2008-09-29

流れを感じ、身を委ねる anusara

先日、時間つぶしに喫茶店に入った時、
東京のヨギにばったり会いました。
「まさかなぁ・・」と思いましたが、よくよく考えてみると、
この時期に年に一度来札すると言っていたことを思い出し、やっぱり!!と。
お互いにその時に連絡し合おうって言っていながら、していなかったのですが(笑)

「連絡してなかったけど、ちゃんと会うことになっていたんだよ」なんて彼は言いながら、
滞在中の夕食の約束をしました。
私がその喫茶店に入ったのもルーチンの事ではなく、本当の偶然。
しかもその日の予定は30分押していたので、もし当日のスケジュールの狂いがなければ
会えなかった。そんなタイミングでした。

本当にヨガの偶然には、頭が下がります。
長く連絡をとっていないヨギの事をふと思い出している時に、ちょうど連絡が入ったり。
その逆もよくあります。

ヨガの場面ではよく、
「本当に必要なものは必要な時に向こうからやってくる」
などと言われることがあります。
ヨガを始めるまでは、全く思えない発想でした。
自分の意思を行動に移す時、
タイミングが合わなかったり叶わないと、単純に、とても残念に思っていた。
でも今は、気持ちが動いたとしても様々な理由で立ち行かない時は、
「今はその時期ではないんだなぁ」と受け入れるようになりました。

時を経るにつれ、沢山の人々との出会いが循環するようになった今。
一生大切にしたい、偶然とは思えない縁をいくつも持つようになり、
人生とは自分で選んできただけではなく、
大きな流れの中にあると思わざるを得なくなってきています。
大きな出会い、小さな出会い、くされ縁、
初めは印象のなかった出会いが一生付き合っていきたい大切な仲間になったり。
すぐに過ぎ行く出会いも沢山ある中、
どういう訳か長く続く縁や、強烈な出会いに
みなさんもいろいろな想いを抱くことと思います。

アヌサラヨガのアヌサラというサンスクリット語は、
「流れに身を任せる」という意味を含む語です。
身に起こった出来事を、人生の流れの中の一部と受け入れる大きな心。
向き合いながら身を委ねるたくましさと柔らかさ。
良い時は、愛おしく思い大切にすること、
悪い時は、今の自分に必要なのだと、受け入れるキャパシティを育んで。

物事を渦中で感じるのではなく、流れを見ようとする事が、
心に余裕と、自分を見つめなおすチャンスをくれます。


NAMASTE
あゆ


レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/

スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

この前はありがとう!
どうやってお返事していいかわからず?ここで。
アヌサラの体の使い方、浸透していくと普段の生活にも応用できるようになります。タイミングが合えばまたぜひ~!
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー