2016-12-01


先日、お子さんがいる生徒さんが
「子供ができたせいかヨガのお蔭か、細かいことにこだわらなくなった」
と言われていました。
「あはは、そうね、子供かもしれないし、でもヨガのお蔭もあると思うよ」と私。
確かに、命のレベルのやり取りに引き戻される子育ては
大人の事情に配慮した「細かさ」から目線を変える事が起こります。

併せて彼女が言ったのは、
「でも・・・ヨガでは繊細さも高まるのでは・・・?」

面白いお話です。
ヨガがより微細に、繊細に物事を見る目線を与えてくれるのは確かです。
それはアーサナを通して自分を見つめることでも培われます。
食べ物や生活をシンプルにし、
本来の感度を様々な角度から高める事でもなされます。
そして、自分の心を見つめる心のヨガでも。

ただ、
繊細さと同時に起こりやすい性質は
制限、分ける心、そこから生じる怒り、などなど。
もしその方向に心が働くようになるのであれば、
ヨガの目的から大きく道が逸れることになります。

繊細さが高まることと同じくらい、
大切なのは寛容さ、おおらかさ。
技法のヨガでも培うことはできるのですが、
法則ややり方、ルールに意識がとらわれてすぎてしまうと
真逆ともいえるこの要素、うまく取り込まれない事がよく起こる。

座学を開催する大きな理由は、
寛容さ、おおらかさ、信じる心
私達にもともと備わった根底に流れるその性質を
もっと広げて内側を軽くするため。

物事を見据えるマインドはクリアで
尚且つハートはあたたかい
座学で毎回言いますが、
ヨガで目指している場所はその両方

12月11日、次回の座学があります。
もうご案内は済んでいるつもりですが
もし行き届いていない方がいらっしゃいましたら、ご連絡くださいね。
また人数が多いですが、
影響を受けず自分に深く入れる時間ができればと切に願います。
久々の開催、楽しみにしています。


NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー