2017-04-17

IMG_2071_convert_20170417135722.jpg
先日、メダカが一匹亡くなりました。
ブログでも取り上げたことのある、
たくさんの卵を産んでくれたお母さんです。

どんなに小さい友達でも、
弱っていく姿を見ているのはいつも心苦しくなります。
うまく浮けなくなって3週間。
頑張って餌を食べていました。
朝起きたら、浮けない体で石の上で静かになっていました。
子供と一緒に、庭の花の根元にうめました。

弱る様子を日々見るのはつらく、
でも小さい動物ほど手の施しようがなく。
本当に見守る事しかできません。

私の師匠のひとりが、
「苦しみも人生の一部。
見ないことにしたら、半分しか生きてないことになる」
と言います。

実家の猫が亡くなった時
泣きながら母が言ったのは
「たくさん楽しませてくれたねえ、ありがとう」

楽しみや喜びを共にすればするほど
別れはつらく悲しいですが
辛さも楽しさに含まれる一部。
両方の面を同じように受け入れるのは
感情的には難しく、時間がかかることだけれども。
できる事は
どんな場面であっても究極には、
そばにいて見守る事です。
たとえそれが、自分自身に対してであっても。

新しい命を受け入れ、
生きることへのフォーカスが
高まる日々のため・・・
重たい内容となりました(汗)


NAMASTE
あゆ


スポンサーサイト
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー