2011-02-25

痛いやつらいは、意識を向けるサイン

だいぶ間があきましたが、意識の話をまた。
意識や気づきの話をしていましたが、
例えばアーサナに置き換えるとわかりやすいでしょうか。

アーサナとストレッチは違いますよね。
違いはなんでしょう?
ストレッチは、体の動かし方や時に筋肉の状態の分類、
ヨガのアーサナは、体に意識が伴っている状態のこと。

東京でヨガを教えていた時
他の先生のクラスにクラシックバレエをされている方がいらっしゃった事があります。
始めてヨガをした彼女、
その後雑談をしたら「ぜんぜん体に効かなかった」と言っていたそうです。

柔軟性が十分にある彼女。
その限界に挑戦するアーサナがなかったということも
彼女にヨガの状態が、訪れずらかった、要因のひとつでしょう。
加えて、ヨガに求めるものがそもそも、
体へのストレッチ効果だと思っていたことが「効かなかった」と感じた要因です。

アーサナで体の状態に意識を向けることが
ヨガが「効いた」ということです。
キツいアーサナをするとそこに意識がいくので、体に意識が伴いやすい。
「体が硬い人の方がヨガが向いている」なんて言うのは、
なぐさめじゃなく(笑)、こんな意味から。
真意をついた言葉です。



NAMASTE
あゆ

スポンサーサイト
2011-02-13

繋がりの大切さ KULA②

前回新たなアヌサリアンとの出会いについて書きました。
今回は一度ゆっくり取り上げようと考えていた
KULA(コミュニティ)についてお話をしようと思います。

KULAを大切にするということは、
排他的であるということではないですよ。
タントラの精神とも関係しますが、
アヌサラヨガは出る人も入る人も、ものすごくフラットにジョンは考えるといいます。

前回書きましたが、KULAの大切さを初めて聞いた時。
それがヨガにおいて大切な面であるかどうか?
あまりピンときませんでした。
無論、コミュニケーションは人生にとても大切だと思っていましたが、
ヨガの本質は内側への追及、もっと内向的なものだと思っていたから。

アメリカのある精神分析学者は、
人を信じる力が弱いと自分を信じる力も弱くなる
と言っています。
主張したり受け入れたり、ケンカしたり仲直りしたり。
人との間で起こる様々なやりとりがあってこそ
それに伴って自分自身が作り上げられていく、と。

ヨガとは、
普段見えにくくなっている自分の内側の核に近づいていく作業です。
ヨガの様々なツールでチューニングしながら自分を探る。
そのツールを行う過程の中に
自分を強くする、自分を信じる力をくれるメソッドが含まれているようには思います。

とはいえやはり、
私たちが自分を知る手だての一つに
人とのコミュニケーションが不可欠なのではないか。
人との違いを感じ、
相手を推し量り、
時に自分に投影し、
感銘し共鳴し同調する。
人とのコミュニケーションがむしろ内側の強さを与えてくれる。

普段の生活でもその片鱗に出会っていることでしょう。
小さな優しさに触れる
想いが通じる
たわいのないことで一緒に笑いあう
社会や人々との信頼や繋がりを感じた時。
心がふっとあたたかく安定して、
時には勇気を、
時にはやすらぎを、
ともすれば体を持って生きていることの意味を、
感じる事すらあると思います。

アヌサラヨガの実践は、実生活に投影できるエッセンスの凝縮です。
KULAの大切さを感じることで
より自分に強く向かう事ができる。
ジョンはそんな真髄をわかってKULAの重要性を挙げている?
もしそうだとしたら、やはりなかなかの人(笑)だなぁと思ってしまうのです。



NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2011-02-05

繋がりの大切さ KULA ①

先日東京のアヌサリアンの来札があり、お会いしました。
はじめは土曜のヨガクラスにご予約連絡を頂いたのですが定員に達しており、
ランチでお会いすることに。

いろいろ伺うと東京時代に、ニアミス(笑)を何度もしていたようでしたが、
お話したのは初めて。
初めてとは思えないほど、熱く楽しいトークをさせて頂きました。

その方は東京の、ある総合病院にお勤めの医師の方で
新聞や雑誌・テレビなどでも様々にご活躍されている方。
今回の来札も自身の専門分野での講演が目的でした。

正直、アヌサラのKULA(クーラ)に西洋医学のスペシャリストがいること、
大変嬉しかった。
医師として長年の経験、
それは無論技術もですが、発想・生き方に至るまで(←私にとってここはすごくポイント)
その世界でどっぷりと一分野の古株に上り詰めた後。
ヨガのもつ哲学的・療法的な面を
実験的な意味でなくご自身が自分の為に、積極的に勉強されている。
そしてその流派としてアヌサラヨガを選択している。
なぜアヌサラかという絞ったお話についても伺い、大変興味深かったです。
まだまだ意見を伺いたいポイントは山ほどありました。

ヨガの話の他、彼の専門的に扱っている分野など
シェアしたいことはとても沢山なのですが
ヨガクラスで少しずつお話したいと思います。

ジョン・フレンドはこのKULA(コミュニティ)をとても大切にします。
コミュニティの大切さを掲げている事はアヌサラヨガの特徴のひとつです。
それは私にとって、ヨガとして大切な面なのかどうか
始めはピンとくるものではありませんでしたが、
今回のようにシュラッダーの強い素敵なヨギに会うと
アヌサラの繋がりのおかげだなぁと頭が下がります。

次回、KULAについて少しお話したいと思います。




NAMASTE
あゆ
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー