2011-01-22

Sのキーワードたち

アヌサラヨガのカテゴリーを作りそこに過去のブログを分け入れたのですが
初期のころ書いた大切な回を入れるのを忘れていて(笑)、少し前に追加しました。
svatantrya(自由)と
spanda(脈動)です。
スヴァタントリアとスパンダは、アヌサラヨガで度々取り上げられる
大切な考え方、ベースにあるものですので、
興味のある方は参考に見てみて下さい。

スヴァタントリアはタントラ哲学を紐解く時に、キーとなる根底にある発想です。
自由については初期に書いたブログだけでなく
また折にふれてお話したいと思います。
スパンダについては3回に分けて書きました。
脈動とは、まさに生きていることそのものです。
からだも心も、季節も自然も。
地球に生命が生まれた稀有な条件の合致も、
一定でもなくばらばらでもない、
脈動の状態があったからこそなし得た奇跡とすら思います。

脈動を感じることは、流れを見ている事。
その場一点を見つめていては、なかなか感じることができません。
止まっているように見えるアーサナも
身体の動きや呼吸に脈動が息づいています。
アーサナのキープがきつい!と感じたら。
引き寄せとリリースのリズムを意識して、
ここがつらい!ではなく、内側に流れを感じるように視点を変えてみましょう。



NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2011-01-15

ヨガを教える理由

先日また友人のひとりがヨガスタジオをオープンしました。
共に学んできた友人たちが
本を出したりDVDを出したり、
そして独立したり。
そんな仲間がどんどん増えてきて、嬉しい限りです。
志を友にする友人たちを、
いつか札幌の皆さんにもご紹介できる時があるといいなぁと思っています。

実は私は、ヨガを教えようと思っていたわけではありません。
ただどんどんヨガを深めようとしていくと
先生用の講義に手を出して(笑)いかないと、
なかなか深い事を学べない。
多くの友人も、共にヨガをする目的はただもっと追求したいという意思でした。
熱心な友人たちといろいろなシェアをする事で、
自分の知りたい事、求めている事、クリアにしていきたい事がどんどん浮き上がり
どう深めていきたいかもはっきりとしてきました。

ヨガへの興味は同じでも、
本業やバックグラウンドが違う友人たちとのシェアは
視点が異なり、学ぶ事も多くありました。
今回スタジオをオープンした友人は理学療法士を生業とし、
彼の専門的な解剖生理学の視点から頂いた見方にすごく助けられています。

アヌサラヨガはヨガの中で解剖生理学をしっかり取り入れている方の流派ですが、
体を安全に使うことの意味や意義、
そして実際の知識を友人から学んだ事が
私がヨガにおいて、そこを重要視した流派を続けている事にもつながっています。

宣伝の回ではありませんが(笑)、
Takt8という八王子のスタジオのリンクを追加します。
彼が独立してヨガを教える意志が、
体を自分自身でメンテナンスする事への強い想いから成っていることを讃えて。
そして私に
教える事を続ける意味のひとつを、与えてくれたことに敬意を表して。



NAMASTE
あゆ
2011-01-10

知識は素材、実践がヨガ

あけましておめでとうございます。
1月8日にクラス再開1回目のクラスを行いました。
来て頂いた皆さまありがとうございました。
そしてご参加頂けなかった方々、申し訳ございませんでした。
予想外に混み合ってしまい日にちぎりぎりのお断りが生じました事、お詫び申し上げます。

アーサナはもちろん気持ちよくて、
ヨガのよさをダイレクトに感じやすい技術のひとつです。
とはいえそれは、
心の在り方、日常生活内の実践に及ぼすツールのひとつであり、
ポーズの形ではなく根幹に流れる部分にヨガがあります。

アヌサラヨガは
安全で有効な身体の使い方について
哲学をどうハタヨガに、生きている日常に生かしていくか
大まかにふたつの特徴があります。
流派内での研鑽にも熱心であり、
学ぶ事がいつまでもたっぷりと(笑)ありますので、
少しずつ浸透できるようにゆったりお伝えしていきたいと思います。

先日将棋の羽生名人がインタビューされている番組を見ました。
面白いお話が沢山あったのですが、その中で彼がこんな事を。
将棋は互いの手がすべて見える勝負。
ともすれば次の一手のセオリーを全て覚えた人が
勝ちを得るのではないかと思うものですが
勝利を得るということは、それだけではないという。

情報や知識は、料理の素材ととても似ている。
それを取り入れた後に、どう料理するかが大切だ、と。

ヨガのツールも思想も、数千年単位で蓄積された先人のすばらしい智慧であり、
本やインターネットで素材を手に入れる事は容易になってきています。
とはいえ読んで、見て、
「へぇ、そうなんだ」と知る事自体はヨガの実践ではないです。

知った事は浸透ではなく、
自分の中で咀嚼して、取り込んで、使う事が実践です。
それは一日二日でなせることではありません。
噛み砕くことや実践は、時に同時に起こりながら、
だんだんと自分の内側に浸透していくものです。

咀嚼して浸透する為のお手伝いを
ヨガクラスでブログで、していけたらいいなと思います。



NAMASTE
あゆ
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー