2011-05-27

人生に生かしてこそ哲学

ジョンフレンドのトレーニングを受けて戻ってきました。
話したい事満載で、順番がつけられません(笑)
オンの話もオフの話も、クラスでブログで、シェアしていきたいと思います。

久々にジョン本人のトレーニングを受けましたが
彼自身の体験からネガティブな出来事への対応について、
どう向き合うかなど具体的な興味深い話も聞けました。

アヌサラヨガのひとつの特徴は、
タントラの精神を具体的に日常に落とし込んで生かしていく為の、
リアルさや比喩力です。
解釈へのヒントも、様々な言葉を使って何度も咀嚼させてくれる。

言葉は便利なツールでありながら他方で、制限が加えられてしまうものでもあります。
個々人の言葉ひとつの認識の違いによっても、大きく解釈がずれてくる。
前回の「ひとりひとりアングルが違う」という話につながりますが、
言葉という媒介を通してなされるやりとりには
相互の理解にも物事の理解にも限界があり、
時に表現を変えながら、回を重ねる事が大切です。

誰にも、自分の哲学があるでしょう。
言いかえるとそれは価値観や道義、解釈の仕方、視点など。
自分の生きてきた道から、様々なものが作り上げられる。
それは言語化できるほど自覚があるときもあれば
(たまに本とか書きますよね、何かに成功した人々が。笑)
輪郭のはっきりしない方もいらっしゃると思います。
「自分の哲学」はヘリクツでなく、人生の実践においてだんだんと作られてくるもの。
そう、哲学が理屈の中で完結されてしまうのであれば、意味がない。

ヨガに関わらずどんな思想や哲学も、
人生に活かされてこそ意味があります。
私たちは考える動物として、
時に迷走する心の暴走を倫理的でありながら意欲的な方向に向けていく必要がある。
その実践の指南役に哲学がある。

「自分の哲学」が既にある方が、ヨガは始め時(笑)
実践の上に成り立った視点や価値観がないと、心にヒットしてこないから。
ヨガを始めるのがいくつになっても遅くない理由の一つが、ここにあります。



NAMASTE
あゆ

スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2011-05-19

100人いれば100人のヨガ

ヨガクラスをご予約頂いた方々にはすでにお伝えしていますが、
アヌサラヨガのジョンフレンドの来日に合わせて、
東京に行くことにしました。
今年このタイミングでは時間はとれないと思っていたので、
わりと急にバタバタと。
4月から5月に延期して下さったことが、私にとっては機会となりました。

またぎゅうぎゅう詰めで師匠や友人たちと会いますが
久々に会えることになった人も何人かいて、とても楽しみです。
共に学んだヨガ友、お世話になった師匠、大好きな先生、尊敬する同士、
今回オフの時間に会うのはこの流派とは違うヨガの道を進んでいる人たちばかり。
オフだからこその話もすごく楽しみです。ふふふ。
どんな業界もそうでしょうが(笑)
(話がそれました)

同じようにヨガへの熱い気持ちがあって、共通する想いがあっても
本当に100人いれば100人のヨガがある、そう思います。

私の師匠のひとりが
たとえ同じ師匠から同じ話を聞いていたとしたって、ひとりひとりアングルが違う
と言います。

まさに。
座っているその位置の視点から
ひとりひとりの持つバックグラウンド、その時の心の在り方、
すべてバラバラで受け取るものが同じことはありません。

哲学はことさらそうです。
自分自身ですら、
人生のどんな過程・段階にあるか
今とても苦しいのか・頑張っているのか・楽しいのか
状況によって内側に響いてくる言葉、
そして解釈すら
玉虫色になるものです。

そこに面白さや深みもある半面、
だからこそ何度も受け入れて咀嚼して、その繰り返しも必要です。

タントラ哲学のどんなところが自分の内側に響いているのか
それは今の自分になぜ響くのか
そんなことも思いながら勉強してきます。
とはいえ
生徒の皆さんには自分に見えた色だけでなく
様々な角度から、日々に生きる哲学のエッセンスをお伝えできるよう、
またクラスでお会いできるのを楽しみにしています!


NAMASTE
あゆ






theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2011-05-09

食べ物のマイブーム 2010冬

食べ物について、
どうやら季節ごとくらいにマイブームがあることに気が付きました。

もう冬も終わったのですが
この冬のブームのひとつは、酒粕でした。
ふだんから米麹商品、甘酒・酒粕やお米のジャムなどの発酵食品が好きで、
甘いものがちょっとほしい時に食べたりします。
この冬、酒粕と味噌のブレンド率?がうまくいって
甘くない料理に酒粕がブレイク(←自分の中で)
普段のお味噌汁にも酒粕を多用。
上品な具の場合は微妙かもしれませんが、
根菜などずっしりしたものだと合います。
味噌の味をしっかりとつけると、
味噌の5割強くらいの酒粕量でも独特の香りが気になりません。
あくまで好みの話ですが。
苦手な方もブレンド率を研究すると、こってり味噌味のものには案外クセなく使えます。
体のために、日本食への回帰に、
日本食文化の誇る高機能な副産物をうまく活用したいですね。

もうひとつ、友人にもらった「にがあま蜂蜜」がマイブームに。
これは商品名です。
沖縄のやんばるの森、アサグルの花から採れる希少密。
はちみつは時期、年、植物によって味が変わると言われますが、
このはちみつ、はちみつ通でない私にもはっきりわかる。
たしかに、にがい!
甘みと共に苦みがあり、ラベル曰く「コーヒーに合います!」
この苦み、何かに似ているような・・・・
うーん、たぶん、山菜のような苦み。
コーヒーに入れたりもしましたが、
個人的には入れずになめて、お茶を別に頂くほうがよいなと思いました。
くれた友人は苦さが駄目だったようですが。
風情のあるラベルもまたかわいいです。
(写真入れようと思ったのに、すいません、用意しておらず・・・近いうちに載せます)
お茶の時間を楽しみにさせてくれる可愛いアイテムとなりました。

興味がある方はお試しください~。



NAMASTE
あゆ

theme : 美容・健康・アンチエイジング
genre : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー