2014-10-21

dominica2014_convert_20141021000710.jpg

週末に吉祥寺のSHIZENヨガディレクター、
ドミニカ芹ケ野のWSが札幌で開催されました。
初来札。
来てくださったたくさんの方々、ありがとうございました~!
そしてお席がご用意できなかった皆様、申し訳ございませんでした。
たくさんのキャンセル待ちをいただきました。

初心者からアドバンスまで、どんな相手にも明確な指示が出せる彼女は
その引き出しの多さに感動させられます。

意識深く、深い愛で、熱心に教える彼女の姿勢は
ヨガのスタイルを超えた素晴らしい影響を皆に与えます。

ポーズ数の少ないアイアンガースタイルですが、
その厳選されたポーズの数や順番、そして今はポーズのどのバリエーションを使うのか、
すべてに意味のある選択があります。
昔はそういうの、感じる力が弱かったんだけど。
長い経験からの洗練された注意力が
張り巡らされているのがよくわかります。


昔からドミニカの事は大好きだったんですけど、
敬愛がどんどん深まるシビれる感覚を感じています。
彼女と出会った頃からずいぶん時が経ったので
私の経験も目線も少しは昔より繊細に深くなったつもりですが
今の私に必要なものを瞬時に見抜いてズバン!と教えてくれる。
今回は受講者でなくオーガナイズとして入っている私にも、です。
彼女の360度の目線にはもう圧巻。
ヨギは熟練するとこんなにも意識高く、繊細で深い愛でいられるのかと思うと
今更にヨガをすること自体に、震えるほどワクワクします。

なんだか私の感想が長くなってしまいましたが、
今年は参加されなかった方々も
来年の企画も考えていますので、次回開催の際はぜひお越しくださいね~!


NAMASTE
あゆ


FC2 Management
2014-10-09

ここ最近はずっと写真をブログに載せてたんですが、前回も今回もないのは、

パソコンが壊れて新しくしましたら、データの移行が済んでおらず。
ずぼら度満載な理由ですみません。

今週末に座学のWSがあり、その構成の詰めの作業をしています。
少し前にも生徒さんのリクエストでチャクラにまつわる講座をしたのですが、
今回も要請頂いて実現する運びとなりました。

なかなか座学を自分で開催する、というところまではいかないのですが、
機会があってお話させていただくのはとても楽しいです。

ヨガで自分を知るアプローチは様々あります。
アーサナや瞑想などの技法の他にも
マインドを使ってマインドを理解するというアプローチもある。
これが私がヨガを好きな大きな柱となっていて、
今日ヨガを続けているのはそのおかげといってもいいくらいです。
そして
その効果や意義を、どうしたら分かりやすくお伝えできるだろう?
私がヨガがすごく面白いと思う気持ちと同じように
皆さんにも感じていただくにはどうお伝えしたらいいだろう?
最近の意識の焦点はずいぶんそちらにシフトしてる気がします。
そしてそこを考えるのが、先生としてとてもチャレンジングで興味深いです。

ハーバード大学でなされたある実験があります。
被験者にストレスを与える状況を作り、その時の身体の状態を観るというもの。
ひとつのグループはただ、
ストレスで心拍数が上がり、血管の収縮が起こる。
そしてこれが、ストレスの慢性化が心疾患と関連が深いといわれる所以でもあります。
もう一方のグループには、
心拍数が上がり速い呼吸は
体が課題に取り組むために活性化されている為だ、と説明します。
速い呼吸も脳にたっぷり酸素を送ってる証拠だよ、と。

すると二つ目のグループでは、心拍数は上がっても、血管の収縮は起こらなかった。
ドキドキはしているけどそれは健康的なもので、喜びや勇気のある時に近い状態だと。

これは私にとって心が躍るような話でした。
言葉を使った心へのアプローチが、ストレスの捉え方を変えた。
普段自分がヨガで実践している言葉からのアプローチも
なんらかの形でみなさんの心をノックできるかもしれない。
ヨガが私自身に、大きく心の変革を齎せてくれたように。

てなことで、お話のアプローチもやはり続けていこうとこれからも励みます。
普段のクラスでも。機会があれば講座でも。
13日の講座、私も大変楽しみにしています。


NAMASTE
あゆ

2014-09-28

先日、ママ友にヨガを教えていた時のこと。
「あと少しでキープが終わると思ってたのに、それより長かったから
 逆側やる気なくなっちゃった~」と言われてしまいました。ごめんごめん。
何気ないおしゃべりでしたけど、これはとても大切なポイントで。

ここまでだったら頑張れる!所を
意識できるのはとても素晴らしいこと。

大きな目標や目的を持ち
奮起一発頑張ろう!という気持ちは大切ですが。
実際にはそこに向かって歩いている時に起こるのは。
もっと細かい小さな変化や動き

漠然とした目標がいつでも高いモチベーションを保ってくれるわけではありません。
日々の歩みの中では
今はここまで、これくらい、を推し量っていく
足元を見てちょうどよい加減を見ていることが大切です。

以前、表目標と裏目標の話をしたことがありますが
今回は長い目標と目の前の目標、といったところ。
長い目標だけ見つめて大幅で歩き続けていては、スタミナも気持ちも切れてしまいます。

時には「ここまで」をもう一歩背伸びして
時には一息入れながら
今の自分にちょうどよい加減を見て取り込んでいく

ヨガも
熟達したヨギはその日に必要な練習量がわかる、なんていわれます
続けている(タパス)から
必要な練習量がわかる。
スヴァディヤーヤがなされます。

ちなみにタパスは小皿料理のことではありません。
スンマセンこんなオチで・・・。


NAMASTE
あゆ




2014-08-22

20140821_162307_convert_20140821235014.jpg
先日、愛媛の福岡自然農園のスイカをお中元に頂き、
なんと贅沢な!(一般でいう豪華とは意味は違いますが)と開く日を考えていました。
ゆっくり食べれる時間があったので今日切ってみたら
びっくりする深い赤!
滴る汁は木イチゴのジャムのよう。
思わず写真にとってしまいました。
生命力の高い作物を頂くときは集中して五感を働かせてしまいます。

なので福岡正信さんのお話を。
ご本人は2008年に亡くなられましたが、お孫さんが現在農園主になっておられます。
世界的にも活躍した日本の自然農法の提唱者です。
ヒッピーにも影響を与えた数少ない日本人。
著書も多数残されており、哲学的な視点には農業従事者のみならず
沢山の人々が影響をうけていることでしょう。ヨガの方々も。

彼の名言は数ありますが、そのひとつを。
人間は分別してはならぬ同根同心を分別し、
区別せねばならぬ人の心と神の心が区別できない。

福岡さんの本を読んでいるとおじいちゃんの説教を聞いている気持ちになります。
こんなふうに諭して叱ってくれる存在がいるのは
なんて幸せなのかと暖かくなる。

日常に訪れる物事の、どちらが幸せなのか観る事とは別に、
何が幸せなのかをそもそも想う時間はとても大切。
その価値観を、育むことを。
「何が」幸せかを黙想する時間を設け、
日々の中で自分のアンテナが反応するのをよく見るようにする。
「何が」の価値観はすぐに確立されるものではなく、ゆっくりと、そして変化していくもの。

目線に変化が起こると小さな選択にも影響がでてきます。
そしてそれが深まると・・・・小さな選択が明暗を分けるという意識は減り、
大きく向かう先にアプローチするのは
心の在り方だということが実感されてきます。

相変わらず説教っぽくなってますが・・・
私のおじさん化・・・・・止まらず。



NAMASTE
あゆ


2014-08-13

トモコ先生によるティーチャートレーニング&WS 2014年11月22日~24日

昨年来札し大好評の大阪・トモコ先生のトレーニングとWSが今年も決定しました!
大阪在住のトモコ先生は日本各地で指導者育成のトレーニングを開催しつつ、
産前・産後のヨガ、女性のためのヨガにとても注力されています。
牽引力があり参加者を楽しませるその指導は
トレーニング・WSのいずれも大変勉強になることでしょう。

全3日間の行程は、
2日間のティーチャートレーニングと女性のためのWS。

ティーチャートレーニングではヨガクラスを行うのに大切な
ティーチングテクニック、
シークエンス構成(ビギナー向け・アドバンス向けの構成について)
アジャストメント、
などにフォーカスします。

その間に含まれるアーサナプラクティスのみの参加も可能。
トモコさんのアーサナクラスはとても楽しいと大好評です。

また女性の為のWSでは、女性の身体の特徴に特化しながらどうヨガと付き合っていくか、
様々な角度からフォーカスするシリーズから2つを開催します。
座学をしっかり行い、アーサナも含まれますが初心者の方もご参加頂ける内容です。

日にちは11月22日(土)~24日(月・祝)の3日間。
詳細は下記にてご覧ください。
ご質問などもお気軽にどうぞ~!
2014tomoko_convert_.jpg



NAMASTE
あゆ

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー