2014-09-28

先日、ママ友にヨガを教えていた時のこと。
「あと少しでキープが終わると思ってたのに、それより長かったから
 逆側やる気なくなっちゃった~」と言われてしまいました。ごめんごめん。
何気ないおしゃべりでしたけど、これはとても大切なポイントで。

ここまでだったら頑張れる!所を
意識できるのはとても素晴らしいこと。

大きな目標や目的を持ち
奮起一発頑張ろう!という気持ちは大切ですが。
実際にはそこに向かって歩いている時に起こるのは。
もっと細かい小さな変化や動き

漠然とした目標がいつでも高いモチベーションを保ってくれるわけではありません。
日々の歩みの中では
今はここまで、これくらい、を推し量っていく
足元を見てちょうどよい加減を見ていることが大切です。

以前、表目標と裏目標の話をしたことがありますが
今回は長い目標と目の前の目標、といったところ。
長い目標だけ見つめて大幅で歩き続けていては、スタミナも気持ちも切れてしまいます。

時には「ここまで」をもう一歩背伸びして
時には一息入れながら
今の自分にちょうどよい加減を見て取り込んでいく

ヨガも
熟達したヨギはその日に必要な練習量がわかる、なんていわれます
続けている(タパス)から
必要な練習量がわかる。
スヴァディヤーヤがなされます。

ちなみにタパスは小皿料理のことではありません。
スンマセンこんなオチで・・・。


NAMASTE
あゆ




スポンサーサイト
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー