2013-03-24

先日ヨガをしていない友達に、よく利用する自然派のお店を紹介しました。
そこに行った彼女の感想は・・・

めちゃめちゃ(値段が)高いね!

ああ、そうか・・・と思いました。
長年見慣れてすっかり忘れてましたが、素材にこだわったものの割高感。

以前、北海道の調査で
有機農産物の認知度が9割を超えているのに対し、
有機JASマークの認知度が2割にとどまっているというものを目にしました。

これには実は・・・愕然としました。
選ばないだけで、皆わかっていると思っていたから。
有機という言葉が一般的になってきたと10年くらいかけて感じていました。
それでもマークを知らないという事は
選ぶ以前に、選ぶ気持ちまで至っていない事の表れです。

「有機」というキーワード以外にも
安全・安心を意識するには様々に段階があって
食品によってはハードルはどんどん上がり続けます。
ハードルが上がると値段も上がるし、入手も困難になります。

そうなると、これってヨガでも思うのですけど(笑)、
長く続けられない
意気消沈する
一部の物だけ(や一時)盛り上がって一極集中する、でも反動もデカイ
(良いものを摂る事と不節制の振り幅がデカく、プラマイでゼロにもっていこうとする)
・・・・この最後のは、例えていうならダイエットなどでもよくある発想ですよね。
ダイエットフードなどで一時期強い節制をして、その後反動が出てリバウンドを起こす

健康や美容に良い事をしたいのは皆同じと思うのですが
一極集中とその反動、両方にお金を払っていたら、
それこそ値段が高い!笑

気持ちの勢いでハードルを一気にあげるのではなく
続けられる、日常にしていけることをやる
まずは
何かを足す発想よりも
何かをやめることだと思います

今更のようですが第一のバーは、食品添加物ではないでしょうか。
加工品の軽減。
コストを視点に自然派を考えていくならば
まず加工品を減らして食材から作る
味付けも添加物のない基本の調味料やスパイスで、
と考えていけば、大幅な割高ではないと思っています。
食事の野菜率が高いと買物カゴの重量が重くても、
金額はそんなに跳ね上がらないはずです。
そして添加物の摂取を減らすだけで
健康にも美容にも変化が現れると思います。

次に、もし化学肥料や農薬が気になるのであれば、
全ては無理でも残留農薬が多い食材から優先して有機にするとよいと思います。
葉物類、ねぎ、ブロッコリーやパセリ、セロリ、
夏野菜のトマトやピーマン、なす
など。
葉物の方が有機は割高感を感じるかもしれませんが・・・北海道は旬が短いですしね。
あと少し盲点なのはお茶。

逆に根菜類やお米は比較的安心できる方の食物です。
北海道は根菜の宝庫!
お米の品種改良も進み美味しくなってきています。
皆さんもここ10年くらいで道産米のイメージは随分変わったのではないでしょうか
(私は古い品種を食べることが多いのですが)

食の安全を考える事が地域活性につながっていきます
地元の食材を手にすることの安心感
道外の友人達にも「北海道産」のイメージはとても高い
今日の日本において、
これはとてつもなく幸せなことです。

人々の求めるものが世の中の方向をつくっていきます
何を重要視するか人生のコンセプトは、
ひとつひとつの選択に表われます
一人の力は小さい事はわかっています
でも結局できることは、日々の小さい選択の積み重ねです

やっぱりカタイ締めになってしまいました~
根底にTPPの交渉参加表明があるものですから・・・バレバレですね(汗)




NAMASTE
あゆ

スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー