2017-06-14

出始めの桔梗の葉先に雨水がたまり、ダイアモンドでてきた花のよう。
毎年ほんの一時期だけ見れるかわいい楽しみです。

以前、インタビュー番組に作家の羽田圭介さんが出ていて、そのなめらかな表現力・語彙力に感動しました。さすが作家さん!

ヨガの先生として
言葉の持つ力と、その制限の
両方を意識するようになり
ジャンル問わず表現が豊かな方によく感動します。
心は目には見えない
多彩なグラデーションをもつもの。
言葉の表現の豊かさは想いを浮き上がらせるのに、ある程度まではとても助けになるからです。

ヨガをしているとアヒムサーの精神の働きかけか、想いをカッコよくキレイに表現しようとしてしまいますが
あからさまに、隠さずにいること。
心を見つめるにはまず心に正直なのが必要だから。

しかしそれでいて、
嫌悪や憎悪を増幅させない。
頭の中の声はマントラとなり
繰り返すようであれば自分に染み付く事を忘れてはいけません。

この二つのバランスが大切です。

感情は
誇張することなく、抑えつけもせずに
正直に浮き上がらせる
ネガティブな表現すらも
愛情を持って


NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト
2017-06-08

先日子供がタンポポの綿毛を取ってきて花瓶に挿しました。
半日かけてまあるく開くまでの様子を見てたのですが
幻想的で美しかったです。
こんなに身近な植物の美しさに気付いていなかったなんて。

庭のハーブ達もグランドカバーを通り越し、丈が高くなっています。
庭を始めた頃はもっとハーブに種類があったのに、今はオレガノとレモンバームと2種のミント、お隣からのびてきたワイルドストロベリーが占拠しています。あとは少し変わった品種のクローバー。

何年も様子を見ていると、明らかに強いものがどんどん他を侵食してくるのがわかります。毎年植物同士の陣地取り合戦のドラマがあります。

ミントが強いと聞いていましたが、広がりではレモンバームの方が強力です。
花瓶に挿したレモンバームもすぐに根が出て。う〜んなるほど、この生命力ならミントをしのぐのが分かります。
ミントも同じくらいすぐに根がつきますけどね〜。
オレガノとレモンバームとミントでしたらいつでもお分けできるので言って下さい。

先日テレビで、四つ葉のクローバーは踏まれる事で生まれやすくなると知りました。
踏まれることで幸せのシンボルが生まれる、なんて
解説していた雑草研究者の稲垣栄洋さんも言われてましたが、四つ葉のクローバーは素敵な教訓を秘めた存在だったのね。

四つ葉のクローバーをうちの庭の品種で見たいけれど、
とは言えあえて踏むとなると・・・
可哀想なのであきらめます。


NAMASTE
あゆ
2017-05-16

IMG_2223_convert_20170516230043.jpg
少し前のブログに引き続いて
ウクレレの話を。

先生に与えられる課題曲はジャンルが様々なのですが、
自主練はハワイアンソングでしています。
ハワイアンは音が優しくまるみがあるので
練習中のヘタクソなメロディでも
案外耳にさわりません。←家族への言い訳


ハワイアンソングもウクレレの音色も、以前は全く興味なかったのに!
ハワイアンてどれも同じような曲だな〜と感じてたのが
別々に心に響くようになってきました。

音の聞こえ方も変わってきました。
ウクレレを買いに行った時
店員さんが音の違いを聞かせてくれたのですが、
正直たいした違いはわからず。
値段の先入観がいい音かもと思わせてるのでは?と思う始末で。
なんでも鑑定団見てる気分でした。
もしくは芸能人格付けチェック?

それが教室に通ううち、まず思ったのは
楽器が見えなかった他の生徒さんの音色が三味線のように聞こえて
ウクレレでない楽器を演奏してる?と思った時。
そして
ある日先生に曲をデモンストレーションしてもらってる最中
急にハッと、すごく良い音!と感じた時。
聞けば先生のウクレレはやはりとても高価なものでした。

以前も毛糸の回で取り上げましたが
差が感じられなかったものの、違いが掴めるようになってくる事が
物事の取り入れが微細に、意識が高まったサインであり、醍醐味でもあります。


ハワイアンは全く興味がなかった、と思っていたのですが
昔購入した小野リサさんのアルバムで
一枚だけハワイアンあったな!と思い出し、
引っ張り出してきて聞いています。
天気のいい日も増えた今の季節。
ほがらかで肩肘張らず、オススメです。


NAMASTE
あゆ
2017-05-10

ヨガクラス再開します。

2月より全てのクラスがお休みに入っていましたが

7月から1つ目のクラス再開を致します。
土曜日朝のクラス

毎週土曜日
9:00-10:10
1回 1,500円
ヨガマットのご持参お願いしています。
場所:西28丁目駅最寄り 美容室「FLICKA」
http://www.flicka-hair.com/contents/access/index.html

お越し頂く際は事前にご予約下さい〜。


NAMASTE
あゆ
2017-05-05

連休だというのに巣篭もりなのと旦那の仕事で
ハデな(?)行楽がありません。
それでも連日の快晴を楽しみたくて屋上でランチしたりしています。

そんな日々に子供の反応はどうかといいますと
上で食べよう、の提案だけで
大はしゃぎです。
自分達で作って、運んで、食べて、片付けて。
やっているのはいつもの日常の一コマと一緒なんですけどね。

旅先だとよりはっきり分かります。
子供の為にと思って行ったレジャー施設で
興味をひく対象を楽しんだ時と
大人の為に行った場所でも
のびのび一緒に笑える時間があれば
楽しかった!の思い出が、同じ。
楽しいという感覚と、どこに行ったかは
ほぼ関係がありません。

大人になると
何か「する」から楽しいと思ってしまいがちですが
楽しみはどんな事をしていても
心の中にあるものです。

「する事」に楽しみがくっついている気でいると
渋滞も嫌だし期待ハズレも嫌だし
「する事」が上手く運ばなくなる原因に
心の雲行きが怪しくなります。

これは、大変起こりがちなことなのです。
目的をやり遂げないとダメなのか
目的を持つことが人生という楽しみの中に含まれているだけなのか
よくよく見て
自分がかけた雲に気づいていくために

NAMASTE
あゆ
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー