2010-03-25

ksama 寛容

先日、大好きな先生より久しぶりにご連絡を頂きました。
新しい本の執筆でお忙しい中、ヨガの聖典について学ばせて頂いています。
素晴らしい内容ばかりなのですが今日はその中から、
私が以前から心の解放のカギになると思っていたひとつについて取り上げます。

ヨガの実践において心の鍛錬のひとつ、ksama(クシャマー)があります。
日本語にするならば寛容がとてもよい訳だと思います。

受け入れる力。
他者にしろ物事にしろ、自分とは違う何かについて、
アレルギー反応が起こった時。それがストレスになりますね。
自分と他者を分ける気持ちが強いのは、言い換えれば自我の強さとも言えるでしょう。
違いを受け入れる力。それが寛容さです。

ローマ帝国の立役者、カエサルも凱旋を記念して鋳造したコインに、
clementia(寛容)と刻んでいます。

ピアニストのフジコ・へミングさんが
人間の感情で一番いいものは寛容さだと言われていました。
人は全員違うのに、それを受け入れられないから戦争が起こるんだ、と。

先生の説明では、心を思いに縛られずに前に進んで行く力と言われています。
そしてそれは「今」に生きるということ。
寛容ではないというのは、心が作り出した壁が邪魔しているということ。
心の壁を取り払ってただただ今そこにあるものを受け入れてさえいればよいのです。
それがなかなか、難しいんですけど、ね~(笑)

そしてもうワンステップ。
受け入れるということを、「受け入れてあげる」となんだか相手の為のように思っていませんか?(笑)
許し難い(笑)相手を受け入れるのは、相手の為ではなく自分の為。
寛容さが自分の中に生まれる事で、いくつもの怒りやネガティブな感情が消える。
自分の人生がより楽しくなる。

寛容を味方につけて、より人生を生き易いものにしましょう。



NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2010-03-08

マタニティヨガ トレーニング 札幌開催!

東京時代、クラスを持っていた都内屈指のヨガスタジオ、
スタジオyoggyが札幌で初めてトレーニングコースを開催します!

内容はマタニティヨガ。
マタニティヨガは近年、ヨガの中でも一つのジャンル(?)のようになっていますね。
私もイシュタヨガという流派でマタニティヨガのトレーニングを受けました。

マタニティヨガは
アーサナにアレンジを加えたり、
呼吸や思想の良い点を妊婦さんの体や心にも効かせようと考えられたもの。
スタジオヨギーのトレーニングでは、
ヨガの基礎知識から解剖学、分娩についての知識もカバーします。
そしてどんなアーサナが妊婦さんに良いか悪いか、
アーサナの適応実技までしっかりと網羅されていますので
あまり予備知識のない方、ヨガについて詳しくない方にも丁寧に説明されます。

充実したマタニティヨガのトレーニングですと
マタニティヨガを教えたいかどうかだけでなく
とにかく女性の方にとてもお薦めです。
妊娠した女性の体についても細かく説明されます。
これは私たちが実際向き合う体の変化への理解となり、
妊娠の経験のない女性には自分の為にもとてもよい知識となるでしょう。

私も妊娠・出産を経験しました。
しかし妊婦さんになったからといって
事細かくからだの働きや変化を誰かが教えてくれる訳ではありません。
後から思うと、
自分の妊婦生活を安全に・快適に過ごせた知識の大部分は
マタニティヨガから学んだものでした。

そしてマタニティ用のアーサナはとても優しいです。
リストラティブのメニューも今回のトレーニングには含まれています。
ゆったりしたアーサナ・体に優しいアーサナを学びたい方にもお勧めです。

体験付き無料ガイダンスも事前に行われます。
詳細は下記URLまで。
http://www.yoggy-institute.com/school_dt/sap_mbc01.html

子育てでなかなかひとりの時間が持てていませんが、
できれば事前ガイダンスに私も顔を出そうと思っています。



NAMASTE
あゆ
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー