2016-05-26

IMG_0925.jpg
すっかり札幌も暖かくなり散歩登山が今年も始まりました。
やる気満々の友人のおかげで月に数回のペースで引っ張ってってくれそうです。

またまた生徒さんの相談から。

「ヨガを教えた後、自分のダメだった所を探して落ち込む」
うーん。よくある相談です。

「先生」という名前の威力は大きくて
(先生なのに)できていない、(先生だから)できないとダメ、と
作り上げた先生像とのギャップについて悩む

先生でなくとも
ダメだった所を探し落ち込んだり、自分にダメ出しする方
いっぱいいらっしゃると思う。

作り上げた「私」像や理想は、時に大切なものですが
それはあくまで
進む方向を見せてくれる為のもの。

今日の自分がどうだったかを振り返りたいのであれば
作り上げた私像になったかどうか?を見るのでなく

① 手を抜いてやったのか?
② 自分なりの最善をつくしたのか?
その二つのどちらだったかを見て下さい。
自分なりの最善がpurna(プールナ)
わかる限りの全てをしていること

しつこく但し書きしますが
全てというのは、出力がMAXという意味ではありません。
状況に応じた自分の対処、行動が最善だったか、です。

人はいつもバーチャルな、そして時にぼんやりでしかない理想像と
そうなってない自分を比べて悩みます
でも私たちの見るべきところは
手を尽くしたかそうでないか。
自分にしかわかり得ない心の内

Icchaへの制限を取る、充足感に繋がるのはその一点だという事に気づいていくことです。

久々にアヌサラ目線で書いてみました。
最近の心の講義にからめて、補講です。


NAMASTE
あゆ

スポンサーサイト
2016-05-13

IMG_0782.jpg
数年前に、あるヨガの生徒さんが
熟年結婚(言い方合ってるのか?しかも本人に怒られそう)されました。
彼女曰く、
「私たちは出会ったのが遅すぎるから、ケンカなんかしてる時間がないの。
どれだけ人生の残りを一緒に楽しめるか、そればかり。」

ハーバード成人発達研究所の75年間に及ぶ調査から、
所長がされた幸せの条件に関する番組を最近見ました。
幸せを齎すものは、お金より名声より・・・
人間関係の幸福度が大きく関わっているとのこと。

楽しさや刺激をくれる人
知らないことを教えてくれる人
物理的に支えとなる人
心の支えになる人
いざという時に支えになってくれる人。
例えばこれらの要素を含む
信頼できる近しい人間関係の事だそうです。

若い頃は自分にとって何が必要か見極めるためにも、
沢山の物事を見るのも大切でしょう。
そこにはやらなければならない義務的な事が含まれたり、
むしろその割合が高かったりしますよね。

人によっては、
大人になってもそれは続くようにも思われますが
価値観やものの見方の変動の、
振れ幅のデカい20歳からの10年・20年・30年で
どんな意識で生きていくかで大きく変えていくことができる。
もちろんその後でもですが。

選択の自由を手に入れながらも社会性や義務とどう繋がっていくか
培われる人との関わりの、一体何を大切にしていくのか

所長が引用されたマークトゥエインの言葉を載せて閉めたいと思います。

「人生は実に儚いものだ。
 争いや謝罪、嫉妬、責任追及などしている時間はない。
 あるのは愛するための時間だけ。それもわずかな時間だけだ」

ヨギの皆さんは争い、謝罪、責任追及の対象を、
自分にも当てはめてね~


NAMASTE
あゆ
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー