2011-03-21

目的と手段

ヨガをするのって、女性が多いですよね。
日本だけでなくそれは欧米やヨーロッパも同じです。
少し前のデータですが、世界的なヨガの男女比率は女性が7割だと言われていました。
美容への意識からヨガをする人が多いというのがひとつの理由だと思います。

美容への意識。
精神論でいうとヨガは外見への意識については
強くなる事とは逆のベクトルが働くようになるのですが、
自分へ意識を向ける行為、という大枠では美容もヨガに似た一面があると思います。

体にいいと聞いた食べ物を試したり、新たな美容法を試したり。
その中にヨガがある時もあるでしょう。
最終的な目的はやっている事そのものではなく、
気持ちよく、心穏やかに過ごす自分をプロデュースする過程を楽しんでいる。
よい方向に進んでいる実感を楽しんでいる。
だから過ぎ去る○○法も、たくさんある。
けど、また新たな○○法に、思わず目がいっちゃう(笑)

あくまでヨガも手段なんです。
ヨガをしていることが目的ではない。
ヨガのもつ壮大で終わりのない追及に焦点を当てた時。
ヨガしてる、が目的にすり替わってしまうことがあります。
たとえ本来の目的、悟りに達するためであっても
やはりヨガは手段です。

自分に引き合わせて融合させていく、
よい自分へ向かうための手段。

よい自分へ向かう旅は一生続きます。
ヨガをその旅のお供にする。
そう思うとヨガとの向き合いは、よい友との長い付き合いのように感じられます。
人生の良い時も悪い時も。
時には助けられ、時には楽しんで。
あせらずゆっくりと、ヨガと向き合っていきましょう。



NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー