有効性と、ティーチングに具体的に落とし込む方法について
どうお伝えするかが最も慎重に熟考したポイントでしたが、
面白く思って頂けたようで何よりでした。

ティーチングは沢山の要素を統合させてアウトプットする高度な作業。
噛み砕いて浸透させるには時間が必要ですが、
ティーチングでの心の在り方にはまだまだ先がありますので、今後も少しずつ盛り込んでいけたらなぁと思っています。

ご希望頂きましたように折を見てまた開催したいと思っています。
より活発に意欲的に、質問などなさって下さいね。
次回も楽しみにしています。


NAMASTE
あゆ




2018-02-28

「ゴールデンカムイ」読みました。

大阪の元仕事仲間が読んで影響を受け、
旅行がてらアイヌ料理が食べたかった!と来札。
残念ながらうまくお店は見つけられなかったようですが。

まだ読んでないなら、これから楽しめるんだから羨ましい!
まで言うものですから、ちょうど人から借りる機会があり読みました。

う〜んとても面白い!

男性マンガなので激しさがあって、女子にはちと見辛い所もあるのですが、
ロマンと現実の歴史的背景をうまく融合させた世界観。ギャグ要素もありで結構笑えます。

そしてなんといっても、アイヌ民族の智恵にまつわる知識がすごい。
知識だけでなく、自然と共に生き敬う精神もたくさん盛り込まれています。

これら全てが
北海道を舞台に、馴染み深い自然環境の中で行われますから、道民は読むべき!
アイヌ語の権威と言われる某教授が、この作品ならと監修に。アイヌ民族の方々からの信頼も厚いようです。そんな所も楽しめた一因。

そして春からアニメ化されるみたいです。
アニメの方は私はあまり興味はないですが、テレビで出ると漫画がレンタルしずらくなるかも?



NAMASTE
あゆ

2018-02-21

なかなか暖かくならない今回の冬ですが、気づけばもうすぐ3月。
また別れと出会いの時期がやってきます。

今年の春は、大切な友達が転勤でお別れすることになりました。
このブログでも何度かお別れする事を書いていますが、
送り出すのは本当に寂しく切ない気持ちになります。

若く自分の人生が沢山移動を伴っていた時には感じられなかったこの感覚。
年齢的な事も含めて、どんどん送り出す立場になってゆくのだな、としみじみ感じた次第です。

変わらないものはないと分かっていたつもりだったのに、
何気ない日常を共にした仲間が去る途端
こんなにさみしく思っているなら
変わらないで欲しかった証拠ですね。

いつも太陽のように明るくて、周りへの気遣いを忘れなかった彼女。
気を使いすぎだよ、と仲間内では笑って言っていたのに
そんな彼女の気遣いが、こんなにも安心感をくれていた事が今は分かります。
新しい土地でも、明るく意欲的に
毎日を切り開いていくでしょう。
心配はしていません。

私も、
人々に感じてもらえる事が
彼女がくれたような揺らぎない安心感でありますように


心の在り方を教えてくれるのは
高尚な先生だけではなく
日々触れ合う大切な人々の中に


NAMASTE
あゆ
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー