2017-12-27

2017年もあと少しとなりましたね〜
年内最後のブログです。

今年は巣篭もりの年で、
いつにも増してヨガで皆さんに会う機会が減るなぁと気にしていましたが、
7月から一部ヨガクラスが復活。また今までどおりにお会いできる時間が早くに持てて、
嬉しく思っています。

行動半径が広げられない中でヨガの機会を運んで来てくれた友人、
そして今年で四年目となるドミニカのWSも楽しく大盛況に開催できました。
スマートで愛あふれる人々との仕事は、クラスの素晴らしさだけでなく運営の全てが信頼と一体感で満たされます。
チームへの敬意と喜びがエネルギー(virya)を湧き上がらせ、自分がチャージされる。
出向けない私が貴重な機会を一番噛みしめて楽しんでいたように思います。

また、一年間母業を支えてくれた家族と母。
とりわけ母のサポートには本当に助けられました。
子育ては自身の人生を振り返る貴重な追体験の場になり得ますが、母との関係においても沢山の事を見つめ直す機会を貰いました。
自分が小さく感じて無力感の強かった子供時代。
心のブロックや心の癖から、どんな風に世界を見ていたか。
忘れていた幼少の視界を思い出す事は、今現在の解放にも繋がります。

私の師匠のひとりが、
「ヨガの修練が進むにつれて、小さな良い変化に気づいていきなさい」
と言います。
シンプルになっているか、
軽さがあるか、
日常が光り輝いて見えているか、
他にも沢山の指標があるのですが。

このブログを読んで下さっている全ての方に感謝致します。
今年は皆さんにとってどんな一年でしたでしょうか。
どんな一年もであっても、皆さんにとって味わい深い一年でありました事を。

よいお年をお迎え下さいね〜!


NAMASTE
あゆ
2017-12-12

IMG_2062_convert_20171213220915.jpg
シュロぼうきです。
土曜日のクラス・美容室フリッカさんで、クラス前に趣味で(?)ほうきがけをするのですが、
あまりにも心地よいのでついに購入しました。

ほうきでの掃除には、
お釈迦様の弟子にも悟りに至る逸話があるのも相まってか、
ほうきがけする音を聞いて掃除に集中する時間は何とも心地よい。

それで「うちにも買おうかなあ〜」と言いましたら、シュロがいいよ!と。
フリッカのオーナー曰く、お店だとヘビロテすぎて繊細なシュロは何本もダメにしたが、家庭用ならぜひ!とのこと。
確かに枝が細かくて、小さなチリ埃も逃さずに拾ってくれます。

普段できるだけ掃除機はかけないのでクイックルワイパーを使っていましたが、ほうきの利点は幅木など高さがある所も一緒にキレイにしてくれるところ。
逆に難点は、ごみが舞いやすいです。これには濡らした新聞紙対策かな。ますますクラシカルな家事の仕方に寄り気味になるのでしょうか・・・

年末なのでお掃除ネタにしてみました。
ほうきの掃除といえばレレレのおじさん。彼のモデルが前述のお釈迦様の弟子チューラパンタカといわれます。
年末年始、読み待ちのいくつかの本に赤塚不二夫さんの本を足そうかなぁ。


NAMASTE
あゆ
2017-11-06

札幌のオーガニックスイーツの先駆けであり、有機食材や雑貨を扱うお店Cous Cous Oven+Hopparsのイラストレーター、マット和子さんの絵本
「あいってなに?」です。

シンプルな言葉に想いがいっぱい詰まった
暖かく熱いメッセージ。
子供も楽しめるけど、
大人になるほど言葉は味わいが広がるから
どんな方へのプレゼントにも素敵です。

可愛い絵と深く響くメッセージで一気に
まさに「愛」に直接心を持って行ってくれる。
ヨガする時間がない時にもいいですね。
ここ数回のヨガクラスでお伝えしているテーマにダイレクトにアクセスします。
ポイントは、既に知ってると思って読まずに、
毎回今に集中してゆっくり読み進めると
五感が受け取った刺激が内側に影響を与えるのがよくわかる。
その感覚を味わう事はまさに瞑想。
だから自分へのプレゼントにもいいですよ。

東京のヨガ友が和子さんの古い友人なのは知っていたのですが、ついに3人で会える事になり感激。
巣篭もり生活の私に楽しい時間を運んでくれた友達に感謝!です。


NAMASTE
あゆ
2017-08-22

夏もすっかり落ち着き、涼しさを感じる日が増えてきましたねぇ。
今年は時間の過ごし方が特別で、あっという間に過ぎています。

私のアーサナを、レギュラー仕様に復活させるのはまだ先ですが
それでも頭立ちや肩立ちの数種類はルーチンに含まれています。
これらは
普段の身体と心にも
人生の様々な身体の時期にも
とても大切なポーズたち
アーサナのキングもクィーンも逆転群です。

教えているクラスでも
アーサナの真骨頂といえるこれらをどう取り入れていくかが、大きなテーマのひとつです。

ただし身体を傷めずに安全に行いたい。

アーサナは見た目の形が「できた」かどうかを一つの目安にしがちですが、
個々人の可動域や筋力に合わせ、働きかけができているかが効果

なので今の自分の身体に合った取り入れ方で
人生の時間をかけてずっとやっていくだけ、です。

だから
アーサナができるようになったかどうか、を焦らない。
どのバリエーションでも構わないから、大切なアーサナ群が普段の練習に組み込まれていること

人生が
ゴールのためでなく道を楽しむ事そのものであるように
練習は目標の一点の為にあるのではなく
その道すがらずっと、自分に沿って歩んでくれる強力なサポーター


NAMASTE
あゆ


2017-06-28

前回心を言葉で表す時の注意点がテーマでしたが、
ネガティブさを含んだ表現に気をつける理由をもう少し。

頭の中で何度も繰り返される言葉たちはマントラのように染み付いてくる存在。
反復されるようであれば、そのままドヴェーシャ(憎悪)を増幅させる行為となります。ラーガ(執着)であっても同じ。

よく心のヨガにおいて、「見つめるだけの存在に徹すること」と言われますが
私の師匠の一人が、そこにとても慎重な意識を持つように言います。
「本当に、見つめるだけに徹したかい?
本当に手を加えてはいないかい?」

まわりが騒がしい時、
忙しい時、
感情が大きく揺らぐ事があった時、
見つめるだけに徹するのは難しくなる。

だから日々の練習があります。
集中の環境を整えて
見つめるだけになりやすい時間を作る
そして
マットの外に出ても見つめることに戻れる自分を作る

今週末からレギュラークラスが一部復活します。少しだけですが皆に会える日ができて楽しみ。
皆さんの忙しい毎日の中に
練習の時間を少しでも増やすきっかけとなれば嬉しいです。


NAMASTE
あゆ
プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー