2008-10-07

Santosha サントーシャ 知足

前回登場した(?笑)私の師匠のひとりである東京のヨギと、
久々にゆっくり話をしていた時、彼がこんな話を。
「あゆみちゃん、努力の反対は何だと思う?」
なんでしょう?
一般的に、辞書には努力の反意語は載ってないかもしれませんね。
私もふーむと考えました。

ありのまま?怠惰?そんな言葉たちが浮かんできました。
前回のクラスでこのお話をしたら、生徒さんも同じように受け取られていました。

彼の言う努力の反対は、「感謝」。
うーん、とてもヨガ的です。
努力というと、比較的ポジティブな意味を含みますね。
努力する、頑張る、一生懸命。
高度成長期を経た日本経済にもかかせなかった、国民気質(なんか固い表現ですね笑)
私たちの親世代にも美徳として、
現代でも社会を生き抜く術として、大切にされる要素と思われます。
でも少し切り口を変えてみましょう。
努力しなくちゃ、と今以上の「何か」を求める気持ちは、
今の自分を「足りない」と思う心が生み出します。
例えば、努力しようという気持ちばかりが強すぎた時に、
バランスをとる大切な要素。
それが感謝だと彼は言います。

東京時代、瞑想の為のサグナマントラを頂くイニシエーションを、
あるスワミジから受けました。
ヨガを続ける上で大切な精神は何か、と彼に尋ねたら、
彼はこのように言われました。
「何も持っていないふりをしてはいけないよ」

私たちは幼少の頃から、
何かを得る為にエネルギーを注ぐことに、あまりにも慣れてしまっています。
「あるものに気付く」感謝の心の大切さは、
大人にならないとなかなか実感できないかもしれませんね。
大人である私たちだって、気付けなかったり、忘れてしまうこともあるでしょう。
まさに、パタンジャリの八支則、ニヤマのひとつであるサントーシャの精神。
足るを、知る事。
時には、
心を楽にしてくれる大きなきっかけになるかもしれません。


NAMASTE
あゆ


レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/

スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー