2016-04-30

IMG_0751.jpg
一気に暖かくなりました。
殺風景な庭の中で今年もクリスマスローズが一足先に花をつけて
庭を見る楽しさをくれます。

もう新年度が始まってしまったのですが
環境の変化に伴い、
この春、出会いと別れが少し大きくありました。

お恥ずかしい話なのですが私は記念日ベタです。
数年前まで旦那の誕生日もよく間違えておりました。
親友と一日違いなのでいつもどっちがどっちか忘れるのです。
自分の誕生日はかろうじて覚えていますが、歳がいくつか間違えます。
歳の数が増えすぎてカウントできないのか現実逃避か、
サバを読むのを正当化したいからか・・・・自分でも分かりません。

ですので折に触れて、
気持ちを形にしてくださる方々のやさしさには
いつも感激させられます。
節目や記念日を丁寧に意識してくださる。

私の師匠のひとりが
相手に捧げられるのは向き合っている意識の瞬間、と言われます。
プレゼントやお手紙で気持ちが形になっていたにしても
嬉しいのはそこにかけてくださった想いの時間。

頂いたものは長く思い出に残るものです
それはモノそのものの嬉しさ以上に、
寄せて下さった気持ちが宿り続けて自分の中に残っているから。

生きることは変化し続けること
触れ合うリズムや距離が変わったとしても
やわらかく長く続くお付き合いに
また人生の楽しみをもらって



NAMASTE
あゆ




スポンサーサイト
2016-04-12

2016年10月ドミニカWSin札幌決定!

IMG_0734.jpg
まだ詳細はこれからなのですが、
今年も10月にドミニカ芹ケ野のWSを札幌で予定しています。
スケジュールが分かり次第知りたい!というお声を
多数頂いてますので日程のお知らせ。
実は吉祥寺のSHIZENヨガのHPにはこの期間に札幌、と既に記載があり
それで問い合わせもあるのですが(汗)
10月14日(金)15日(土)16日(日)
の3日間でWSを予定しています。

ドミニカのヨガは、
色気はなく(笑)目線が大変繊細で大事な要素がパンパンに凝縮されていますので
綿密な教えを受け取りきれないと感じたり
焦りが起こる時もあるかもしれませんが、

長く、回数を重ねているうちに
あらっ!前より繊細に体の使い方を意識できる!
生徒さんの体がよく見える!
と深い目線が身についているのが実感される堅実なヨガです。

私も様々な先生に学んでいますが
この点において、一番の師匠は実はドミニカです。
元々のスタイルの繊細さに加え
ドミニカ個人の人柄の熱意による、的確な個別指導が大きな理由です。

生徒の時期とタイミングを見極めながら
惜しみない教えを与えていく
時間のゆるす限り個別に。

そんな先生としての在り方と情熱が伝染するのもドミニカの魅力です。
人はどこに鋭さを持ち、どこに寛容さを向けるか
とても大切なふたつのバランスを教えてくれる素晴らしい先生です。

今年も皆さまにWSでお会いできるのを楽しみにしています。


NAMASTE
あゆ


2016-03-18

IMG_0130.jpg
ヨガを教えている場でよく生徒さんが
「あっすいません、覚えてなくて」
とおっしゃることがあります。

気になった時に
「覚えてなくていいです、やるだけです」とお伝えすることがありますが、
もっというとヨガは
覚える作業ではなくて
思い出す作業

意識的でいる事を思い出す
体に意識を向ける(事を思い出す)
呼吸に意識を向ける(事を思い出す)
自分が求めてることは何か奥の奥に意識を向ける(事を思い出す)

思い出す時間が多いからこそ体と心に網の目のように浸透して
どんな状況の自分であっても
すぐにじみ出てくるようになる

ヨガでしたいのは浸透であり、
思い出すことであり。
且つ
思い出すことは浸透のためだけの作業でなく、
思い出す行為そのものの効果もありますから
いつまでもどちらも大切。
覚えたかどうかは
どうでもいいと言ってもいい。

最近家の中で
「あれ、私今何しにここに来たんだっけ?」と思うことが多すぎるのですが・・・
覚えてないし、まったく思い出せない(泣)



NAMASTE
あゆ
2016-03-08

IMG_0303.jpg
札幌も雪解けが一気に進みましたねぇ。
3月も中旬に近づき
子供の進級を前に季節の移り変わりを感じています。
少し前まで会話もままならないと思っていたのが
小さな子供でも
人とのコミュニケーションが多彩になるのを興味深く見ています。

両親に見せる、良くも悪くも甘えた顔以外に
親戚、
友達のママ、
仲良くしているお店の方々、
自分自身の友達・・・などなど。
相手によってたくさんの「顔」を持っている。
友達だって、それぞれの子の個性に合わせてかわるから大変面白い。
遊び方もやり取りの機微もガラリと変わる。

相手によって変わるコミュニケーションから、
無意識にいろいろな自分が引き出されていく。

以前女優の松坂慶子さんが、
役者になった醍醐味について
「自分だったらださなかったものが、いろいろある」
とおっしゃっていました。

役柄をもつ職業でなくても、私たちは沢山の顔をもって生きている。
それは仮面ではなく、
引き出される面がいろいろ違うということ。
全てが自分から出てきた一部です。

そう意識すると、
心の距離が遠い相手も
時には嫌な感情ばかり引き出される相手でも。
皆が私の中の何かを引き出してくれる興味深い存在です。



NAMASTE
あゆ

2016-02-24

IMG_0236.jpg
なんだか文具について書くことが増えている気がします。
写真はペリカーノジュニア。
子供用とうたわれた万年筆ですが、
その使いやすさ、見た目の可愛さは大人をも魅了。
万年筆上級者になるつもりない方(私とか)にも
気軽に手を出せる価格もお手頃な一本です。
色も豊富。中に名前を書いたシールを張り付ける場所もあり。
ザクザク使えるので昔からのお気に入りです。
どうも私は気兼ねなく使えるモノのほうが合っているようです。

仕事をしていた頃は文房具と触れる毎日でしたが
子供ができた頃、疎遠になる気がして身の回りからある程度一掃。
必要ないのではないか?という先入観もあって
当時手帳も中止。(手帳については年明け書きましたが)

少ししてヨガを教えるのを復活し、
また師匠の元で学ぶ時間もしっかり取るようになってからは
文字を書く機会が格段に増えました。

以前からブログで言っていますが、
ネットもほぼ見ないし
データで読み書きすることがほとんどありません。このブログくらい。
働いてた頃の方がよく使っていました。
今は敢えて使いたくない気持ちもあるので、
何か気になることがあれば手で書き留めることばかり。

すると
手で書く文字の威力にじわじわと気付かされます。
(たとえ!自分でも読めないくらい汚い私の字でも!)

書く文字を図形化するがごとく、空間的に表したり
色を変えて後から書き足すことで訂正や追記をしたり。
これが記憶や意識に大いに関わってくる。
時にはインスピレーションや
そういうことか!と繋がりの理解をくれる
大きな役割を果たす。

いい歳の大人も、
昔を思い出しぜひ文具で手で、書きましょう。
過去の記憶だけでなく
頭の他の所の整理にも。


NAMASTE
あゆ

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー