2009-09-28

決めるのをやめる タントラ哲学の精神から

後屈への恐怖心がある生徒さんに、ウシュトラアーサナを指導させていただく時。
また一応アーサナはできるけれど、あまり気持ち良いと思えない場合。
首の使い方がネックになっていることがあります。
(首だけに!!失礼しました・・ダジャレです・・・)
そんな時、首の留意点をお伝えすることで、
なんなくアーサナができるようになることがよくあります。
そしてたいてい皆さん、
「今まで苦手だったのに、すごく上手にできるように感じる!」
「今まで嫌いだったアーサナなのに、すごく好きになりました!」
とも言われます。

ウシュトラアーサナに限らず、
体の柔軟度や体系などで
なかなか克服できない(と本人が感じている)ポイントがあるアーサナは、
ほとんどの方がお持ちでしょう。

アーサナだけではないですよね。
頭を使うことや、ヨガ以外のスポーツ、
また、人の好き嫌いなどでも。
今まで、苦手だとか嫌だ~と思っていた事・人が、
ある事をきっかけにむしろ好きになったり。

私たちがふれる物事全ては、さまざまに変化して見えます。
嫌だと思っていたものに、
何かのキッカケがたまたま向こうから訪れてくれて、
好きになった時は、とてもラッキー。
そのラッキーに出会わなくとも、
好きになる日がくるのを期待して、
「嫌だ」「苦手だ」の結論をすぐには出さないこと。

私の師匠のひとりは、
「何事も決めるな。決めると考えるのをやめるから」とよく言われます。
タントラで大切にされる精神のひとつ。
「○○はこういうものだから」と一度思ってしまうと、
人はそれ以上考える事をやめてしまいます。
どんな物事との向き合いにも、レッテルをつけないこと。
また、学びや自分の行動に、常になぜ?を問いかけること。

今すぐ深く探求したり、調べたりはしないものであっても、
心はずうっとそれについて考えてくれています。
ある時は年単位のこともあるでしょう。
でも、
長く長く、自分の中で研鑽されている物があればあるほど、
世界はどんどんオモシロく見え、
そして自分の礎を築いてくれることに繋がったりもします。

ヨガの心の学びにおいても、
人生をまるくやわらかく広げるためにも。
タントラの精神が、
体をもって生まれてきた現世の学びの意味に
暖かさを齎せてくれます。



NAMASTE
あゆ

スポンサーサイト

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー