2015-01-25

20141211_145854_convert_20150125141727.jpg
お風呂ネタを時々しています。
写真は昨年秋に衝動買いしたアイテム。
浅間山の溶岩石がヒノキの木地の箱に入れてあります。
浴槽に入れて自宅で溶岩浴が楽しめる、というものです。
ヒノキの香りも心地よい。

最近の風呂アイテムは塩とアロマオイルだったので、
週一回を溶岩浴デーにしてみました。
塩を併用するのはいいみたい。
オイルはヒノキに付きそうなので、やめています。

毎日使おうかと思ったのですが、
結構効果が高く。
私は入り方に気を付けないと湯あたりするので、
初め調子に乗って長風呂したらちょっとその傾向が出ました。
それで週一に。
お酒も弱いし強いカフェインで震えもくるし締め付けにも弱いし、
車にも酔います。
そんな不調たちが食べ物やヨガの興味につながったのでしょうが。

私が仕入れてくる民間療法的な(?)ものを
一旦はことごとく否定する旦那も、
「効くのかバカにしてたけど、温泉みたいに温まり方が違う」
と絶賛。

どうしても溶岩浴がしたかった訳でもないのですが
同じものばかりだと、私が飽きるみたいで。
バリエーションが欲しくなります。

一日を過ごした後に
嗅覚や触覚を刺激するお風呂タイムを年々重要に感じています。
日常は視覚と頭を働かせる事に頼りがちですが、
たとえ短くてもそれ以外の機能をまめに刺激する時間をつくる。
もちろんヨガも、その大切なひとつ。
ヨガは普段の生活から五感の使い方を変える貴重な時間です。

その切り替えがまた、どちらへも良い影響を与えます。



NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト
2012-11-06

忙しい時こそ小さくてもヨガタイムを

丹波栗

写真は丹波栗です。伯父の家でぶどう狩りと栗拾いをしました。
艶のある赤茶、ふっくらした実
とげの間から覗く顔は、黒く実の小さい山栗とぜんぜん違います。
味もとても美味しい。
栗ごはんって、もち米を使わなくてもお米がモチモチする気がするのですが・・・
炊き込んだ栗のでんぷん効果か何かあるんでしょうかね。誰かご存じでしたら教えて下さい。

随分間があいてしまいました。
余裕のない日々が続いており・・・。毎日追われてる感じです。
働いていた頃の方が、夜中まで出歩いては朝にすぐ仕事、
睡眠時間などは短かったのですけど。
年なのでしょうか。疲れが抜けません。

疲れていると無理やりヨガの時間を作るくらいなら寝たい!となるかもしれませんが
内側の整理の為にも、余裕のない時も寝る前などにヨガタイムを作るとよいと思います。
アーサナの時間を短く済ます時でも
ダウンドッグのような胸を伸ばしながら逆転の要素が入るものを入れると
頭や上半身のリフレッシュになります。
私はシールシャアーサナが頭を切り替えるよいリフレッシュアーサナとなります。よく言われる事ですが。
それから骨盤まわりに関わるアーサナをして
軽い呼吸法や瞑想タイムを少しでいいから設けると
頭と心と身体にちょっとしたリセットができ、心地よく睡眠に入れます。

呼吸法や瞑想をする時に、アーサナがなく突然入るのと
少しでも身体を動かすのでは内側の落ち着きにかかる時間が変わってきます。
もちろんそれぞれのヨガツールは絶対にセットということではないけれど
アーサナは心地よく座る身体の状態を作ることと同時に
忙しく動いていた頭をスローダウンするのにやはり有効であることが実感できるものです。

時間がない、余裕を感じられない時こそ、短いヨガタイムを設けてみて下さい。
台所、移動時間、トイレ(?!)、ベッドの中、そんな小さいヨガタイムでもいいと思います。
呼吸を落ち着かせながら身体に意識をしっかりとむければ、それでヨガ、アーサナですから。
意気込みのないヨガタイムの経験は、むしろその効果をより感じられるかもしれません。


NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2012-05-18

新たな習慣を取り込む、実践のススメ


GWも終わり、札幌も活動的な季節がやってきました。
何かを始めるのにはこの時期がやはりテンションが高いのではないでしょうか。

新しい事を取り入れるとは
物事を自分の中にインストールしていく事。
傾向や習慣を取り入れるのはまさに。
ヨガがもつ醍醐味。

インストールした後の、「変わった自分」の未来をダイナミックに妄想するだけでなく
取り入れようとした自分の変化を見つめようとすると
楽しみと意義が何倍にも深まります。

てなことで、新しい物事を取り入れるご提案。
対象者は三日坊主がちな方。
コツコツタイプは今の前段の説得は必要ないので。言わなくても自分でできちゃうから(笑)

ポイントは
① 毎日できそうな内容で!
② まずは、期間を区切る(1カ月くらいでどうでしょう?)

新しい事を始める時って、案外いつまでやるか決めないものです。
そもそも一生続けるのか?なんて深く考えずに始めたでしょうに、
フェイドアウトした自分が気まずくなって(笑)
もう二度と手を出さないor無かった事にしてしまった過去の興味ごと、ありませんか?(笑)
目的意識や続けていくモチベーションが明確でないと
よほど惹かれるもの以外はフェイドアウトしていくのが一般的です。

そこで
始めの取り入れは、まず期間を区切る、
そして「毎日これならできるな!」という小さーいものに絞ります。
焦点は習慣化、インストールした事による自分を見つめる事だから。

何らかのアーサナ、1日1回は太陽礼拝する!とか寝る前にあるアーサナをする、とか
一日の内に短くても瞑想時間をもつ、とか
食事関連で何か規制をつける、とか
(不摂生な方は何かを足すより止める、からするとよいかもです。
ただアディクションのあるものは逆に思いつきでの実践には注意。失敗しやすいから)
朝生活必須時間プラス1時間早起きする、とか(1時間は長い?30分とか?)

ヨガブログなのでヨガ的な事を書きましたが、
内容はどうあれ習慣化の人体実験は、それ自体がヨガ的行為です。

今回は短期的な取り入れの話でしたが
私個人的には、ヨガは細くでいいから長く続けてほしいとよく思います。
社会でサバイブしながら、ヨガの何か一部分を生活に活かせばよい、とよく思います。
たとえ間が空いても。
今の自分のライフスタイルへの取り込みは小さくても。
ヨガは、意味や意義を時間をかけて積み重ねていくことができるもの。
長く続けることで
ゆっくりじんわりと、自分を助けてくれる暖かい存在となるものです。



NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2011-06-29

朝活のススメ

ヨガのフリーペーパー「YOGAYOMU」、6月24日発行の朝活特集内で
記事を書きましたので、機会がありましたらご覧下さい。
内容は札幌のカフェの紹介ですが。
私情を挟んで円山エリアです。

札幌も朝の活動がしやすくなりました。
冬の寒さを思うと札幌のこの時期はとても貴重。
朝型の生活にシフトするなら、北海道は冬よりも夏の方がしやすいでしょう。
そして北海道の朝は東京などと比べるとまだまだ涼しいですから、
この時期は朝にヨガをすることはとてもお薦めです。
それほどうるさくない札幌でも朝は静けさを感じられる。
一日の活力をくれる特別な時間です。
私は子供が起き出すと自分の意識に集中する時間が皆無(新聞も集中して読めないしトイレも一人になれません。一緒に入ってくるので。)になるので、朝の時間は以前より特に貴重になりました。

ある脳科学の先生がテレビ番組で言われていましたが、
脳を使うには体を動かした後の方が効率がいいそうです。
仕事などで頭を使う割合が高い方も、少し体を動かしてからの方がいい。
体の一番大きな筋肉は太ももにありますから、ここを動かすのはひとつのポイントです。
スタンディングポーズなど活発なものが朝に合うのは理にかなっています。

朝、ヨガする時間がない!という方も
通勤やビル内で階段を使うだけで、運動不足解消だけでなく、
頭がすっきり動いてくるのを感じられるようになると思います。

そうそう、歩くより、階段などを「上る」アクションの方がより効果が現れやすく、高い。
なので長距離歩く時間が取れない朝でも、その辺にある(笑)階段で手っ取り早くできる。
そして「上る」時、アヌサラヨガで使う体の意識の仕方を追加すると、
インナーマッスルの王様腸腰筋をしっかり働かせてくれます。
(歩く時もできなくないですが、これも腿を上げるアクションの方がしやすいでしょう。)

なんだか朝ヨガよりも階段上りに話がそれましたが・・・。

家に屋上があるので、早朝ひとりで屋上ヨガします。
とても気持ちいいので、時々一人でするのがもったいなくなる。

もうちょっと経って、
朝、家族との兼ね合いで時間の使い方に余裕ができたら
近くの公園で朝太極拳する中国人のように、ヨガクラスを外でしたり、したいなぁ。



NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2011-04-29

部分をみること、全体をみること

少し前に来札したアヌサリアンの話を何度か書きましたが、
彼に感心した理由をもう少し掘り下げたいと思います。
本人はもうオレの話はいいよ、と思っているところでしょう。

その方は東京の総合病院にお勤めの、とてもキャリアのある医師の方です。
検証立証が必要な西洋医学の世界では、
伝統医学や民間療法などがもつある意味「不確かな」面を認めずらく、
自身が実感したヨガの良さ・効果について、周囲の理解を得難い経験があった事と思います。

私が働いていた業界は医学界ではないですが、
「からだによい」「効く」などの表現をとりあげる事に慎重になる業界でしたので、
ヨガを療法的な側面から見つめる際には考えさせられる事が多々あり、
彼の心中を察すると同時に、どのように内側で棲み分けされているかがとても興味のある所でした。

伝統医学や民間療法などには
確かに立証されていない、根拠のない迷信が含まれていることがあります。
ヨガの世界でも独特の概念が沢山あり、
これらを「生身の」私たちが考え方を咀嚼して融合していくには、
そして伝えていくことには、
慎重になるべき面もあるのではと思わされます。

こういった話の延長上にある事を
本当はもっといろいろお話したいのですが
説明がデリケイトで私の語彙力では難しく、
私の中で、ブログではとりあげにくいジャンルになっています。
(話がそれましたが)

立証の世界で生きてこられた方が、
その発想や考え方を一度横において、
時に受け入れがたいヨガの独創的な発想を享受する。
日本でも
西洋医学に代替医療などを融合させた統合医療の考え方を取り入れる医師の方が
増えているとは伺います。
とはいえ、実際に医学の現場の先端を行く方と
アヌサラヨガの実践やその良さについて直接お話をできたことは
期待と感動に近い感情を受けました。

対処的なアプローチとホリスティックに予防を考えるアプローチ。
日々健やかに生きる中で、先人たちの智慧をその両方から頂いています。
時々その見つめ方を内側で整理しながら、
どちらともより善く、付き合っていきたいものです。



NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー