2013-07-31

kiitigo_convert_.jpg
やっと木苺が全盛期を迎えました。今年はすごく遅いです。
実のなる地上の枝は毎年ザクザク切り落とすのですが、今年は特にハゲ坊主で少し心配していました。
が、収穫量は例年と変わらず。
むしろ実の大きさは今までになく大きいです。
地中の株が成熟してる、大きくなっているということなのでしょうか。
毎年の実の変化を見るのも楽しいものです。

私のあるヨガマットに、
とあるヨギに書かれた一言があります。
isvara pranidhana
(イシュワラ プラニダーナ)
そう、ヨガ・スートラにおけるニヤマのひとつです。

リトリートに参加し、その最後にいただいたもの。
どうしてそれを私に書いたか?とは聞きませんでしたが、
私が意識するべき心得として書かれたんだな~、と今でも思っています。

うーん、なぜなら、私もそう思う。自分にとって必要だと思うから。
沢山の質問をする私に彼は
「be patient!」とひとこと。
まぁ、質問に答えてくれる事もあったのですが。

忍耐が足りない、とはどういうことでしょうか。

なぜ、と疑問を持ち続ける事はとても大切です。
ただその答えはどのように求めるのでしょう
どうやってクリアにしていくのか

ヨガにおいては、
答えを求める先は時に自分自身だったりします。
なぜならヨガは体験するものだから。
答えを聞いちゃったら、ヨガでなくただのへえ~って話(笑)
体験して変容が起こって、はじめてヨガになる。

答えは、手を伸ばして得るものではなく
変容する時に体感して知っていくもの
テストがあって答えがある世界で育った私たちは
答えが何か、をとりあえず知りたくなってしまうものです。
そのクセがヨガの場においてもなかなか抜けないのです。

手を伸ばしすぎているという事は
isvara pranidhanaが足りないということ。
手出しが多い。変容を待つpatientが足りないのです。

isvara pranidhanaはテーマが深いので
ちょっとこれだけでは説明しきれないのですが・・・
近いうちクラスで、sraddhaとの関連から
もう少しわかりやすくフォーカスできればと思っています。


NAMASTE
あゆ

スポンサーサイト

theme : 美容・健康・アンチエイジング
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー