2008-09-29

流れを感じ、身を委ねる anusara

先日、時間つぶしに喫茶店に入った時、
東京のヨギにばったり会いました。
「まさかなぁ・・」と思いましたが、よくよく考えてみると、
この時期に年に一度来札すると言っていたことを思い出し、やっぱり!!と。
お互いにその時に連絡し合おうって言っていながら、していなかったのですが(笑)

「連絡してなかったけど、ちゃんと会うことになっていたんだよ」なんて彼は言いながら、
滞在中の夕食の約束をしました。
私がその喫茶店に入ったのもルーチンの事ではなく、本当の偶然。
しかもその日の予定は30分押していたので、もし当日のスケジュールの狂いがなければ
会えなかった。そんなタイミングでした。

本当にヨガの偶然には、頭が下がります。
長く連絡をとっていないヨギの事をふと思い出している時に、ちょうど連絡が入ったり。
その逆もよくあります。

ヨガの場面ではよく、
「本当に必要なものは必要な時に向こうからやってくる」
などと言われることがあります。
ヨガを始めるまでは、全く思えない発想でした。
自分の意思を行動に移す時、
タイミングが合わなかったり叶わないと、単純に、とても残念に思っていた。
でも今は、気持ちが動いたとしても様々な理由で立ち行かない時は、
「今はその時期ではないんだなぁ」と受け入れるようになりました。

時を経るにつれ、沢山の人々との出会いが循環するようになった今。
一生大切にしたい、偶然とは思えない縁をいくつも持つようになり、
人生とは自分で選んできただけではなく、
大きな流れの中にあると思わざるを得なくなってきています。
大きな出会い、小さな出会い、くされ縁、
初めは印象のなかった出会いが一生付き合っていきたい大切な仲間になったり。
すぐに過ぎ行く出会いも沢山ある中、
どういう訳か長く続く縁や、強烈な出会いに
みなさんもいろいろな想いを抱くことと思います。

アヌサラヨガのアヌサラというサンスクリット語は、
「流れに身を任せる」という意味を含む語です。
身に起こった出来事を、人生の流れの中の一部と受け入れる大きな心。
向き合いながら身を委ねるたくましさと柔らかさ。
良い時は、愛おしく思い大切にすること、
悪い時は、今の自分に必要なのだと、受け入れるキャパシティを育んで。

物事を渦中で感じるのではなく、流れを見ようとする事が、
心に余裕と、自分を見つめなおすチャンスをくれます。


NAMASTE
あゆ


レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/

スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2008-09-17

幸せはどこで感じるもの?

「今までの人生で、一番おいしかったものは何?」
先日会社の同僚と話していてそんな話になりました。
何を食べるならあの店、あの店のあのメニューは最高、どこの国の何がおいしい、
業界柄、得意先も社内もそんな話が大好き。
私も長らくそういう生活をしてきましたが、
たまにされるこの質問、一番ではないかもしれないけど、
いつも思い出すものがあります。
ベトナムの港湾都市ダナンの安いホテルで食べた朝ごはん。
とてもシンプルで、質素。もちろん名物でもありません。
そこで頂いた目玉焼きにニョクマムをかけただけの、
まさに、目玉焼き。
何の変哲もない、普通のホテルの普通の朝ごはんを今でも思い出すのです。
一緒に旅をしていた友人がこの目玉焼きを食べながら、
「明日の朝もまたこれを食べよう」ってかわいい約束をもちかけたのもよく覚えています。

みなさんは、どうですか?
今までの人生で一番おいしかったものって、なんだろう?
それは厳選された高級食材や、素晴らしい技術、高級なレストラン、
では、なかったり、しませんか?

一番幸せを感じる瞬間はどうですか?
風呂上りの一杯のビール(笑)、
自分のベッドでゆっくり眠りにつく時のリラックス。
いつ幸せを感じるかって、考えてみると、
実はとてもシンプルで、すぐそこにあったり、単純だったりします。

私の大好きな鍼灸師の先生は、
「からだで得られる以上の幸せなんてないんだ」と言います。
彼のところにくるたくさんの患者さん。
頭ばかりが働いて、社会生活で得られる欲望や悩みに翻弄されている方は、
からだ(女性では特に骨盤)がガチガチ、と言われます。
頭ばかりが働いていると、自律神経が乱れて感受性が落ちる、と。
大切なのはからだの「歪みがない」事ではなく、「こわばりのない」事だそうです。

自分の頭や誰かの話で作り上げた欲や理想や常識、
その枠からはみ出ることが、辛かったり許せなかったり。
逆にそればかり欲しかったり。
「もっともっと」何かが欲しくなったり、次のステージを求めたり。
「思いどおり」が得られないとイライラしたり。
すべて、頭の欲望が暴走しているサイン。
安全で平和なくらしを得ている私たちが陥りやすい、「幸せ」を求める落とし穴。

進化してきた外側の脳ばかりが働いているようであれば、
からだが感じる「本当の気持ちよさ」を求める、
奥の方の脳を働かせてあげましょう。
ヨガでは自然とそれができます。
自分の内側のもやもやを作るのは、頭の欲望のことが多い。
一日の始めや終わりに。
決まった時間が取れなければ可能な時に。
体のヨガ、呼吸法、短い瞑想でも。
でも義務だと思ってはいけません。
ヨガで「今、ここにいる幸せ」を感じて、
こまめに頭の暴走をリセットしてあげましょう。


NAMASTE
あゆ


レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2008-09-10

mash mania ファッションのはなし

私がヨガの時もそうでない時も着るブランドのひとつ、
mash mania(マッシュマニア)の紹介です。
http://www.mashmania.jp/index2.html

ヨガ以外の人たちはだいたいノーリアクション(笑)、
ヨガ関連の人からはほとんど、「これどこの服?」と聞かれます。
ヨガに関係なく普段使っている、パンツなども例にもれず、
ヨギーからは興味津々。
ちなみに、ヨガウエアブランドではないです。
(でも最近フィットネスラインできたようです。ヨガ需要・・・あったんだろうな~)

曼荼羅や各地域の自然神、古代の紋様などをモチーフにしながら、
独自にデザインを書き起こしています。
これはもう、手にせずにはいられない・・・とついつい、チェックしてしまいます。
hanamandara.gif

日本のブランドですので縫製もしっかりしていて、生地の使い方も独特です。
化学繊維の使用も多く、ざくざく洗うヨガウエアに転用できるものも、中にはアリ。
そして日本人にジャストサイズ。
ちなみにメンズもあります。

特にアジアのモチーフは多いです。、
蓮や菩薩、数シーズン前にはガネーシャを使ったパンツもありました。
私は逃しましたが・・・

東京でも店舗が減りつつあり、札幌では購入できないなぁ・・と思っていた所、
ありました!直営ではないですが、入れているお店が。
イアン
http://www.e-paseode.com/shop/shopinfo/188/
ここは札幌駅地下のパセオのお店ですが、他にも系列店が何店舗かあります。

ヨガのクラスに来てくれている笑顔のかわいいAさんが教えてくれました。
というかマッシュの服を着てクラスに来て、
「ムム、それは・・・」と聞くと、なんとイアンで働いているそう!
札幌での購入先と、情報をもらえる先がこんなに近くに!
また毎シーズン、マッシュチェックに行けるようになりました。

アジアの服が好きな方、ちょっとオススメです。
値段は日本価格ですが・・・
興味があればチェックしてみて下さいね!


NAMASTE 
あゆ



レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2008-09-04

Open to Grace

少し前の話題になりますが洞爺湖サミットに先立ち、
先住民族サミット アイヌモシリ2008というものが行われていました。

北海道に来て地方紙を見るようになり、
アイヌの方々の運動についての記事を目にする機会がとても増えた気がします。
北海道に土着の信仰を持つ文化があることは、とても興味深く嬉しく思っています。

民間信仰を持つ人々の生活スタイル、信仰心から学ぶ事はとても多いです。
近代と称される以前は、自然と共存する人々の中で自然と培われた世界観。
私たち人間のちからの及ばない、森羅万象に神が宿ると考える信仰は、
和人にも神道として、
アイヌの方々のカムイとして、
アボリジニではドリーミング、
その他、世界の各地に見受けられる信仰心です。

ヨガにおいて、心の探求をつきつめていく上で、
真我、大いなるもの、神(まだまだあります)・・・、という表現を様々な形で目にすると思います。
アヌサラヨガで使われる表現、‘open to Grace’もそのひとつ。
大いなるもの、神の存在に心を開いていく。
日本語にすると「神」と訳されることも多いこの表現は、
概念や対象を制限しやすく、
日本人の私たちには特に、説明の難しいことばだと思っています。

理解へのひとつのヒントが、
先述した、先人たちの土着の神々への信仰心にあると思います。
組織や制度を包括する宗教とは違う枠組みです。
現代に生きる私たちが忘れがちな、
コントロールの及ばない大いなる力の存在に、敬意をはらうこと。
存在を常に忘れず、共存していくこと。

旅先ではいつも、
その土地の民族に根付く文化、世界観に触れることも楽しみのひとつです。
「すべてのものに神が宿る」
「神が形を変えて地上に降りてきている」
これらの発想を各地で耳にする度に、
悟りで達すると言われる境地、「全ては神である」という表現を、
いつも思い出してしまうのです。




NAMASTE
あゆ




レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー