2010-02-10

有機農業家 金子美登さん

年明けに、有機農業を営む金子美登さんを取り上げている番組がありました。
今回はそのお話を。
いや、有機野菜を食べろって話ではないですよ(笑)

金子さんは有機農業を始めて40年。
今でこそ逆に注目されている有機農法ですが、
始めた当初6年の間、納得のいく野菜もとれず
周りの理解も得られず
経済的にも精神的にもつらい期間を過ごしたそうです。
それでも有機の野菜を作り続ける道を選ばれました。

本当に、農業をされている方の言葉には感心します。
まさにヨガの精神がそのまま入っていたりします。
金子さんもインタビューの中で
「ベストを尽くす、あとは天に委ねる」
と言われていました。うーんまさにヨガの精神。

そこで念を押されていたのは。
ただ委ねるのではなく、ベストを尽くさないと駄目だとのこと。
そうしないと先が見えてこない、と。

自分が何かの意思を持って物事を遂行するには、思わず結果を求めてしまいます。
その為にがんばっていたりしますものね。
農業の場合はまさに、お天道様次第でありながら死活問題に関わる真剣勝負。
金子さん曰く
「一日として同じ自然はない。持っている力、高めた技術で立ち向かうのみ」と。

日々の生活や何かの場面で真剣勝負を続けていると
最初はある結果や目的のために始めていたようでも、
結果は天に委ねるという達観した感覚が出てくることがあります。
それが金子さんの言う、ベストを尽くすと先が見えてくるということかもしれません。

自分の思いつくあらゆる手を尽くしたら、
見えてくるのは自分の在り方。
次の一歩の答えが出てくる。
「先」というのは単に結果という意味ではないのです。

真剣勝負で得られる結果は、副産物。
得られる大切なものは自分の内側の変化です。
自分の中に
強い軸を、
そしてシュラッダー(意志力)をさらに培ってくれます。



NAMASTE
あゆ

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー