2014-05-23

ritoruwan.jpg
白石区本郷通りにある絵本専門店「りとるわん」が閉店されることとなりました。
http://www.little-one.co.jp/shoptop.html
ヨガの生徒さんのお父様のお店。
札幌では数少ない、貴重な絵本専門店のひとつ。
閉店は新聞やテレビでも取り上げられ、惜しむ声が沢山よせられています。

絵本だけでなく少し大きい子向けの児童書や
親御さん向けの書籍なども扱われています。
靴を脱いであがる店内は、
子供の背丈にちょうどよいテーブルとイスがあり
ゆっくりと読みながら本を選べる心地よい空間。

以前も絵本についてブログで書いていますが
子供ができてあらためて絵本のファンになりました。
大人になってから読む絵本は
味わい深くて温かくて、
人生の真髄を教えてくれるような存在です。
そんな絵本の魅力を伝える本屋さんには
絵本作家の方々と同様に、
子供の未来や世界の未来を思う、言いようのない優しさを感じます。

先日りとるわんで私も数冊もとめました。その一部をご紹介。

tasha.jpg
19世紀の生活スタイルを貫いたターシャテューダーの本。
ターシャの本、は彼女の書いた絵本もありますが
その文化的で伝統的な生活を取り上げた本がたくさんあり、そちらも人気。
りとるわんでもターシャの本を多数扱われています。

hasegawa.jpg
北大出身の長谷川哲雄さんのやさしく繊細な昆虫図鑑。
図鑑といっても薄く見やすく、美しい「絵本」です。
長谷川さんの生き物への愛情が伝わってきます。
絵画的な美しさのある絵本たちは
日常から頭を切り替えてくれる、家の美術館になってくれます。

gama.jpg
巨匠アーノルド・ローベルのかえるくん&がまくんシリーズを一冊。
彼の本で一番有名なのは「ふたりはともだち」でしょうか。
時にわがままも苛立ちもそのままに、二人の友情を描くお話。
そのどのストーリーにも、生きる事の素晴らしさが息づいています。
今でも何度も読んでしまいます。

りとるわんでは5月24日・25日に
絵本の読みがたりなどのさよならライヴも開催されるようです。金額は無料。
また、在庫一掃応援キャンペーンもされています。
よろしければ訪れてみてくださいね~。


NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト
2014-05-21

0521.jpg
随分暖かくなり、冬越えの草花たちの緑がまぶしくなってきました。
庭にナメクジが発生し始め、活動的な季節の訪れを感じます。

数年前から、トゥルシーがナメクジにやられて全滅する現象が。
トゥルシーエリアと決めていた場所が少しじめじめしており、
ふたばが出た途端に食べられてしまうのです。
最初は出たふたばが、ナゼ無くなったかわかりませんでした。
ある日ちょうどかぶりついているナメクジを発見。
慌ててよけましたがダメです。目を離しているスキに全て食べられちゃう。
とても美味しいんだなと思います。

対策に果菜エリアに種を蒔く事にしました。
日当たりがよいのでナメクジが来ないらしく、こちらは大成功。
今年もそうする予定です。
トゥルシーは夏場朝に、まず摘んで食べる習慣のひとつ。
成長し葉が沢山採れるようになったらジュースに入れます。
夏場は畑で葉物が採れるので、ジュースの内容が変わります。

毎年5月の3、4週目が苗の植え時。
というか苗を買うお店の販売がこの辺り。
北海道神宮でも年に一度苗市をしていて、今年は次の週末です。
苗を買うのに決まった何軒かをはしごしますが、毎年神宮もチェックします。
ご近所のおばあちゃんのお薦め神宮苗市。
よろしければ覗いてみて下さい。

土のスタンバイはOK。
さらさらすぎたうちの土に、雪の降る前から色々と鋤き込んでいました。
今年は少しでもふかふかになっているといいのだけれど。

意識的に植える種もあれば気づかずに根付くものも沢山あります。
心と同じです。
見た目にはまっさらな土にも既に、無意識な種が植わっているでしょう。
今年はどんな畑になるだろうか。
計画外の植物たちの様子が楽しみなのは
ヨガ目線だからだと思います。


NAMASTE
あゆ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

2014-05-13

pancake.jpg
札幌も桜の開花が早まり、一気に咲き、ほぼ終わりですね~。
うちの庭の早い花達も咲き出しました。
茶色い庭で見せる素朴な顔ぶれもまたとても可愛い。

パンケーキブーム、はすでに一昔前の言葉のようですが、
札幌のパンケーキ屋はどこも大人気?あちこち混んでいますね。
先日人気店のひとつに行ってきました。
話題性があるので何人かの友人とトライしてる店、数件。
本気で並ばないせいもありますが、
どこもふられ続けていて、やっと一件実を結び(?)ました。

おつきあいは相手にあわせて、がモットーですが
生地に甘みがしっかり。そこが人気店の大事なポイントなんでしょうけど
パンケーキ、ちょっと重すぎました。
あわせきれなくなったのは単に歳かもしれません。

とはいえ、
柔らかくてまるくてふわふわ。
私はその見た目にあまり感動できなくなったけれど、
味だけでなく、明らかに食べる人達の気持ちをほころばせていました。
とくに女子のね~。

素っ気ない噛み応えのあるパンケーキを家で作っていた自分。
夢の食べ物パンケーキ。のはずが、うちでは栄養摂取の目のほころばないお菓子。
パンケーキだよ、と言っても誰も喜びません(泣)
普段華やかなお菓子を与えないのだから
パンケーキくらい、ふわふわさや可愛さを足してあげてもよいのではないか?
「柔らかいもの」はそれだけで、人を癒す力があるそうです。
心の柔らかさがどうとか言ってるくらいなら
おやつに色気を足すくらいの心のやわらかさ、持ちたいですよねぇ(苦笑)
ちょっと反省です。


NAMASTE
あゆ




プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー