2012-01-24

アディカラをコミュニケーションに生かす

札幌に戻って来てかねてから、お会いして話を聞いてみたい方がいました。
残念ながら(?)ヨガの方ではないのですが。
あるお店を経営している会社の副社長なのですが
先日、その会社の方とゆっくりお話できる機会があり。
ついに恥ずかしくも彼女のファンだと気持ちを伝えてしまいました。

その方の、模索や苦労、経営上の信念などを社員の方の目線でお話頂き、
やはり一度お会いしてみたいと思った次第です。

実は以前より、今年もしくは来年あたりに
数年来の思いを直接アプローチしようと思っていました。
まだ叶うかわかりませんが、ご本人と直接お話して考察を深めたいと思っています。
やってもいないのにブログに書くのは微妙なのですが。フライングです。
彼女は多分ヨギではないのですが、とてもタントラ哲学的な発想を持った方で
自身の分野で疑問と熟考を重ねるその姿勢には学ぶべき点が沢山あります。

その方は十代の頃からついた師匠の道を数十年実践した後、
結局は別の結論を出されました。

そんな彼女が師匠についてこう述べています。
「現在は環境も変わり、新しい時代に即応した在り方が必要になってきています。
師は誰よりも固定観念を嫌う人でしたので、今の時代にご存命では、
おそらく同じ事(彼女が選ばなかった師の教え)はやっておられないと思います。」

学ぶ姿勢とは。
すばらしいアディカラ(生徒としての資質)です。
師への敬いは、相手の技術を見るのではなくその方の本質へ向ける愛にあります。

どのような関係も同じことが言えます。
親類、恋人、友人、師弟、同僚、
表面に現れている物理的な事を重要視すると、
つきあいも物理的な変化と共に玉虫色に変化します。
環境やライフスタイルが変われば途切れる関係もある。
皆さんも経験があると思います。

相手を敬い、内側の本質を見ようとすると
そこには愛が存在します。
すべての関係にそれぞれの形の愛があります。
その自発的な鍛錬は
ヨガの哲学を学ぶ中でもなされていきます。



NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー