2009-02-25

妊娠とヨガ 骨盤まわりを鍛える大切さ

前回に引き続いた内容で、
妊娠中の腰周りの強さの大切さについて触れたいと思います。
「筋肉は心強いサポーター」の回と前回と、続けてみるとわかりやすいかもしれません。

農作業や車をあまり使わなかった時代と比べ、現代人は運動不足。
妊娠時の骨盤を緩める体の変化が逆に働きすぎて、
切迫流産などのリスクを高めると考えられています。

妊娠すると女性は、
ホルモンのバランスが大きく変わり、体の状態は様々に変化します。
エストロゲンは通常期の100倍とも。
リラクシンという妊娠期に高まる特別なホルモンを始め、
よく取り上げられるだけでも6~7種のホルモンが妊娠によって活発になります。

そのうちのいくつかは靭帯や筋肉、子宮を弛緩させるために働きます。
10ケ月かけて、赤ちゃんが出る為に体を徐々に緩めていくのですが、
一説に現代人の運動不足の体では骨盤が緩みすぎる事があるのです。

前回取り上げたように、
骨盤周辺の靭帯や筋肉の力が弱いと、下垂がおきて骨盤の中が混む可能性があります。
妊娠中はふだんの体プラス、
鶏卵サイズだった子宮に、胎盤・羊水・胎児が入ってどんどん大きくなる。
骨盤内はもちろん、胃や肺なども上に押し上げながら、内臓を圧迫します。
普段下垂のない方でも妊娠中は、
大きくなった子宮+出てくるための緩める準備 と、
ダブルで状況悪化しやすい(笑)
腰痛や下半身のむくみ、便秘などの症状にも関わってきます。
また、重みと支えの弱さで子宮の出口である子宮頸官が短くなり、
切迫早産が起きやすくなる、というのです。

しかし筋肉・特に靭帯は短期間で強化することはできません。
まして妊娠が発覚してからは、
急激に強める運動は逆にリスクを高めることがありますから、
お薦めできなくなります。

マタニティヨガというと、リラックスや心のサポート、
緊張してしまう筋肉を緩める効果というイメージが強いかもしれません。
しかし現代に生きる女性にとっては、
マタニティヨガは妊娠前から始まっていると
妊娠した今、とても実感している事のひとつです。

強さを含む柔らかさ=しなやかさをつくるのに、
ヨガは素晴らしい効果を発揮します。
女性は人生の中でからだが様々に変化しますね。
どんな変化にも対応できるからだづくり。
意識せずとも、ヨガを続けることがバランスを生み出す力を自然と育んでくれてるのです。

今回も説明的な内容で、ちょっと重たかったですね。
読んでくれてありがとう!

NAMASTE 
あゆ


現在子育て準備の為、レギュラークラスはお休みです。
その他の活動の可能性はあります。
質問・ご感想などはお気軽にどうぞ。
スポンサーサイト

theme : 美容・健康・アンチエイジング
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

メールありがとうございます。
私も一昨年の10月に札幌にきて、実は北海道のヨガスタジオや先生に
あまり詳しくないのです。
ごめんなさい・・・・。
代々木のUTL主催のティーチャートレーニング講座の開催が今年もあるかもしれませんので、
もしありましたらこのブログでお知らせします。
興味がございましたら時々ご覧になってみてくださいね。
過去のものについてはブログ内かもしくは、代々木のアンダー・ザ・ライト ヨガスクールのHPで講座内容などは確認できます。
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー