2010-08-28

愛情は悟りのヒント?

結構前になってしまいますがブログ内で、
「温かな想いの芽を大切にして広げる」とお話ししたことがあります。
人や動物、自然、周りを愛しむ心。
愛情は私たちが生きていく上でやはり不可欠なもの。
人は社会的な生き物です。
日々生きていく中では、周りとの繋がり・愛なくしては、心に支障をきたしてしまう。

私の大好きな先生は、その偉大なる師匠から
「ヨガで大いなる存在と繋がりたいと願っても、
生きていく中でまず繋がりの強さを感じられなくてどうしてできようか」
とお話を頂いたそうです。

ヨガの究極の目的、すべてはひとつである事を悟る。
つながりを究極に感じる状態ともいえるでしょう。
それはテクニックだけで得られるものではなく
愛という強い感情を知ることで始めて理解できる、と。

また別のある有名な男性のヨギが、
「女性は出産によって悟ることができるから、うらやましい」
と言っていた事がありました。
私は残念ながら悟りに達してはいませんが(笑)、
彼が言いたかった事もまた
本能から突き動かされるほどの強い愛情を抱く行為は
悟りと大きく関係している、ということでしょう。

温かな想い、誰かを大切に思う気持ち。
愛情は日常の自分にとっても、意識の高みに向かう身にとっても、
大切なものを齎せてくれます。



NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト
2010-08-20

ガムとヨガとセロトニン

ちょっと古い話題になりますが、
W杯に出場した長友選手が「ガム友大使」に就任し、マスコミに取り上げられていましたね。
試合中にガムをかむことが多く、ほかの選手にも勧めたいと推進。

野球選手でも多いですよね、試合中のガム。
その真意をきちんと伺ったことはないのですが、
精神の落ち着きに関係があるんじゃないかなぁと以前から思っていました。

東京でセロトニン研究の第一人者である先生にお話を伺った時のこと。
セロトニン神経の活性化はガムをかむことでも得られると言われていました。
セロトニン。
昨今の健康ブームでテレビなどで耳にした事のある方も多いでしょう。
セロトニンがどう良いものかという長い説明はここでは省きますが、
先生によると、リズム運動によっても活性化されるのだそうです。

リズム運動。
咀嚼、つまりガムをかむ行為がそのひとつと。
そして呼吸や歩行。
しかし散歩は気持ちが分散されてしまってダメとおっしゃる。
リズム運動を保つある程度の集中が必要ということ。
リズム運動。なるほど。
ある種の瞑想のテクニックや、呼吸に集中するヨガの状態はまさにそれにあたりますね。

身体的なヨガの効能を
科学的に分析した方が裏付けて下さると、
昔のヨギがてさぐりで作り上げた技術の素晴らしさを
あらためて感心させられます。

とはいえやりすぎは活性化されないとのこと。
先生によると5分くらいから、長くて30分くらいまで。
セロトニンの効能が気になる方、
ヨガもその効果に一役買うようです!お試しを。



NAMASTE
あゆ
2010-08-16

海。。。

もう札幌は夏も終わりそうですが、海話を。

子供ができて今年は行けていないのですが、
友人が船を持っていてよく乗せてもらいます。
天気がよく波が穏やかで、少し沖まで出れるのであれば
運が良ければ苫小牧沖などでも
イルカの群れが見れたりするんですよ。
5、6頭かそれ以上の野生のイルカが飛び跳ねる姿を近くで見るのは
なかなか圧巻です。

海の上に出るのは、
普段便利な生活をしている中から飛び出すのに手っ取り早い(笑)行為。
コントロールが効かないどころか、投げ出されたら命も危ない。
特に個人で海に出るのは、
慣れてはいても、漁師ではない友人にとってすら慎重な行為です。
乗るたびに、彼の責任感や車とは違う気の張り方も伝わってきます。

船を出せる穏やかさと判断した時ですら、
沖にでれば風向きによってはすごくハンドルを取られる。
小さい船に乗る事で大自然の前では
どんなに人が非力であるかを思い知らされます。

ある大好きなヨギが、
「自然とは人にとって都合のよい部分だけを指すものではない。
コントロールの効かない大きな存在であることを常に忘れないこと」
と言っていた事があります。
海との触れ合いは
人には抗えない大きな存在があることを教えてくれる、ひとつの機会です。



NAMASTE
あゆ

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー