2009-01-26

恐れに気付く オバマ氏就任演説

久々に、時事ネタからいきますか。
先日アメリカのオバマ大統領の就任演説が行われましたね。
ブッシュ大統領就任の時よりも、明らかにマスコミの露出度が高い気がします。
演説、上手でしたねー。
たとえスピーチライターがいたとしても、
挙国一致を思わせる、全方面を網羅する巧みな表現。
外交においても、政治においても、国民に対しても。

さてさて、その就任演説に、
フランクリン・ルーズベルトの演説を想起させる内容が盛り込まれていました。
ルーズベルト自身には、私もそうですが様々な意見があると思いますが、
大恐慌下でなされた彼の演説には名言があります。

「我々が恐れるべき唯一のものは、“恐れ”そのものである」
今日のテーマは、恐怖心です。

恐怖は、防衛する気持ちを生み出します。
恐れが生んだ防衛本能は命だけでなく、
いろんなものを護ろうとはたらきます。
地位や名誉。自分のイメージ、プライド。
そして、今手に入っているものたちを失う恐怖。
例えば、豊かさや繁栄。

大きくは戦争を生みます。
攻められない為に、巨額な国防費を掛けて武装します。
攻められてもいないのに、
想定される危険から、豊かさを失う恐怖心から、自国を護ろうと攻める気持ちが働きます。

その元になる小さくは、私たちの日常にも沢山あります。

誰かを責める気持ちを、見つめてみて。
周りを悪く言う事で自分を楽にしたり。
悪く言われると、その内容を判断することはさておき、反論したり相手のことを悪く言い返したり。
そこに自分を護ろうとする恐怖心が隠れていませんか?

思わずついてしまったウソ。悪気はなくっても、
ありのままではがっかりされるという恐怖心、
悪い結果を恐れる恐怖心などが隠れていませんか?

自分は何を恐れているのだろう?
自分は何を護っているのだろう?

ネガティブな気持ちや行動の源には、恐れが隠れている事が多々あります。
自分を苦しめる嫌な気持ちがあったり、
虚勢する自分を感じたら。
何かに対する恐れがないか、探ってみて下さい。

その恐怖は本当に必要なのだろうか?
本当に護っていることになるんだろうか?

心の中に潜む恐れに気付くことが、
自分を護るようで縛っている、心のしこりを砕く鍵になるかもしれません。


NAMASTE
あゆ


レギュラークラスはこちら。アヌサラヨガをしています。
札幌大通駅徒歩3分、木曜の夜19:00からです。
http://www15.ocn.ne.jp/~shala/
スポンサーサイト

theme : 美容・健康・アンチエイジング
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

あゆみさん
素敵なメッセージをありがとう。
私もあのスピーチを見て、「恐怖」という言葉がとても印象に残っていました。
そしてこのBLOGを読んで、しばらくモヤモヤしていた自分自身の心の問題が、楽になりましたよe-68

私の敬愛する心の師
映画「スターウォーズ」の中のヨーダの言葉を思い出しました。
 『恐れはダークサイドへの道
 恐怖は怒りへ、怒りは憎しみへ・・・
 そして憎しみは苦しみとなる』

No title

美音さん

こんにちは~コメントありがとうです!
恐れは沢山の感情の源にいることが多いですので、自分の感情の源が判らない時、何かを失う怖さがないか、探ってみるのもいいかもしれませんね。物だけでなく、信頼や繫がり、社会的な複雑な感情にも細かく潜んでいます。
それにしてもヨーダ、とても哲学的なんですね。スターウォーズ一応全部見ましたが、全く覚えていません(笑)今度見直してみますね!
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー