2009-07-27

食 たべものはいただいている。

先日うちの畑での初の収穫がありました。
夏野菜がおいしい季節になりましたねー。
自分で作った野菜の味はまた格別です。
自家製のなめみそが3年物になり、かなり旨味がでてきているので、
酢・ゴマと和えてシンプルに夏野菜につけて食べています。最高!です。

久々に食の話を。
食についてはいろんな切り口から話したいことが沢山ありますが、
今回は心の話を。

本当に食は心が大切だと思います。
作る事も食べる事も。
単純に考えても、
誰と食べるかやどう食べるかで、おいしさって変わりますよね。
どんなにおいしい食事だって、
得意先の接待で気を使いまくってると食べた気がしなかったり。
忙しいからといってながら食いをしたり、
仮場で急いで食べたお弁当なんかだと、
お腹が満たされても、満足感が全く得られなかったり。

食はヨガにおいても、切り離せない要素ですね。
食物の質、量、回数、時間。
細かくどうすべきかを指し示す指導もありますが、
それよりも大切なのは食べること自体への感謝の心です。
ヨガでも食べることでの瞑想・フードメディテーションが行われることもあります。

精進料理では頂く際も、そして作る際も、
食への敬いの心が重要視されます。
その日の素材の良し悪しに優劣をつけず、
自分を扱うように丁寧に素材を扱い、丹精込めて作る。
食べる事もまた然りです。

私の尊敬する小乗仏教の指導者は、
「どんな食材を選んで食べたかではなく、
どれだけ感謝の気持ちを持てたかが大切だ」
と言われます。
彼自身修行の一環として菜食主義者ではありますが、
菜食を主義として形から入ると、
自と他を分ける「怒りの心」が食への向き合いを支配する、と。
主義の強さが、善と悪を分ける強さとなり、感謝の心のさまたげになるということ。

現代の日本に生きる私たちは
自給率は低くとも食の選択がとても自由にできます。
衛生的に管理された、季節に関係ないどんな食材も手に入れることができる。
選べる立場もまた、感謝よりも支配的な気持ちを生む事があるでしょう。

何を食べる時にでも、
知識や偏見にとらわれず、
ありがたく頂く気持ち。
食への関心や興味がいくら高まったとしても、常に忘れずにいたいですね。


NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト
2009-07-17

座右の銘は?②

前回、好きな言葉を思い浮かべて、
そこからヨガの精神へのつながりを広げられるというお話をしました。
今回はその意味について、もう少し。

ヨガ哲学を勉強するには、例えば本を読んである程度参考にできるとは思いますが、
導いてくれる人がやはり不可欠だとは思います。
とはいえそういう方との出会いがなかなかない事もあるでしょう。
でも大切なのは、どんなことを学んだかという前に、
学んだことを実感できる自分。

好きなことば。心に響いたことば。
たぶん人によって様々ですね。
同じ事聞いても、人によっては全くピンとこなかったり。
どうしてでしょう?

わかる、ということは、
もともと自分の中で感じたり・思っていたりしたことが
心の中にすでに漠然と出来上がっていて、
言葉で外から説明されることで、形となりはっと気づいているんです。
頭で意味が解る、ということと
心で判る、との違いなんです。
心で判るということは、
実感している・すでに経験して思っている何かがあるはずなんです。

ヨガ哲学は、例えて言うなら道しるべです。
でも結局歩いて実感するのは、自分自身。
歩いてどういう道なのか、それを感じとる感性に深みを持たせる事は、
意味を頭で理解するのではなく、
日々を過ごす中での、心のアンテナの張り方に関係します。
それは、
何か大きなイベントや
偉業を成すことや
稀有な体験をしなければいけない訳ではありません。


日常にこそ、ヨガの実践があります。

NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2009-07-08

座右の銘は?

東京は暑い日が続いているのでしょうね。
朝からトップギアの容赦ない暑さ、懐かしいです。

あなたにとっての座右の銘。ありますか?
座右の銘でまでいかなくても、心に響いた言葉でもかまいません。
ヨガの心の学びを続けていると、確かにいろいろなことに気付かされますが、
それはなにもヨギから得るとは限りませんよね。

ヨガをする前に感銘を受けた文言で、
ヨガに通じる精神だなぁというものがあります。
相田みつをさんのお言葉、
「しあわせはじぶんのこころがきめる」

幸せも不幸せも苦しみも楽しみも、すべて主観です。
感覚、感じたことでしかないですね。
状況が心をつらくするのではないということ。
自分がどう思うかで、幸せにもなり不幸せにもなる。
今思えば、相田さんのこの言葉に、心を掘り下げたいと思うきっかけを頂きました。

みなさんはどうですか?
このブログではヨガ哲学に基づいたお話をとりあげていますが、
たまにスポーツ選手のお話なんかもしています。
そう、方法論はなんでもいいんだと思うんです。
なにもヨガのキーワードを意識しなくとも、通じる精神をもつ人々、
尊敬できる人々はたくさんいます。
アスリート、陶芸家、農業に携わる人、芸術家、大学教授・・・・
私もいろいろな分野に大好きな尊敬する人々がいます。
その人々の共通点を考えました。

それは
逃げずに(いや、もともと別に逃げようとしてない場合もあります。笑)
自分と真っ向から向き合う事をした人々だと思うのです。
何か目的をもつことで。
物事をつきつめて。
ただただ真正面から、自分と。

ある人は逆境の中でそれを見出していこうと。
ある人は深い知識の探求から智慧の大切さにたどりついて。
ある人はもの言わぬ自然との向き合いで。

時々、
「ヨガの心の勉強をしたいけれど、どうしたらいいかわからない。
本を読んだりしてそうそう、とは思っても、自分の内側に生きた言葉とならない」
と質問されることがあります。

自分の好きな言葉を思い浮かべてみてください。
ヨガを深めていくと、そしてヨガが好きだと、
好きな言葉とヨガの繋がりに気付くことも多いです。
そんなきっかけも、
ヨガ精神の学びに広がりをもたせる入口になります。


NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー