2009-05-29

ストレスの分析は向き合いの入口 ②マンネリ

前回に引き続き、違うタイプのストレスをテーマに。
一般には、嫌なことが強いとストレスになる、と思いがちでしょうか?
強く感情が動く事は確かに指標になりやすいですが、
ストレスのタイプはそれだけではありません。

同じような毎日が続いていると感じたり、
倦怠感があったり、何かすることがおっくうに感じたり。
今回のフォーカスはマンネリです。

例えば、良くも悪くも、大きな波・新たな出来事がない状態が続いた時。
「平和で幸せ」を感じるのではなく「つまらない毎日」と思ったことはないですか?
いくら不況と言われていても、
安全で平和な生活をしている私たち日本人。
本当はありがたい事なのですが、
エネルギッシュになれず、かといって休息がほしい訳ではない、
静かなストレスが訪れることがあります。

脳は新しい刺激は大好きですが、マンネリが嫌いです。
「飽きる」という現象は皆さんも経験があると思います。
何か始めたり、新しいものを購入したり。
変化を取り入れるのはとても楽しい事ですが、
この種のストレスへの対処として外側に新しい「おもちゃ」を求めるのは、
ヨガ的にはイマイチです(笑)

時には生活のテンポに簡単な変化を取り入れることでマンネリを変えてみましょう。
大きな変化を起こそうとするのではなく、
心に起こる微細な変化を見つめる為の、簡単な変化。
早起きする・日記をつける・通勤手段を変える・・・なんでもいいです。
もちろん、毎日瞑想する・呼吸法を取り入れる・ヨガをする、のでも。

前回交感神経が優位な場合は無理しないでヨガしましょうっていいましたが(笑)、
つまらなさ・人生にぬるさを感じている場合は(笑)、
毎日できるレベルの軽いものでもいいですから。
ちょっと自分に継続を課してみて。

生活のテンポに変化を取り入れるのは、
シンプルな作戦ですがそんなに容易な事でもありません。
小さな変化を継続することは内側の変化に気付きやすく、
自分の中に軸ができ、シュラッダー(意志力)を高めてくれます。

シュラッダーが高まってくると、
倦怠感や虚無感が薄まってきます。
そもそも、なにかで埋めようとしている自分、
空っぽに感じる自分、の根本が変わる。
マンネリという物事の感じ方自体が、なくなってくるのです。



NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2009-05-21

ストレスの分析は向き合いの入口 ①焦り

少し間が空きましたが、ゴールデンウィークは楽しく過ごされましたか?
連休中札幌はとても天気がよかったですね。
休み明けにやる気が出ない時。
私もよく五月病だ~なんて表現を使っていました。
新年度に入り、毎日を楽しく過ごしていますか?

今回から数回、ストレスの状態をいくつかに分けてお話しようかと思います。
ストレスという言葉はよく使いますが、
一体どんなネガティブな状態に陥っているかを分析して。
感情の分析は自分との向き合いの入口です。

今回は焦りについて。
五月病の症状なんて言われることもある、焦燥感。
常に何かしなくちゃと思ったり
ライバルが気になって自分が取り残されているような感じがしたり
疎外感が怖くて付き合いに参加していたり
新しい人間関係ができたり、活動的になる春先など
まさに五月病の時期に起きやすい感情かもしれません。

そんな状態に陥っている時は、
常に交感神経が優位になっている可能性があります。
何かをしていなければいけない、誰かや自分が気になる、という感情は
人間の活動の中で作り上げられた意識でしかありません。
副交感神経が優位になるような、リラックスした時間を作るように心掛けて。
ボーっとしたり、
あえて思考を一度中断するようなことを。

というとやはり瞑想やヨガですよね!
(ベタですか?笑。いや、ヨガブログなので結局オチはここです。笑)
ヨガも「さて、しっかりやるぞ!」と思ってやるのではなく
何かするという状態を中断し、自分の内側と向き合う時間と考えて、
気負わずに行ってみて下さい。
なので○○ができるように、とか、続けなきゃ、みたいな目標がないほうがいいです(笑)
お香を焚くなど、その場に集中できる空間づくりも頭の切り換えをしてくれます。
携帯や時計を気にしない、「贅沢でゆるい」時間を作ってみましょう。
周りと切り離した自分だけの時間・空間を作るのは、現代においてむしろ贅沢です。
スキンケアやバスタイムなど、体の手入れの時間を持つような感覚でヨガタイムを。
ヨガは心のエステです。

ここ数回のブログでも言っていますが、
頭の中をからっぽにする時間を作ることが実は、
考えを整理してくれることに繋がります。


NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2009-05-14

すべてのことに循環を

本当に暖かくなりましたね~。
札幌の市街地でも桜が満開になっています。
新年度も始まって、なにか新しい事をスタートしたり、ずっとやろうと思ってた事を始めたり。
春は本当にそんな気持ちになりますよね。

冬物の整理はもうすでに終わっているかもしれませんが、
何か新しい事を始めようという時。
もし余裕があれば、
入れる前に出すものはないか?
ちょっと考えてみてください。

からだも循環していることが大切です。
血液やプラーナ、流れが滞ってしまうことが不調の源であることは多々あります。
頭の中もそうです。
雑然と意識下のレベルでいろいろなことを考えているのは、あまりヨガ的ではないですね。
シンプルにただ、「今していること」に集中する。
それがヨガであり、じつはだらだらと考えるよりも、
求めている答えを直感的に選択する能力を高めてくれます。

ものもあまり沢山あると、滞りを生みます。
いつかは使うかなとずっと持っているものや服。
つみあげられたものたち。
定期的に意識がいかない場所ができてきたら、循環が悪くなっている証拠。
身の周りの状態から、逆に心の中の滞りを感じたり。

私たちの生活の中で、常に循環をよくしようと思うと実は、
あまり沢山のものは必要ないことに気付くと思います。
生活の中でかまってあげられない物たち、
時間がないと感じて手をつけられない物事、
そんなものたちがあったら。
手放すという行為、まずそこから始めてみましょう。
消去法を使うのも有効です。
だんだんと自分が必要としているものがわかってきます。

コミュニケーションにおいてもいえることです。
スワミ・シバナンダ氏のお言葉で、
「縦の関係は敬いなさい。横の関係は選びなさい」
というものがあります。
大切な人々をしっかり意識し、直に向き合った丁寧なコミュニケーションを。
自分にとって本当に必要で大切な関係がはっきりとしてきます。

増やすことよりも、研ぎ澄ますことを。
丁寧に扱えるものたちだけに、すべてのものごとを整理して
生活に関わることすべてに循環を実感してくると、
それらがみなヨガであるように、感じてきます。


NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー