2008-03-30

spanda③ 人生とアサナにリズムを

前回まで2回、スパンダをキーワードに話をしましたが、
この回で一応締めくくりたいと思います。

少し戻りますが、
①でストレスを視点に考えた彼の論説を見て、
「リズミカルな繰り返し」は人生レベルの流れの中にも言えるのだなぁ、
と、とても興味深く思いました。

辛いことがある時、
全てが学びの場だと思うようにと過ごしてきました。
でもそれはその時その時を乗り切るための、エールだったように思います。単発的な。
人生の苦しいと思える場面を、
また繰り返し訪れる人生の脈動・spandaの大切な一部分と捉えること。
流れを感じ、身を任せる余裕。
それを教えてくれる発想のように思います。


アナサの中でも同じことが言えます。
ヨガのポーズは同じ形を「一定に」保つものだと思いがちですが、
見た目大きく変わらない保たれた形の中では、
エネルギーの行き来が絶え間なく行われています。
アヌサラヨガでは独自の取り上げ方で、
いくつかのエネルギーの行き来を体の中に意識することを学んでいきます。

もちろんアヌサラヨガだけでなく、さまざまなハタヨガの流派の中でも大切なことです。
呼吸、そしてできれば体の中のエネルギーの流れの様々なベクトル。
アサナをキープする間、「脈動」が起こっていることを意識すると、
アサナがとても楽で気持ちよく、し易いものとなります。

ヨガクラスでみなさんに感じていただきたいのは、脈動です。
人生の中でもヨガマットの上でも脈動を感じ、リズムや流れに乗ること。
自分で作り上げた枠や固定観念にとらわれずに、
時には身を任せることをしながら生きていきたいですね。
ヨガのクラスがその手助けになればいいと思っています。

NAMASTE 
あゆ


レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/





スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2008-03-30

spanda② 地球の深呼吸

以前とりあげたspanda①ストレスマネジメントの続きです。
ヨガを通して様々な事を学びながら、だんだんと私の中で、
万物に共通すると思えるいくつかのキーワードに行きつくようになってきました。
そのひとつが、spanda。脈動することです。

私たちの体で起こるさまざまな生理現象も、「留まっている状態」ではなく、変化の繰り返しですよね。
心臓の鼓動も自律神経のバランスも月経周期も・・・・そして呼吸も。

洞爺湖サミットが決定し、北海道でもその話題が毎日のようにマスメディアで取り上げられています。
アル・ゴア氏の来札を模索する動きもありましたね。
かなわない結果に終わってしまうようですが・・・・。
さて、そのアル・ゴア氏の本に、興味深い表現がありました。
地球の二酸化炭素量が取り上げられる昨今ですが、
それとは違う次元で年に一度の周期で二酸化炭素量に「波」が訪れるそうです。その理由は、

地球の大陸の大部分は赤道の北側にありますね。
春と夏の間、北半球が太陽の方向に傾いている時に葉が茂り、
葉が二酸化炭素を吸収するので世界中の二酸化炭素量が減少します。
逆に秋と冬になって、北半球が太陽から遠ざかる方向に傾くと、
葉が落ち落葉が二酸化炭素を吐き出すため、
大気中の二酸化炭素量は増え、元に戻るのだそうです。

「そう、まるで、地球が一年に一度、深呼吸をしているように」

とても素敵な表現だと思いました。地球も年に一度、深呼吸をしている。
この地球をとりまくさまざまな天体のリズムにも脈動を見出せます。
もし地球が深呼吸を繰り返しているのだと表現するならば、
地球そのものが生きているように、いとおしく、感じませんか?

体だけでなく、自然の中の様々な場面にも脈動は息づいています。
すべてのものがリズムの中で成り立っているんだと、大きな視点から見つめてみる。
そうすると、
私たちは個で存在するのではなく、すべての脈動の中の一部であるように思えてきます。
紆余曲折ある毎日のことに翻弄されずに、大きなリズムの一部であるように、
物事をとらえられるようになりたいものです。


次回はアーサナにふれたいと思います。



NAMASTE
あゆ


レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/
2008-03-20

アイリーン ワークショップin札幌 5/24(土)・25(日)

アシュタンガヨガの3rdシリーズをこなすヨギーが初来札します。
東京でクランティというイタリア人のマイソールクラスを代行し、WSも大盛況だった方です。
普段のクラスも大人気で、スタジオのロビーまで使っていたという噂です。
彼女のクラスの後には代々木のタリーズが生徒さんで人だかりができたそう。
またアシュタンガヨガ以外にも様々なアプローチからヨガの鍛錬を続けられています。
そのしなやかな体と安定したアサナを見、
プラーナを感じるだけでもとても刺激になる素敵なヨギーニです。
今回のワークショップではアシュタンガプライマリーシリーズの他、
テーマごとに考えられた彼女の厳選されたシークエンスの数々を、ぜひご体験下さい。
クラスはオールレベルとなっています。
アシュタンガの経験がない方もお気軽にお申し込みください。

のちのち彼女のすごく素敵な写真の数々と、エピソードなどもupしていきたいと思います。

またyou tubeにて彼女の映像がご覧いただけます。緑のウエアの人です。(見たらわかりますね。笑)
http://www.youtube.com/watch?v=EGvlnbEa2rc
Handstandsplit jpg
     
アイリーン経歴:
数年間にわたり日々マイソールスタイルでアシュタンガヨガを練習。
‘05年、正式指導者(certified teacher)であるジョンスコットやハミッシュヘンドリーのもと、
アドバンスA(3rdシリーズ)を終了。
同時に実験的試みとして‘99年よりTripsichore Yoga Dance Theatreとともに勉強をつづけ、
’02年より同シアターの海外公演ツアーに参加。
‘06年にリリースされたTripschoreヨガDVDにヨギーの一人として出演。
Tripsichoreのアサナの練習シークエンスはハンドバランス、ハンドスタンド、
そしてそのバリエーションが強調されている。
‘02年にはロンドンにてShkha Yoga Studioを設立。’06年まで運営。
その後さらにヨガの練習を深めるためイギリスを離れ、マイソールで、
そしてインスピレーションの源となった師ロルフナウジョカットのもとで練習を続ける。
   
日時
●5月24日(土)15:30~17:30 Finding your wings: lats,triceps,bandhas, breath  
  翼を見つけて・・・広背筋・上腕三頭筋・バンダ・呼吸
  スタンディングポーズ、バックベンド、ハンドバランスなど多岐にわたるアサナにより、
  相互のつながりを意識し、呼吸と体の解放を導きます。

●5月24日(土)18:00~20:00 Flowing and Floating with the breath
  呼吸とともに流れ、漂う
  アイリーンの経験から技術的な要点を取り入れたヴィンヤサ。
  時には普段しないようなアサナを加え、流れるようなシークエンスで行います。

●5月25日(日)15:30~17:30 Ashtanga Primary Series
  アシュタンガヨガ プライマリーシリーズ
  プライマリーシリーズの流れに乗りながら、鍵となる目線にフォーカスしていきます。
  プライマリーシリーズは流派に関わらず基本となるアサナを考えられたシークエンスで行う、
  とても優れたシリーズです。アシュタンガヨガを普段されない方でも、
  ヴィンヤサやバンダ、様々なポイントで日々のプラクティスの参考となるでしょう。

●5月25日(日)18:00~20:00 Freeng up hips and shoulders
  腰と肩の解放
  股関節と肩は体の要の場所であり、アサナを深めていくためのキーポイントとなります。
  股関節と肩の可動域を広げる特定のアサナのシークエンスを通し、
  関節の周りの筋肉を伸ばし、強め、腰と肩に空間を作っていくことに焦点を当てていきます。

●金額:各3,500円 4クラスすべて受講の方は13,000円 
 クラスはオールレベルです。解説が少し入りますが、全体は流して行います。

●場所:アルジュナヨガスタジオ 地下鉄南郷通18丁目から徒歩3分 
      http://arjuna.hajimeyoo.com/annnai.htm


なにかあれば気軽にお問い合わせくださいね~!


NAMASTE
あゆ



レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2008-03-17

navasana アサナではなくファッションブランドの話

spandaの話を一回お休みにして、ファッションのお話。

「navasana」というオリジナルブランドがAMERICAN RAG CIEから登場しました。
思わずヨギーなら反応してしまうブランド名・・・。
私も例にもれず。
インドの伝統的なクラフトワークをリアルクローズに落とし込んだニューブランドだそうです。
だそうですというのも知ったのは札幌である雑誌で目にしたから・・・。
AMERICAN RAG CIEもないのに、
ニューラインの店舗とは・・・札幌はまだまだ先のお話ですね・・。

さてさて気を取り直し、
とはいえこの記事を目にしただけで、内心小躍りをしておりました。
ヨギーのみなさんも、
ヨガをしているとインドに関わるファッションや小物に興味が出たり、してきませんか?
私もブログタイトルにあるガネーシャが大好きで、家にいくつガネーシャものがあるか・・・。
昔からクラフトは国を問わず大好きだったのですが、
以前にも増してインドやチベットに関わる雑貨屋を避けて通れなくなっています。

でもずっと思っていたことは、普段の生活にオリジナリティ溢れるクラフトを融合させること。
個人的にはバンバン使っているのですが、
もっと一般の人がスタイルにインドクラフトを取り入れやすくなるいいブランドはないものだろうか・・・。
と以前から思っておりました。

昔私の大好きな国のひとつベトナムの、ハノイを訪れたときのこと。
フェアトレード協会の認定も受けているNPO・クラフトリンクのお店に行きました。
ここでは山岳地方の少数民族や身体障害者生産グループへの技術指導、
デザイン開発、価格設定指導を行っています。
それを知ってはおりましたが、
いち消費者として、なんと心が動かされる商品ばかりだったこと。
好みはもちろん人それぞれのものですが、
シルクに施された丁寧な刺繍、色、デザイン、縫製のすばらしさ、
伝統的な技術と、リアルクローズに落としこんでいくその巧みなセンス。
ふたつの融合。
とても感動したものです。
今でも大切にしているクラフトリンクの小物がたくさんあります。 
いつかまたハノイを訪れる時に、絶対に行こうと思っているお店のひとつです。
080317_210304.jpg

(大切にしてるクラフトリンクの小物のひとつです。持ち手のところまで丁寧な刺繍が施されています。)

navasanaがフェアトレードの元に生産されている商品かはわかりませんが、
伝統技術を現代の日常に取り入れる橋渡しをしてくれる、最先端のファッションブランド。
とても嬉しいことです。
流行やムーブメントが地域復興や伝統の見直しに、一役かうこともあると思っています。
それは悟りを得るための修行の一環として行われていたヨガを、
私たちの日常生活に取り入れていくことと少し似ています。
(もちろん、現代で悟りを求めてヨガを続ける事も素晴らしいことです)
ヨガもたくさんのスタイルがあり、生徒さんの好みやライフスタイルによって、
受け取り方も取り入れ方もさまざまです。
どんな形であっても、入口がどこからであっても、
まずはたくさんの方にヨガの良さを知ってほしい。
とても遠いように思われるかもしれませんが、そんな想いからも、
「navasana」に足を運ぶ人が増えて欲しいと思ってやみません。


東京のみなさん、もしnavasanaに行ったら感想教えてくださいね~!

NAMASTE
あゆ



レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/











theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2008-03-16

spanda① ストレスマネジメント

以前からお話したかったspandaスパンダ(脈動すること)について、
何度かに分けてお話したいと思います。
長くなりそうで、クラスでなかなか取り上げられなかった話。
うまくお伝えできるかなぁ。


あるスポーツ心理学者のストレスに関わる本を読んだことがあります。
彼は本の中でストレスを3種類に分けて考えています。
身体・心・精神のストレス。
心と精神のストレスの違いですが、この場合、
心のストレスは、喜怒哀楽に関わること。ストレスとなるのはおもに怒りと哀しみです。
精神のストレスは、例えば体を使わず頭を使うことで忙しい時に、
心ではなく精神のストレスと表現します。

人はそれぞれストレスのキャパシティがあるといいます。
この3種類の合算がその人個人のキャパを超えたときに、ストレス過多と考えます。

興味深いのはストレスが低い状態に、ストレス不足という概念を作っていること。

どういう状態かというと、
「毎日がつまらない」とか「マンネリを感じる」とか。
みなさんも感じたことがあるのではないでしょうか。
私たちは普段、
ストレスが行き過ぎて体や心にサインが表れる時に、「ストレスがある」と意識する事が多いですよね。
彼の論説では、この3種の、いわばエネルギーの消化の事を
多い少ないに関わらず「ストレス」と表現しています。
見方が少し変わる事で、ストレスの捕らえ方も少し変化します。

カナダのある心理学者も、「ストレスは人生のスパイスである」と語っています。

話を本に戻しますが、
キャパをほんの少し超えるストレスをかける、そのあと充分な回復の時間を持つ、
またキャパをほんの少し超えるストレスをかける、また充分な回復の時間を持つ・・・
というリズミカルな繰り返しが、理想的で大切なことだと述べています。
そしてキャパをほんの少し超えるストレスの繰り返しが、キャパを伸ばしていく、と。

ストレスがかかった後には回復の期間が不可欠というのは大前提です。
とはいえ彼が言いたいことはその先で、
辛いことの後にきちんとした回復を持つと、
体・心・精神は以前より大きなキャパシティを持つことができる、ということです。


歩歩是道場(ほほこれどうじょう)という禅のことばがあります。
日々の暮らしの全てが学びの場であり、
どんな環境であっても自分を磨いたり夢に近づくことができる、ということばです。
辛いことや苦しいことがあっても、
自分のキャパを広げる学びの場だと、真摯に受けとめたいですね。
とはいえ辛いことばかりでは人はつぶれてしまいます。
自分への負荷を認識し、回復を必要とする時を見極める力とその時間を充分に取って、
上手にストレスと付き合いたいものです。

少しそれますが、
その「自分の状態を見極める力」をつけるのに、ヨガがとても役に立つと思っています。
私は自分の中でそれを実証するためにヨガを続けているし、
みなさんにもヨガをしてほしいと思うひとつの理由になっています。



ストレスと回復の、「リズミカルな繰り返しが理想である」こと・・・・。
なにかに、似ていると思いませんか?
私たちの体に関わるさまざまな場面。
心臓の鼓動、自律神経のバランス、女性の生理周期、
広義のバイオリズム・・・。そして呼吸。
まさにspanda(脈動)です。
次回につづく。





レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/


theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2008-03-10

ヨガの時に最適?ボディパウダー PRICKLY HEAT powder

ヨギーの友達に教えてもらったボディパウダーの紹介です。

prickly_heat[1]


この商品、実はMADE IN タイなのですが、
アーユルヴェーダのドーシャのひとつ、ピッタを下げてくれるとか。
それが本当かどうかはわかりませんが、タイでは汗疹防止パウダーとして有名だそう。
メントールが8%入っていて、すっきり爽快、かついい香り~・・・。
アシュタンギのその友達は、
マイソールクラスの後に使う為、カバンにしのばせて颯爽と出て行きました。
私はヨガする前に。うーんいい香り。
気だるい朝にもいいスイッチをくれそう。
私のおススメはHERBALとLAVENDER。
ハマッて毎日使うつもりです。
ちょっとだけ夏が待ち遠しいです。

ヨガのアサナも日々の生活も、頑張りすぎちゃう自分がいたら、
心地よい香りで深呼吸を誘導するのもいいものです。
たしかにピッタの高い人にいいかも。
ココロを落ち着けて肩の力を抜くと、少し視野が広がります。
香りがくれる小さなリラクゼーション。
日常に、shri(シュリ)を感じる瞬間を運んでくれます。

NAMASTE
あゆ


レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/

theme : 美容・健康・アンチエイジング
genre : ヘルス・ダイエット

2008-03-10

svatantrya スヴァタントリア 自由に生きてる?

今回はココロのお話です。

サンスクリット語でsvatantrya(スヴァタントリア)という言葉があります。
クラスで教えているアヌサラヨガという流派でとても大切にしている言葉のひとつ。
サンスクリット語を和訳すると、いくつもの意味を含むことが多いですが、
アヌサラヨガでの解釈でスヴァタントリアは「自由」です。

毎日の生活を自由に送っていると思っていますか?
「あの人は自由人だな~」なんて思う時は、たいてい自分は自由でないって感じてたりしますね。
休み明けにブルーマンデーが訪れたら、自由じゃなくて、「やらなきゃいけない」に追われてる。
私もよくあることです。

仕事しなくちゃいけない、家事をしなくちゃいけない、ダイエットしなくちゃいけない(笑)、
歯を磨かなくちゃいけない・・・・。
毎日の生活はルールがいっぱいで「しなくちゃいけない」は沢山です。
自分で作った「しなくちゃいけない」も、よく見ると混じってたりします。ダイエットとか、ね。

自由を思う時、「ダーウィンの悪夢」という映画を思い出します。
タンザニアの経済の一端を担うナイルパーチという魚。
ナイルパーチの加工産業によって生まれる表の面と影の面。
その中でストリートチルドレンの生活の現状に触れています。
貧困やエイズにより親を亡くしたストリートチルドレン。
少ない食べ物を暴力で取り合う子供たち、
ほんの10歳くらいの少女が、少し年上のストリートチルドレンにレイプされる現実。
彼女はレイプしようとする子たちに見つからないように、
身を隠すことしか自分を守るすべがありません。
人としての理性や秩序のない生活がそこにはあります。

身を守ること、個の命を守ることに精一杯の彼らの現実を見て、
国や社会の大きなルールに守られていることをあらためて思い知らされます。
安全に人間らしく住むために作られていくたくさんの規則。
生きる事に困らない平和な毎日ではそれを忘れてしまって、
自分の生活にある「しなくちゃ」に縛られて人生が苦しくなったりします。

話が大きくなりましたが、
「やらなくちゃ」なのか、「やりたくてしている」のか。
ココロがどう思うかで自由は生まれたりなくなったりします。
仕事も家事もダイエットも歯磨きも、
自分が「したいから」すると自由になる。
人生は仕方なくしていることの連続ではなくて、
自分が自由に選んでいると目線を変えてみる。
ココロのあり方で、日常生活の中の自由を手にしましょう。

NAMASTE
あゆ



レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/







theme : 美容・健康・アンチエイジング
genre : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー