2017-06-14

出始めの桔梗の葉先に雨水がたまり、ダイアモンドでてきた花のよう。
毎年ほんの一時期だけ見れるかわいい楽しみです。

以前、インタビュー番組に作家の羽田圭介さんが出ていて、そのなめらかな表現力・語彙力に感動しました。さすが作家さん!

ヨガの先生として
言葉の持つ力と、その制限の
両方を意識するようになり
ジャンル問わず表現が豊かな方によく感動します。
心は目には見えない
多彩なグラデーションをもつもの。
言葉の表現の豊かさは想いを浮き上がらせるのに、ある程度まではとても助けになるからです。

ヨガをしているとアヒムサーの精神の働きかけか、想いをカッコよくキレイに表現しようとしてしまいますが
あからさまに、隠さずにいること。
心を見つめるにはまず心に正直なのが必要だから。

しかしそれでいて、
嫌悪や憎悪を増幅させない。
頭の中の声はマントラとなり
繰り返すようであれば自分に染み付く事を忘れてはいけません。

この二つのバランスが大切です。

感情は
誇張することなく、抑えつけもせずに
正直に浮き上がらせる
ネガティブな表現すらも
愛情を持って


NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー