2008-07-29

リアクション② ポジティブ篇

ある統計では、子供は一日に300回笑う、と言われるそうです。
300回!?
聞くだけであり得ないと思っちゃいますね。
自分はどうでしょう。
大人になった今の自分。一日何回、声を出して笑っているかな?
今日、ゼロだった?
そんな日も正直、あるよね。

子供の方が感受性が豊か。よくそう表現されます。
喜怒哀楽を包み隠さず、計算なく表すやわらかさ。
確かに歳をとるにつれ、良くも悪くもなくなってくる一面です。

じゃあ、大人は感度が落ちてる???
そんなことはありません。
前回、涙の回で大人になると涙もろくなる話をしました。
子供の頃は、主に自分のことに感情が働くけれど、
大人になると、
人のこと、見ているもの、芸術など、
周りの要素に感銘を受けることができるようになります。

電車でおばあちゃんが隣に座った子供をニコニコ見つめていたり。
友達が結婚した時にご両親の涙にもらい泣きしたり。
忙しく都心で働いていると、緑に触れた時なんともいえない感激が訪れたり。
いつか自分が経験した、感覚、記憶、思い出。
いろいろなものが共鳴して、周りのできごとにも、幸せや喜びを感じられる。
感慨深さ、という表現は、子供の頃には使わない表現です。

おいしいものを食べたとき、おいしいのは何だろう?
その食べ物でしょうか。
同じトマトを食べても、人によっては「苦手」って思ったりする。
「別になんとも思わない」っていう人もいるかも。
でもある人は、トマトが大好きで、
「このトマトは特に、新鮮でとてもおいしい!」って幸せな気分になれる。

自分の感度・「リアクション」は、その人の経験がつくり出します。
経験を重ねれば重ねるほど、リアクションを起こすスイッチが、ふえてくる。
社会一般のはかりで決める、濃い薄いの経験値は関係ありません。

タントラ哲学を重んじるアヌサラヨガでは、
喜びは内側からくる、と表現します。
喜びの感度は、
意識すること、大切に感じることによって、広がりをつくることができる。
高める事ができる。
そしてそれは、喜びの源である真の自分とつながる鍵と言われます。

自分の毎日の出来事に、
内側からどんなリアクションが沸き起こるかは、自分次第。
楽しい、興味深い、面白い、美味しい、嬉しい。
ポジティブなリアクションを大切にしましょう。
味わって、感じる場面を増やして、どんどん広げていきましょう。


人生をいいリアクションで埋め尽くすことができるように。



NAMASTE
あゆ


レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/
スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー