--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-29

部分をみること、全体をみること

少し前に来札したアヌサリアンの話を何度か書きましたが、
彼に感心した理由をもう少し掘り下げたいと思います。
本人はもうオレの話はいいよ、と思っているところでしょう。

その方は東京の総合病院にお勤めの、とてもキャリアのある医師の方です。
検証立証が必要な西洋医学の世界では、
伝統医学や民間療法などがもつある意味「不確かな」面を認めずらく、
自身が実感したヨガの良さ・効果について、周囲の理解を得難い経験があった事と思います。

私が働いていた業界は医学界ではないですが、
「からだによい」「効く」などの表現をとりあげる事に慎重になる業界でしたので、
ヨガを療法的な側面から見つめる際には考えさせられる事が多々あり、
彼の心中を察すると同時に、どのように内側で棲み分けされているかがとても興味のある所でした。

伝統医学や民間療法などには
確かに立証されていない、根拠のない迷信が含まれていることがあります。
ヨガの世界でも独特の概念が沢山あり、
これらを「生身の」私たちが考え方を咀嚼して融合していくには、
そして伝えていくことには、
慎重になるべき面もあるのではと思わされます。

こういった話の延長上にある事を
本当はもっといろいろお話したいのですが
説明がデリケイトで私の語彙力では難しく、
私の中で、ブログではとりあげにくいジャンルになっています。
(話がそれましたが)

立証の世界で生きてこられた方が、
その発想や考え方を一度横において、
時に受け入れがたいヨガの独創的な発想を享受する。
日本でも
西洋医学に代替医療などを融合させた統合医療の考え方を取り入れる医師の方が
増えているとは伺います。
とはいえ、実際に医学の現場の先端を行く方と
アヌサラヨガの実践やその良さについて直接お話をできたことは
期待と感動に近い感情を受けました。

対処的なアプローチとホリスティックに予防を考えるアプローチ。
日々健やかに生きる中で、先人たちの智慧をその両方から頂いています。
時々その見つめ方を内側で整理しながら、
どちらともより善く、付き合っていきたいものです。



NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。