2009-10-16

ヨガと食 トリグナの意識②

前回にひき続き、トリグナの意識からもうちょっとお話を。

大好きな友達のカラリパヤットの日本の第一人者、
浅見千鶴子さんと食べ物の話をしていた時。
彼女もタマシックな食べ物である発酵したものについて同じように考えていました。
ちづさんはインドのグシャラートアーユルヴェーダ大学に3年間留学し、現在も年に数か月はインドに滞在されます。
インドに伝統的に伝わる智慧の学びと、西洋への広がりがあった後の学び、
本当に沢山のことを勉強されている素晴らしい方です。

インドでも漬物(アチャール)の存在がありますが、
発酵ものはタマシックな食べ物。
とはいえ、
日本では納豆や漬物など、発酵食品は広く、とても大切にされます。
そして体に良いと言われますね。
どんな和食にもほとんどと言っていいほど使われる、
醤油や味噌も発酵の力があってできあがった食品。

国や地域・文化の違いで大切にされる食べ物、
よく食べられてきた食べ物には差があります。
それぞれの土地で食べていたものが、
数世代(時にはもっとと言われます)にわたり体の適応を作るとも言われます。

これは食べ物だけに言えることではないですが、
概念によって分けられたものたちを
頭で認識すること
実践して感じてみること
自分はどのように受け入れるか考えること

ヨガ的な食生活について、微に入り細に入ると(笑)、
民族的な違いや生活習慣の違いなど、いろいろな壁も感じるでしょう。
考え方を知りながら地域や民族の違いを受け入れて、
自分にどう融合させていくか

知ることへの努力を怠らないこと
選ぶこと
今回も(笑)タントラの精神が考え方へのヒントです。
自分が知った!と思った時点に、無知の入口があるかもしれません。
前々回の「決めるのをやめる」の回で取り上げたように、
自分の心の決断を下さず、様々な角度から見つめ続けること。

食に関しての長く深い研鑽は、女性の美容への意識に似ている(笑)
様々な角度から良いところを見つめ、
楽しみながら、愛しみながら、食と向き合いたいですね。



NAMASTE
あゆ

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

食は大切ですねぇ

本日は一山ある日と聞きましたが、快方に向かっていることを祈ります。
まずは静養ですね。元気になったころにでもまた顔出します。
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー