2014-03-20

20140306convert_.jpg
札幌もやっと暖かくなってきましたね。
中央卸売市場の場外市場で、時々花を買います。
市場らしく荒削り?なお店ですが金額は花も市場価格。(のように思います)
すぐ話しかけてくるおばちゃん達に交じり
市場の雰囲気を楽しみながら掘り出し物を探せます。

3月も下旬に入り、年度がわりを迎えていますね。
皆さんも出会いや別れの季節でしょうか。

長く離れていた学校生活ですが、子供を通して追体験をしています。
仲の良いお友達が離れてしまうのは
小さな子供にとっても共に過ごす親にとっても切ないものです。
ほんの5歳の子供でも
渡したプレゼントをその場では見ない、なんて言う。
見ると泣いてしまうから。

永遠の別れでなくとも
なにげなく会っていた日々が終わるのはとても寂しい
日常にまみれている時は、案外噛みしめることができないのだけれども。

お互いの人生がそれぞれの方向に流れている中で
顔を合わせて過ごす時間があった、ただその事自体が愛おしい
それを感慨深く思うようになったのは
出会いそのものが無限ではないことを感じるようになってきたからだと思います。

全ての事象が変わりゆくものだと理解することができれば
泣いて笑ってケンカして。どんな日常も愛おしいもの


先日、
北海道の情報誌「HO」にヨガクラスの取材を受けました。
3月25日発売号に掲載予定です。
よかったら見てみてくださいね。


NAMASTE
あゆ


スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2014-03-06

028_convert_20140306201345.jpg
以前友人が、
「野菜の直売所に行く時はできるだけ、有機ですか?無農薬ですか?と聞くようにしてるの」
と言っていました。
うーん、気持ちはわかるけど、私だったら聞けないな。
表記がなければ大抵違うからなぁ、と思いながら
どうして?と聞きました。

すると
「多分違うのはわかってる。
だからこそ顔の見える場で、直接消費者の意識を伝えるのは大事だから。」
とのお返事。
なるほど。

普段私は、気が小さいので、
要望がそぐわないと感じた時は
敢えて表に出さない選択をしてしまいます。
なかなかそのやり方を変えられません。

とはいえ安泰(に感じる)パターンに意志のないまま陥るのは避けたいもの。
人はどうもできあがった楽なやり方を選びがちです。
歳をとってくるとなおさら。
最近人生がとてもやりやすく感じるのは、
付き合う人々や環境を月日をかけて整えてきたのと同時に
若い頃よりも、より波風を立てない平穏さ、「大人な」やりとりに甘んじているから。

心の平穏を得られるよう、環境や行動を整えるのは
ヨガをする人々にとって大切なテーマのひとつです。

でも時には意志を表して、波をおこすのもまた大事なことです。
震災からもうすぐ3年。
あるフランス人監督の映画の中で震災後の福島の取材があり、
子供を育てるお母さんの心に残るコメントがありました。
「大切な場でNOを言わずにいることは、YESと一緒にされてしまう。」

意見を主張できる友人は
時にコイツ面倒な奴だなぁ~と思う反面。
私に欠けている本質的な「何か」を教えてくれる大切な相手です。
皆さんも自分とは真逆だと感じる友人に意識を向けてみてね(笑)
今更ですが今年は、
やり過ごすことに甘んじる自分を少し変えていければと思います。
私にとってはとてもハードルが高いんだけれど。
本当の大人なやりとりを、ね。



NAMASTE
あゆ


theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー