2009-08-27

一番のパートナーは自分自身

私事ですが、子育てでめまぐるしい毎日です。
夜、隣にいる旦那にすらおやすみ言う間もなく眠りについていることもしばしば。
頭の中はまだ無垢で何もできない我が子のことでいっぱい。
お腹はすいていないか、機嫌悪くないか、さみしがっていないか、気持ちよく寝てるか。
自分のことは二の次。
いや一応(笑)旦那もいるので、三の次かな(笑)

東京時代よく自然派のレストランに行きましたが、
表参道の自然派の草分けである、クレヨンハウスも大好きでよく行くお店でした。
その主催者で作家でもある落合恵子さんが翻訳された絵本、
「おやすみ、ぼく」という本があります。

オランウータンのぼうやが、
「おやすみ、ぼくのあしさん」と、
そしておなか・おしり・耳・・というように、
自分の体に呼びかけながら眠りについていく。
暖かでふんわりする絵本です。

自分のからだに、「ありがとう」や「おやすみ」を言ったことはありますか?
以前銀座で夜遅いヨガクラスを持っていた時。
シャバアサナの後、
自分の体に「おつかれさま」を言いましょう、と言っていたことがあります。

世界的に有名なあるヨギのクラスで彼は、
太陽礼拝の最中、「good morning, my hands」から始まり、
前屈では足に、コブラでは背骨に・・・と
体におはようと語りかけて下さいと言いました。

アーサナの時間は、今日の自分のからだを確かめる時間です。
こわばっているところはないか、
どこか痛いところはないか、
昨日より柔軟だろうか、
気が乗らないアーサナはないか。
心地よい呼吸のリズムをBGMに、体のあちこちを感じます。
自分の体と対話をしましょう。

朝であれば、おはようを、
夜であれば、おつかれさま、おやすみを。
大人になった私たちをねぎらってくれる一番の友は、
内なる自分かもしれません。
アーサナの時間にそれを思い出して。
ヨガは自分を一番大切にできる人と向き合うセルフセラピーです。



NAMASTE
あゆ

スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2009-08-17

ヨガの教えのさまざま。 ヨガ・スートラについて

このブログを書き始めて1年半近く経ちました。
始めは心の事もからだの事もまんべんなくとりあげたいと思っていたのですが、
心の事の割合がやっぱり高い・・・・。
そしてその回数も随分とたまってきました。

心の話の元になっているヨガ哲学は、
レギュラークラスで教えていたアヌサラヨガが背景にしているタントラ哲学だけでなく、
古典ヨガやヴェダンタなど様々な思想を背景にしながら取り上げています。
数が結構たまって雑然としてきましたので、とりあえず、
ヨガ・スートラに関わる内容にフォーカスしたものをカテゴリー別にしました。
スートラを取り上げて勉強されている方など、一気読み(笑)できますのでよければご覧下さい。
それぞれの中でスートラだけでなく他の教えも交えているものなどもありますが・・・。

ヨガ・スートラはヨガのバイブルのような存在として、広く慕われていますね。
ヨガについて書かれた古代の書物がゴマンとある中、
なぜヨガ・スートラがこんなにも脚光を浴びているのでしょうか。
一説には、とてもシンプルに解り易くまとめられたからではないかと言われています。

ヨガ・スートラはサマディに行く為のいわばマニュアル本。
とはいえスートラは、
現代の私たちが心健やかに暮らす指南ともなるすばらしい教えの宝庫でもあります。
数千年の時を経ても、人々の悩みや心のわだかまりの働き方は、
そう変わらないということなのかもしれませんね(笑)

いかに文明が進化しようとも。
私たちの生活の自由度がどんなに増したとしても。
外側の変化に気持ちが縛られている限り、
人々の悩みは尽きることがありません。

なぜ悩むんだろう?
なぜ嫌な気持ちを解消できないんだろう?
イチから自分で考えなくても、
永い人類の歴史の中で偉大なるヨギたちが既にその解決策を考えてくれました(笑)
現代に生きていて、良かったですね!(笑)
そのヨガの智慧にあやかり、日々を楽しく過ごしましょう!


NAMASTE
あゆ

2009-08-07

笑う門には・・・

先日、ブログ読んでくれているヨガ友と話をしていてあらためて思ったことが。
私のブログ・・・、暗い!
会ったことない方が文章だけ読んだら、
随分カタい人だと思うのでは? と。
うん知ってる。そう思ってた・・・・。
なんか説教くさくて、固いのがブログのコンプレックスなんです。(笑)

ヨガも大好きなんですけど、ヨガも人生に大切なんですけど・・・。
「大切なことは」ってフレーズ、
このブログで使っては固いことばっかり言ってるので、
今回あえていうのですが、
人生にとっても大切なのは、笑えること!だと思っています。

ヨガにからめて話すと、ラフターヨガっての、ありますね。
東京時代にラフターヨガの創設者であるインドの医師の来日がありましたが、
結局行けずじまいでしたが・・・・。
このヨガの場合は楽しい要素に頼らずに笑うということですが、
頭で笑うきっかけを作らなくても、ただ笑う事で身体にいい影響がある。
笑いの身体への効果は科学的に立証され始めていますが、
それを逆に伝統的なヨガに取り入れたのでしょうか。

単にオモシロイもの。ギャグ漫画とかお笑いとか。
くっだらないことで笑う。
落ち込んでても、何かで凹んでても、
ちょっとしたことで、ぶははと笑いましょう。
心の持ち方は30秒で身体に影響が出るといわれています。
笑うことで免疫力もアップします。
あ、こうやって説明的なのが暗い原因ですね(笑)

もっというと自虐ネタ、大事だと思っています。
自分のことネタにして笑えるくらいの、余裕のあるユーモア精神。
誰かに披露しなくていいですよ(笑)
心の中でツッコミいれてみましょう。
そしたらちょっと、外側から自分のこと、見れます。
そして、肩の力が抜ける。
もしかしたら、ヨガよりも肩凝りに効くかも?

ヨガで器を広げるのと同じくらい、
自虐も、器を広げます。と思ってます。(笑)



NAMASTE
あゆ
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー