2017-06-28

前回心を言葉で表す時の注意点がテーマでしたが、
ネガティブさを含んだ表現に気をつける理由をもう少し。

頭の中で何度も繰り返される言葉たちはマントラのように染み付いてくる存在。
反復されるようであれば、そのままドヴェーシャ(憎悪)を増幅させる行為となります。ラーガ(執着)であっても同じ。

よく心のヨガにおいて、「見つめるだけの存在に徹すること」と言われますが
私の師匠の一人が、そこにとても慎重な意識を持つように言います。
「本当に、見つめるだけに徹したかい?
本当に手を加えてはいないかい?」

まわりが騒がしい時、
忙しい時、
感情が大きく揺らぐ事があった時、
見つめるだけに徹するのは難しくなる。

だから日々の練習があります。
集中の環境を整えて
見つめるだけになりやすい時間を作る
そして
マットの外に出ても見つめることに戻れる自分を作る

今週末からレギュラークラスが一部復活します。少しだけですが皆に会える日ができて楽しみ。
皆さんの忙しい毎日の中に
練習の時間を少しでも増やすきっかけとなれば嬉しいです。


NAMASTE
あゆ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー