2012-09-20

気が進まない時も、よりよく選ぶ

mayumi hana
最近、気のすすまない決断をしなければいけない機会がありました。

人生でつらかったり大変な局面にぶち当たる時ってありますが、
今回のような「気のすすまない決断」というのは何とも・・・初めてかも。
これはこれでとても気が重く、長々とどうしようか考えていました。
皆さんは経験ありますか?
なんだか前々回のテーマと繋がっているかんじ。たまたまですが。

その気のすすまない選択を、よりよく選ぶために。
いくら気がすすまないと言っても選択するのですから、
何らかの選ぶ理由はあるはずですよね。
その理由をはっきりさせて。
自分が選ばなければならない、理由の先の、真の目的に目をむけます。

たとえば
嫌な仕事だったら?・・・・
でも収入を確保したい。なぜ?→金銭的なサポートを得てより善い自分へと向かう

ウマが合わない人との付き合いだったら?・・・・
でも輪を大切にしたい。なぜ?→その人の先にあるより大きなコミュニケーションを重んじているから

とか、ね。
そして先にある目的が、本当に必要か考える。

もっとつらい局面。選択の余地がないから選ぶ、という時もあるかもしれませんね。
納得のいく理由がみつからない。これは相当のストレスを生みます。
でも実はそんな中でも選択肢は訪れます。
前向きに選ぶ、か、ひきずられてやるだけ、か。

自分の心に選択の余地をつくる事が
気のすすまない物事への取り組みに有効な手段となる時があります。
前向きに選ぶことで、まずは心を解放してくれる。
「やらされている」感覚を「自分が選んでやる」に意識を変える事で
ある種のストレスが解き放たれます。
そして行動には意志力が加わります。
そうすると本当は嫌だった行為が、
人生に意味をもたらす力強い経験へと変わります。

・・・とまあ、偉そうなことを言っていますが
私の選択はいつも後手後手です。そしていつもぶうぶう言っています。
今回の選択も、本当の決断はもう少し先延ばしできるよう誘導してしまいました。
一番避けているものは、現状の流れを自分から変える事への恐怖心のようです。
難しい局面には自分の傾向がやはり表われるものです。トホホ。


NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2012-09-17

「ほっと@アジア」出演 浅見千鶴子さん

7月に来札したカラリパヤットの浅見千鶴子さんが、
9月25日(火)の17時~ NHKBS「ほっと@アジア」という番組に出演予定です。
http://www.nhk.or.jp/hot-asia/about/index.html

民放のゴールデンタイムをはじめ数々のテレビ出演も多い浅見先生ですが、
今回はアジアの文化を紹介したりする番組。
製作者の方がとても力を入れて下さっているそうで、
カラリパヤットそのものについての紹介から
浅見先生がトークゲストとして参加し、演舞も少しやる予定だそうです。
生放送とのこと。

浅見先生のWS、今年7月の札幌WSにも京都や東京から参加される方々がいらっしゃいます。自称・浅見先生のおっかけだそうです。
すごい情熱!と思いましたが、
インドに行くことを考えたら国内だと短い休みを利用して参加できるから、とのこと。
今年で2年目の来札だった浅見先生のカラリパヤットWSですが
札幌の方々にも、普段ヨガをしている皆さんにとって興味深いトレーニングと好評です。

他地区のWSにも参加されている彼女たち曰く、
札幌はアーユルヴェーダの講義やマルマの講義もあり
他では受けたことのない浅見先生の他ジャンルのWSにも出られて
とても面白かったとの事。
WSの内容にアレンジお願いしすぎているのかしら?と少し反省しました(苦笑)

WSにご参加頂いた事がある方もそうでない方も、
お時間がございましたらぜひご覧くださいね~。



NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2012-09-06

私が求めるものとは? アタマとココロの整理

先日友人の恋愛話を聞いていた時のこと。
「結婚したいのに実際は絶対結婚には向いていない!っていう人を好きになっちゃうんだよね~」
とのお悩み。
私と同世代の友人なので、
もう選んでいる場合ではない!(お相手は)生きてさえいれば十分だ!
と冗談なのか本気なのかわからないことをいつも豪語してるのですが。

私としては、好きになった人との恋愛に、
結婚がその先にある時もあればそうならない恋愛もあるだろう、とシンプルに思うし
自分の年齢、カタガキや世間体を気にする必要は全くない!と思っているのですが。
特に最近は生き方の多様化も一般的ですよね。

ヨガブログだけど恋愛相談話?という感じですが、

心の中にある感覚が二分されるこのような状況は、みなさんは経験がおありでしょうか?
それは恋愛だけでなく
仕事や人との付き合い、
人生の大きな選択肢に立った時。
様々な場面でありうることだと思います。

自分が本当に楽しい、好きと思えるもの。と
これを選択したら、頭の中である種の安心を得られる、というもの。
自分の意志決定は
心の求めるものと頭の求めるもののふたつが
入り混じっていたりシーソーのようにバランスが変わったりしながら
出来上がっているものだと思います。

自分の意思、とは。
本当に自分の「心」が選びたいと思っているものでしょうか
それとも「頭」で得られる何らかの安堵や納得がほしいのでしょうか
後者は生きてきた環境や社会的な価値観などが影響していることが多いと思います。

大切なのは、心の中の整理を試みることです。
自分は何を求めているか。
それが例えば世間体やプライドといった
カッコ悪いなぁと思っちゃうものから来ていたとしても。
自分が何に執着しているかを知ることから始めないと
かみ合わない心と頭のダブルスタンダードは縮まりません。

とはいえ年をとればとるほど、
「そうは言っても・・・」という部分に
目を向けつつうまく物事を進めたいという感情が出てくるもの。
物事の選択がすべて自分の「心の想い」だけで成り立つのは、
実際、むずかしい。

できることは、選択に影響する理由が何かを知ること。
もしかしたら自分の中で無意識に作り上げた
「こうあらねばならない」という虚栄を知るきっかけになることがあるかもしれません。



NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー