2014-05-23

ritoruwan.jpg
白石区本郷通りにある絵本専門店「りとるわん」が閉店されることとなりました。
http://www.little-one.co.jp/shoptop.html
ヨガの生徒さんのお父様のお店。
札幌では数少ない、貴重な絵本専門店のひとつ。
閉店は新聞やテレビでも取り上げられ、惜しむ声が沢山よせられています。

絵本だけでなく少し大きい子向けの児童書や
親御さん向けの書籍なども扱われています。
靴を脱いであがる店内は、
子供の背丈にちょうどよいテーブルとイスがあり
ゆっくりと読みながら本を選べる心地よい空間。

以前も絵本についてブログで書いていますが
子供ができてあらためて絵本のファンになりました。
大人になってから読む絵本は
味わい深くて温かくて、
人生の真髄を教えてくれるような存在です。
そんな絵本の魅力を伝える本屋さんには
絵本作家の方々と同様に、
子供の未来や世界の未来を思う、言いようのない優しさを感じます。

先日りとるわんで私も数冊もとめました。その一部をご紹介。

tasha.jpg
19世紀の生活スタイルを貫いたターシャテューダーの本。
ターシャの本、は彼女の書いた絵本もありますが
その文化的で伝統的な生活を取り上げた本がたくさんあり、そちらも人気。
りとるわんでもターシャの本を多数扱われています。

hasegawa.jpg
北大出身の長谷川哲雄さんのやさしく繊細な昆虫図鑑。
図鑑といっても薄く見やすく、美しい「絵本」です。
長谷川さんの生き物への愛情が伝わってきます。
絵画的な美しさのある絵本たちは
日常から頭を切り替えてくれる、家の美術館になってくれます。

gama.jpg
巨匠アーノルド・ローベルのかえるくん&がまくんシリーズを一冊。
彼の本で一番有名なのは「ふたりはともだち」でしょうか。
時にわがままも苛立ちもそのままに、二人の友情を描くお話。
そのどのストーリーにも、生きる事の素晴らしさが息づいています。
今でも何度も読んでしまいます。

りとるわんでは5月24日・25日に
絵本の読みがたりなどのさよならライヴも開催されるようです。金額は無料。
また、在庫一掃応援キャンペーンもされています。
よろしければ訪れてみてくださいね~。


NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ありがとうございます。

ありがとうございますm(_ _)m
りとるわん
札幌市白石区本郷通6丁目南2の1
地下鉄東西線「南郷7丁目」1番出口徒歩5分
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー