2008-05-17

すべてはバランス いいかげんのススメ

東京で汐留エリアで働いていたのですが、
大江戸線に乗るたびに、カレッタ汐留に行くたびにいつも気になる広告のコピーがありました。

「ゆっくりはスキ。おそいのはキライ。
あそぶのはスキ。あそばれるのはキライ。
ぜいたくはスキ。むだはキライ。」

うーん、そのとおり。たぶんみんな、そうですよね。

似たようなベクトルをもつ表現でも、ポジティブだったりネガティブだったり。
もちろん捉え方や中身の深さで言い方が変わることもありますが、
ゆっくりすぎると、遅くなっちゃう。
ぜいたくしすぎると、無駄になってしまう?
遊びすぎると、遊ばれちゃう・・・それはちょっと違うかもしれないけれど。
物事って、行き過ぎるとネガティブな内容に入れ替わってしまったりしますよね。

クラスで教えているアヌサラヨガで、
体の使い方についてある法則を見つけられます。
引くちからと、押すちから。
内旋させることと、外旋させること。
集めることと、解き放つこと。
ふたつの間逆のベクトルの間を、行ったり来たり。

はじめアヌサラヨガをした時に、相反するふたつのことを行うことに戸惑いました。
ちょうどいい間を、見つけることがなかなかできなくて。
そもそも止まっているようにみえるアーサナの中に、
行き来するいろいろなベクトルが存在することと、
その中にバランスをみつけること、そのものに、びっくりしました。

日本を代表する有名なヨギーのクラスで彼は、
「いいかげんとは、良い加減である」と言われました。
ヨガをしているとだんだんいいかげんになってくる。
でもそれは、良い加減をみつけるちからがついてくるんだ、と。

釈尊のはじめての説法といわれる初転法輪の中で、中道について説かれています。
二つの極端を離れ、心を偏らせないこと。
苦行と快楽の両極端を離れた、中道が正しい道であると説きました。
彼は幼少の恵まれた暮らしを経て、苦行を経て、
その両方から離れた時に悟りを開いたと言われています。

かたすぎず、ゆるすぎず。
ヨガもこころも、人生も。
シーソーの間を見つけるように。波に乗るように。
物事の両極をまず外側から見つめようとするだけでも、心に余裕が生まれます。


NAMASTE
あゆ


レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/
スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

そうですね。何事もバランスが大事なのかもしれないですね。いいかげんでなくて、いい加減をみつけること・・・
基本的にいいかげんな僕にはいい言葉です。(笑)
さぁ!明日からもいい加減を見つけられる生活をしなくちゃ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー