2012-03-29

時間ができると考える?

家の前のごみステーションの生ごみの日はカラスが多数集うのですが、
雪が溶け、少しずつ数が減っています。

実は私は鳥が苦手で。
どう苦手かというと、怖くて近づけない。
向こうも別に近づきたくないのはわかってはいるのですが。
大通公園を通る時は目を閉じ、一緒にいる人につかまって横断します。(ハト対策です)

以前円山動物園に子供と二人で行った時。
天気がよいので芝生でランチをしていたら、
カラスが何の物怖じもなく敷物の上に!
一瞬、二人と一羽のおだやかなランチ風景に?!
大騒ぎする私。ポカンとする娘。
カラスは子供を警戒することなく
私の様子を見ながら食べ物を取るスキを狙い続けていました。
動物園のカラスのベテラン具合にタジタジ。

カラスに蹴られたこともあるし。(これ結構経験ある方いますよね)
ある友人は誰かにポンっと肩を叩かれ、横を見たら
肩にカラスが乗っていた!・・・と私だったら失神ものの体験。
しかし一体ナゼ肩に乗ったの?!
もう、カラスには完敗です。

話は戻って、生ごみにカラスが集う光景は、
昨年、雪が降ってから多くなっていると気付きました。(うちの前の場合。)
夏場はそうでもない。
冬の方が餌を見つけずらいということでしょうか。

以前カラス(の行動?)を研究なさっている方がテレビの番組で
カラスは知能が高いとはいえ、「遊ぶ」という行為をするのは
都会のカラスだけだ、と言われていました。(真意はわかりませんが)
その方曰く、
都会のカラスの方が食べ物を得るのが容易だから、だとか。

ハッ・・・!それって・・・
ただただ生きる為に時間を費やしていたのが
文明の進歩によって、時間の使い方に余裕が生まれ。
余暇を楽しむようになってきて・・・ってまさに人間と一緒??

蛇口を開けたり滑り台を滑ったり
都会のカラスはここまで!と珍行動を取り上げたその番組。
時間ができると脳は他の事を考える余裕ができる?
同番組で、カラスの生物としての適応能力の高さを人間に比較して触れていました。
確かに、人間はその最たるもの。
知能によって環境を引き寄せ、地球各地に生息している。

都会のカラスの知能が発達し続け、
人間VSカラスの知能対決、全面戦争!が訪れたらどうしよう・・。私個人的には負けそう・・。
お互いのために、自然回帰な生き方をした方がいいかもしれません。




NAMASTE
あゆ


スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー