2012-03-19

袖触れ合うも・・・

会社勤めをしていた頃(はたまた学生の頃からか)、
知らない人に話しかけられる事はほとんどなかった私。
友人など曰く、「話かけにくいタイプ」。
・・・って、それは何だ???と思いながら、
結構コンプレックスでした。

子供ができて連れて歩くようになり。
なんともまぁ、見知らぬ人々とのコミュニケーションが増えたことか。

子供が可愛いと言って話かけてくるのは
たいてい子育てが落ち着いた頃のお母様かおばあさま。
プレゼント(?)もよくもらいます。
その場で買ってくれるジュースやお菓子。
以前子供の肌の調子が悪かった時、隣に居合わせた女性は
「今車からとってもいい石鹸持ってくるから!!」といって走り去り。
買わされるのか?とポカ~ンと待っていたら、
「今まで使った中で一番良かったから!!」と手渡し、
さっさといなくなるというご厚意。
(あとでネットで調べたら高価なものでした。ありがとうございました)
その他もろもろ。

また、ベビーカーで街中を行くと、ドアを開けたり階段で持ち運んでくれたり
「手を貸す」というご好意をよく頂くのですが、
こちらの場合はとてもオモシロイ。男性ばかり。
10代?と思われる席もゆずらなそうな(←失礼!)ビジュアル系男子からおじさんまで、
視界のギリギリで気付いたこちらにさっと手を貸すその様は、正直驚きます。
以前東京からヨガ友が遊びに来た際に一緒に街中をぶらぶらしたのですが
あまりに若者男子が手を貸してくれるので、
「札幌の男の子はすばらしい!」と札幌の株まで上げさせる始末。

旅先では知らない人とのコミュニケーションが醍醐味だったりしますけど、
日常、見知らぬ人とのやりとりに飢えてる(?)私としては、
行動の不自由さも相まって「袖触れ合うも他生の縁」の温かさを感じています。

そんなやりとりが案外ないのは、若い女性や若いママたち。
いや、よく考えたら私も以前そうだったように。
場の様子を互いに感じても言葉を交わさず、
心の中で勝手な思いがもんもんと渦巻きあう空間。
よくありますよね。
むしろそんな場面の方が圧倒的に多い。

でもふと、ちょっとしたやりとりがあるだけで、想像以上に心が温かくなったりする。
笑顔を作って向き合う行為は、
思わず起こった条件反射(笑)だとしても、やはり愛が行きかう空間なんですよね。

行動の前にいつも心があるのではなく、
心は時に、行動にひっぱられる。
はかなくすぎさるやりとりに、その興味深い感覚を実感できます。

相手の顔もすぐ忘れる些細なコミュニケーションは
どうしても必要なものではないかもしれないけれど
戸惑ったりお節介に思う事もあるかもしれないけど
世界に平和を齎すのでは、なんて本気で思ったりするのです。

「突然話しかけてくるおせっかいおばちゃん」をどんどんやろうと、
キャンペーン中です。



NAMASTE
あゆ

スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー