2013-07-31

kiitigo_convert_.jpg
やっと木苺が全盛期を迎えました。今年はすごく遅いです。
実のなる地上の枝は毎年ザクザク切り落とすのですが、今年は特にハゲ坊主で少し心配していました。
が、収穫量は例年と変わらず。
むしろ実の大きさは今までになく大きいです。
地中の株が成熟してる、大きくなっているということなのでしょうか。
毎年の実の変化を見るのも楽しいものです。

私のあるヨガマットに、
とあるヨギに書かれた一言があります。
isvara pranidhana
(イシュワラ プラニダーナ)
そう、ヨガ・スートラにおけるニヤマのひとつです。

リトリートに参加し、その最後にいただいたもの。
どうしてそれを私に書いたか?とは聞きませんでしたが、
私が意識するべき心得として書かれたんだな~、と今でも思っています。

うーん、なぜなら、私もそう思う。自分にとって必要だと思うから。
沢山の質問をする私に彼は
「be patient!」とひとこと。
まぁ、質問に答えてくれる事もあったのですが。

忍耐が足りない、とはどういうことでしょうか。

なぜ、と疑問を持ち続ける事はとても大切です。
ただその答えはどのように求めるのでしょう
どうやってクリアにしていくのか

ヨガにおいては、
答えを求める先は時に自分自身だったりします。
なぜならヨガは体験するものだから。
答えを聞いちゃったら、ヨガでなくただのへえ~って話(笑)
体験して変容が起こって、はじめてヨガになる。

答えは、手を伸ばして得るものではなく
変容する時に体感して知っていくもの
テストがあって答えがある世界で育った私たちは
答えが何か、をとりあえず知りたくなってしまうものです。
そのクセがヨガの場においてもなかなか抜けないのです。

手を伸ばしすぎているという事は
isvara pranidhanaが足りないということ。
手出しが多い。変容を待つpatientが足りないのです。

isvara pranidhanaはテーマが深いので
ちょっとこれだけでは説明しきれないのですが・・・
近いうちクラスで、sraddhaとの関連から
もう少しわかりやすくフォーカスできればと思っています。


NAMASTE
あゆ

スポンサーサイト

theme : 美容・健康・アンチエイジング
genre : ヘルス・ダイエット

2013-07-24

ai+flower_convert_20130724222826.jpg
先日子供がドアに指を挟みました。
動くし大丈夫と思い数週間。
あらためてみると・・・ある指の爪がはがれている!
定位置(?)にはあるのですが手から浮いていて、爪が死んでいる状態。
判断できず病院に問い合わせたら
「手術で取り除く」と言われた病院もあり、ドキドキしていました。

実際に行った病院では、炎症も起こってないし取れるのを待とう、とのこと。
とりあえず、手術にびっくりした気持ちからは
事なきを得ました。

健康に関わる事で安堵した時は、
「元気なだけで本当にありがたい」と思うものですよね。
明日の事より先の事より、
今日元気でいれたらそれでいいじゃない、と思える

ヴィクトル・ユゴーの名言にこんな詩節があります。

しばし羽を休めた枝が
細すぎて折れるかと思えても
それを感じながら
いざとなれば飛べばよいと
気楽に歌い続ける
鳥のようであれ

今の元気に感謝できる時は
先の皮算用はどうでもよいじゃないか、ということが実感できる
これから先、何かが起こるかもしれないけど
いや、人生に何も起こらないはずは、ないのですしね

枝が折れるかと案じているのは、
コントロール欲の強さ
いざとなれば飛べばよいと思えたら、
自分を信じる力の強さ
気楽に歌い続けるのは、
先を委ねる心のおおらかさ

「気楽に」に惑わされてはいけません(笑)
委ねられるおおらかさというのは、実は大変難しい
枝が折れそうな事を、感じれば感じるほど

でも折れそうな枝は感じてしまうものです。たぶん生きている限りずっと。
感じてしまう事が問題ではなく、
枝を憂うことに問題があります。
その時がきたら飛ぼう、という強さと
その時までは歌えるおおらかさ
どちらも培います、どちらも必要です
コインの裏と表のように

今週末短いですがヨガで東京に行くことにしました。
またクラスで皆さんに、様々にお伝えしたいと思います。


NAMASTE
あゆ
2013-07-14

0714.jpg

暑い日が続くようになってきましたね。
近くに大きい公園があるのですが、
そこの桜の木にエゾシロチョウが産卵したらしく
大発生しています。
モンシロチョウよりも少し大きくて黒い輪郭線をもっています。
ゆったりと飛ぶので優雅で素敵です。

梅が出回ってきたので、青梅を買い、梅シロップを作っています。
梅酒にすると子供が飲めないのでアルコールを抜いて
夏場の飲み物用に。梅の方は包丁でたたいて寒天に入れたりしています。
夏の風物詩によいかな、と。

こうして時々食べ物の事をブログに書きますが、
実は私は料理をするのは好きではありません。
食べる事は好きです。
家庭に入るようになって以前より食事を作る率が圧倒的に増えました。
慣れると好きになるかと期待してました。慣れが与える影響に期待。
でも・・・
以前よりは苦ではなくなりましたが、
やっぱり「好き」と「慣れ」は違~う!

人は詳しい物事に対し、心理的にその対象を嫌いになることは難しいそうです。
好きこそものの上手なれ、などといいますが
嫌いな物事には詳しくなる事が「好き」を引き寄せる裏技だそう。

女ですし一生食べる事にイヤでも関わるので
料理に関しては手を変え品を変え、
興味のある入口から心を盛り上げようと長年努力?しています。
身体に良い、
お気に入りのレストランで面白い食材を使った、
季節感を楽しむイベント事にしてみる、
友人と話題にして注目度をあげる、
などなど。
どれも好きな事だと勝手にモチベーションが上がるきっかけになるもの。
あえてやります。疑似恋愛的な?(意味が違う?)

それでも料理を「好き」になる日はまだまだ遠そう。
ほんとにやりたくてしょうがない日がくるのかな~。
私には来なそう(泣)

皆さんも気が進まないけどやらなきゃいけないことに・・・
お試しください~
好きになってないから参考にならん~!



NAMASTE
あゆ


theme : 美容・健康・アンチエイジング
genre : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー