2014-06-29

最近年齢を聞かれ答えましたら驚かれ、
若さの秘訣は?と立て続けに聞かれることがあり
いい気になっていました。
「若い」のリップサービスへの過剰反応が年々ひどくなっています。

前回に引き続き食の話。
コンディションの良さはやっぱりヨガですか?
と聞かれることも多いですが、
自分では
食の影響はやはり大きいと思っています。
その他睡眠や日常生活での細かい意識なども大きいと思います。
私は元々アレルギー体質なので、口から摂るもの以外も意識していくのも
体調に大きく関わっていると思います。

バランスは、日本人の文化炭水化物を多くしすぎないこと
それでウエイトが増えるのは野菜。
野菜は鬼のように(表現合ってるのかな)食べます。
また海藻やシード・ナッツ類、ハーブ、スパイスなど、
一度に沢山食べないタイプのものの摂取種類も多めかもしれません。
というか植物の割合が高いので、必然的に種類も多くなってくるという感じです。
動物たんぱくは完全排除はしませんが割合は低いです。
その中では魚率が高いです。特に小魚や小エビの使用率は高いです。
お肉はお付き合いの時に摂るから、という感じです。
乳製品や卵はお付き合い以外ほぼとりません。

玄米は味は好きですが常食はしません。
折衷案(?)で雑穀は時々使いますがムラ使いです。
穀物の外皮、摂るのがいいと思っていた時期はやはりあり、昔10年くらいせっせと食べていました。
これらは不摂生の方やミネラルの少ない食生活の方にはいい所があるかもしれませんね。
もちろん効能はそれだけではないですが
今の私の体には外皮の積極摂取は結論ではありません。

しつこいですが
こういった何を食べるかよりも根底なのは
何を食べないかだと思っています。
添加物をできるだけ採らないようにすること
多すぎる脂質や糖類を減らすこと
酸化した油を避けること
ということは手に入りやすい加工品のたぐいの摂取が落ちるのは普通ですが
ずぼらでも料理好きじゃなくてもやっていけます(笑)経験談。
それだけで体調にも美容にも大きく関係すると思います。

食事のバランスについては紆余曲折あって、
今現在はこんな感じ、といったところ。
ですがまたこれからも変わるかもしれないといつも思っています。
これまで○十年の間に何度もあったから。

そして
お付き合いもそれ以前の大切な要素です。
食は栄養摂取や主義・思想だけでなく、
文化であり愛情でありコミュニケーション



NAMASTE
あゆ


スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2013-03-24

先日ヨガをしていない友達に、よく利用する自然派のお店を紹介しました。
そこに行った彼女の感想は・・・

めちゃめちゃ(値段が)高いね!

ああ、そうか・・・と思いました。
長年見慣れてすっかり忘れてましたが、素材にこだわったものの割高感。

以前、北海道の調査で
有機農産物の認知度が9割を超えているのに対し、
有機JASマークの認知度が2割にとどまっているというものを目にしました。

これには実は・・・愕然としました。
選ばないだけで、皆わかっていると思っていたから。
有機という言葉が一般的になってきたと10年くらいかけて感じていました。
それでもマークを知らないという事は
選ぶ以前に、選ぶ気持ちまで至っていない事の表れです。

「有機」というキーワード以外にも
安全・安心を意識するには様々に段階があって
食品によってはハードルはどんどん上がり続けます。
ハードルが上がると値段も上がるし、入手も困難になります。

そうなると、これってヨガでも思うのですけど(笑)、
長く続けられない
意気消沈する
一部の物だけ(や一時)盛り上がって一極集中する、でも反動もデカイ
(良いものを摂る事と不節制の振り幅がデカく、プラマイでゼロにもっていこうとする)
・・・・この最後のは、例えていうならダイエットなどでもよくある発想ですよね。
ダイエットフードなどで一時期強い節制をして、その後反動が出てリバウンドを起こす

健康や美容に良い事をしたいのは皆同じと思うのですが
一極集中とその反動、両方にお金を払っていたら、
それこそ値段が高い!笑

気持ちの勢いでハードルを一気にあげるのではなく
続けられる、日常にしていけることをやる
まずは
何かを足す発想よりも
何かをやめることだと思います

今更のようですが第一のバーは、食品添加物ではないでしょうか。
加工品の軽減。
コストを視点に自然派を考えていくならば
まず加工品を減らして食材から作る
味付けも添加物のない基本の調味料やスパイスで、
と考えていけば、大幅な割高ではないと思っています。
食事の野菜率が高いと買物カゴの重量が重くても、
金額はそんなに跳ね上がらないはずです。
そして添加物の摂取を減らすだけで
健康にも美容にも変化が現れると思います。

次に、もし化学肥料や農薬が気になるのであれば、
全ては無理でも残留農薬が多い食材から優先して有機にするとよいと思います。
葉物類、ねぎ、ブロッコリーやパセリ、セロリ、
夏野菜のトマトやピーマン、なす
など。
葉物の方が有機は割高感を感じるかもしれませんが・・・北海道は旬が短いですしね。
あと少し盲点なのはお茶。

逆に根菜類やお米は比較的安心できる方の食物です。
北海道は根菜の宝庫!
お米の品種改良も進み美味しくなってきています。
皆さんもここ10年くらいで道産米のイメージは随分変わったのではないでしょうか
(私は古い品種を食べることが多いのですが)

食の安全を考える事が地域活性につながっていきます
地元の食材を手にすることの安心感
道外の友人達にも「北海道産」のイメージはとても高い
今日の日本において、
これはとてつもなく幸せなことです。

人々の求めるものが世の中の方向をつくっていきます
何を重要視するか人生のコンセプトは、
ひとつひとつの選択に表われます
一人の力は小さい事はわかっています
でも結局できることは、日々の小さい選択の積み重ねです

やっぱりカタイ締めになってしまいました~
根底にTPPの交渉参加表明があるものですから・・・バレバレですね(汗)




NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2013-02-12

先日ある温泉宿に泊りました。
行ってから知ったのですが、そこはラウンジでの蜂蜜のバイキングが名物だそう。
へぇ~と覗いてみました。

20種類くらい並んだはちみつ。
海外のものだけでなく国内、そして北海道産のものが並んでおり、大変興味深かったです。
定山渓小金湯の菩提樹、
幌加内のそば、
歌登のシコロ、
青森のりんご、などなど。

腰を据えてはちみつを食べ比べるのは初めてで。
リンゴはそのままフルーティなー香りにサラっとしたテイスト。
シコロは少し針葉樹のような香り。こってりした舌触り。
私にとっては菩提樹がとても美味しかったです。
柑橘と樹木の両方の香りが混じったような、上品で繊細な香り。軽い味わい。
残念ながら・・・そばは少しダメかも。
そばは海外のはちみつと比べても群を抜いて色が濃く、
牧場のような香りが。
テイストには植物の特色だけでなく、気候や土地などいろんな条件が関係するのでしょうけどね~。
北海道で採れるものをゆっくり味わえて
とても楽しい時間でした。

はちみつは、以前沖縄のアサグルの花の希少密、苦いはちみつをブログで取り上げました。
あちらは山菜のような苦みのあるもの。
そういえばこれから春が訪れるこれくらいの時期に書いたような。
同じ食べ物でも色も香りも味も触感も様々。

違いを感じようと静かに感覚を傾けようとする時
訪れる内側の静寂はなんとも楽しいですよね。味覚に関わらず。

とはいえ普段は生のハチミツを常食しています。
生ハチミツはアーユルヴェーダでも取り上げられる特別な食材。
甘味で唯一脂肪を減らすといわれます。
少しひんやりピリピリする舌触り
融点の高い光沢のある独特の固さ
私にとって秘薬的な存在です。


NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2012-11-18

今年の畑もおわり、

rakkasei

落花生です。
東京のヨガ友に苗をもらったので春先に植えました。
北海道で落花生・・・。寒過ぎて育つかどうかキビシイのはわかっていながらひと夏。
小さくとも青々とした葉が可愛くて夏の間はニヤニヤしながら鑑賞。
そしてなんと!期待していなかったのですが3サヤだけ収穫が。
掘り起こす傍からすごい香り。
生の落花生どころか土付きのもの、初めて手にしました。
まだ食べていないですが苗をくれたヨガ友が
「自作の落花生はものすごくおいしい」と言っていたので
貴重な3サヤ、慎重に食べる予定です。

今年は秋口雨が多く、最後まで放置するハーブ類の収穫がより遅くなりました。
北方の植物だからと寒さが訪れてもタカをくくり。
さすがに先日、冬籠り中のスパイス用にどっさりと収穫
せこせことドライハーブ作りをしたところです。
葉の色には現れていないけれど
本当は美味しい旬は過ぎているんだろうな、と苦笑いですけど。

今年はブログに写真を増やす!と宣言したので
結構頑張ってのせましたがやはり緑ばかり。
そして関連して畑の話題も多かった気がします。
来年はより緑に関わる事を増やそうと、今から構想しています。
すごく楽しみです。またご報告します。(←あまり必要ない?)

コントロールするのではなく、共存して少しその実りを分けて頂く
命を繋ぐとはプラーナをいただくこと
その成り立ちの厳しさやありがたさに触れ、初めて見えることはたくさん
まだまだ土に教えていただきたいことが山ほどあります。

今週末は積もるほどの雪が札幌にも降るとか。
いよいよ冬の訪れですね。



NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2012-08-17

なんとか出たトゥルシー

tlsi

トゥルシー(ホーリーバジル)です。

インドやヨガに関する書籍を多数書かれている伊藤武先生の種を、友人から又分けしてもらいました。
伊藤先生に「性根の悪い人のもとには生えないからね」と脅されたものですから
ドキドキしながらひと夏様子を見ていました。

伊藤先生曰く、日本では園芸品店などではお目にかかれないものらしく。
インドでは多年草のトゥルシー、日本だと1年草になってしまうことがほとんどだとか。
それなら雪の降る札幌なら、なおさら発芽は難しいのでは?と伏線を張っておりました。

実際多数の種を蒔いたのに、芽を出したのは2本だけ。
弱弱しく出た二つのふたばを
トゥルシーなのか雑草なのかの判断がつかず放置していましたが、
先日、はれて穂をつけましたら。
なんともトゥルシーの芳香な香りが!!

これは間違いない!と大喜びで伊藤先生に性根が良かったことを報告(?)した次第です。
ま、そこまで待たなくとも、途中葉を食んでみればよかったんですけどね・・・。
もし食べて、違った時のがっかりと、
雑草を食べた味(どんなかわからないですけど、たぶんまずそうだから)とで
ダブルで落胆が大きいかなと思うと実践できないでいました。気が小さい。

トゥルシーはアーユルヴェーダでも母なる薬草などと言われ、効能が多岐に渡るハーブ。
バジルの親戚みたいですけど、芳香な香りはアップルミントのような甘い香りを感じます。
ハーブティーやバジルのような使い方もいいみたいですけど、
さくっと一枚、畑に出がてら食べています。
味にくせが全くないので、
香りを楽しみながら摘みたてを食べるには
他のハーブよりも心地よい時間を与えてくれます。
よいプラーナをだし霊性を高めるとかでヨーガ行者御用達のハーブとか。

来年もトライする予定です。
札幌で栽培してる方、いたらノウハウを伝授下さい。
もう少し発芽するとよいな。
もしおすそ分けできるほど種がとれるようになったら
クラスに来て下さってる皆さんにおくばりしますね~。



NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー