2011-08-25

ソックモンキー

ソックモンキー

サルを作っています。
(サルに見えない?!)

東京のヨガ友の呼びかけで、ちくちく夜なべをしています。
靴下でサルを作り、3月の震災で被災した方々へ贈るというものです。
その友人は親族の介護でなかなか自由な時間が取れない中、
何かできることはないかと始めた活動です。
今、東京で何人かのヨガ友が生徒さんや教えているスタジオで声をかけて
何弾かに分けて誰かしらが被災地に届けています。

私も現地へ行くことはできない身のひとりです。
いくつかの形で被災した方々へのお手伝いをしていますが
手をかけた何かを贈るというのはこの声かけが初めてです。

裁縫が好きで得意!という訳ではないので、
いつ頃までにいくつできるか・・・と懸念していた私に、
友人がこんな一言を。
「これは現地で直接お手伝いしたくても身辺の事情でできない人にとっての
セラピーだと思っているから。無理しないでやってね。」

ああ、そうだね、そのとおり。
誰かの為に何かをしようという、その気持ちを持った時。
自分の心が癒されている。

誰かの為にと思いながら割かれる時間には、
特別な想いが宿ります。
温かい気持ち、そして時に祈りに似た想い。

子供が重い病気で入院していた時期がありました。
その病棟は重病の子供たちが集まる場所。
子供の死亡率が世界で最も低い日本で
生まれて間もない子供たちが命を繋ぐことに必死になっている。
その空間から受け取ったものは数知れません。
周りの子供たちのベッドの横には沢山の千羽鶴。
いつも思い出す、ある千羽鶴のお母さんのメッセージがあります。
「絶対に元気になる、信じてる」
鶴を折った事のある方には経験があると思いますが、
一羽一羽折る手に、祈りの愛がこめられていきますよね。

自分が困った時、つらかった時に
助けてくれた、温かい言葉をくれた人々のことを思い出せば。
誰かの為に何かをすることは、
今それができる自分がいることへの感謝の表れです。
「無理しないでやってね」と言った友人は、サル作りもヨガと言った。
うん、そのとおりです。

いつものごとく締めがカタイ表現になりましたが・・・。

本当は社会的な事に関わる想いや活動についてブログでは控えていますが
感謝や祈りにヨガの精神があること
うまく書けませんでしたが書きたくて載せました。
なので先にいうと、活動を呼び掛けるものではないですが
靴下おサル作りはフリーハンドで上手さに関係なくできるものです。
興味があり賛同頂ける方がいましたら・・・共に送りましょう~。




NAMASTE
あゆ

スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー