2016-08-03

IMG_1266.jpg
カサブランカが咲きました。
確か球根は3つ。今年二年目なのですが全部で11輪?花がつきそうです。
頂いたから植えただけですが、年に一度の楽しみもいいものですね。
部屋全体がユリの香りです。

先日、元上司とランチしました。
取締役になられた彼ですが、
昔と変わらぬ砕けた会話と頼もしい心遣い
にじみ出るシャープな彼の頭の回転を思い出し、
一緒にいるだけで自分のテンションが上がり出すのが分かります。

物事を多角的に見据える力のある方の、
理解力の高さと速さを実感するだけで
何ともしびれるようなワクワクする感覚が沸き上がる

私の場合は一緒にいるだけでワクワクしてくる・興味のある相手は、
すぐ分かります。
歳を取るほどにそのセンサーは、はっきりしてきているようです。
ヨガの中でもそういう方がいらっしゃるから、ヨガを続けられています。
ヨガの教えは素晴らしいものですが、それをお伝え頂く現実の師に心が引き付けられる方がいなければ、もうヨガは辞めていたと思います。

一緒にいると内側が喜び出す方々は
三度のご飯と同じくらい価値があるのでとっても大切にして下さい。
心のご飯です。
心のご飯になる人々にはいくつかタイプがあるのですが
一つは敬愛の対象となる存在
ヨガでも大変大切な要素ですので
何度かブログで取り上げています。

相手とただ共有する時間が大切です。
何を言ったかどうか、などではなく。
長くいればいるほど
その方の在り方を自分にインストールする事ができる。
人間には言葉では表しきれない察知能力があり、相手を知ろうとする強い意識が共感力を高めます。
心のことに興味があるのならば尚更。
惹かれる方とは、ただただ一緒にいて下さい。


NAMASTE
あゆ

2016-07-17

IMG_1022.jpg
ハスカップです。
友人に初めて生のものを頂いたのですが、
ひょうたん型のブルーベリーみたいなのね。
北海道の気候ではブルーベリーより断然早く収穫できるのだと知りました。
流通しているのが加工品ばかりなので
思った通りそのままでは食べにくい酸っぱい実ですが
自然な味がとても美味しい。

最近のクラスで、フリダヤのお話をテーマに
感情を尊重してねというお話をしていました。
ヨガの心の話をすると、
気にしているつもりなのですが、
どうもネガティブな感情が
抑えこむべき対象のような伝わり方をしていると感じ、
先生としてまだまだだなぁと難しく思っているポイントのひとつです。

感情と行動が別々になってストレスとなるのは、主に人との関係性の中です。
嫌だな~と思っても、顔では笑って友好的に装って。
コミュニケーションを重視した時に、気持ちを抑えて装う事が生じます。

とても細かい違いなのですが
本当は、自分の気持ちに素直になる事と、
関係性を重視したあと、
どんなリアクションをするかは別々に意識してほしいのです。
日常の中では一緒に織り交ぜられて一気に行われるから、
気持ちを無視したり、抑えたり、無かった事にして
ストレスが生じます。

自分がどう物事を受け止めたか、その細やかな感情を
まずは抑えることなく尊重して感じ取ってほしいのです。
その上で、
相手へのリアクションは関係性を重視した結果、
自分が気持ちと抗う選択をした、と
認識する丁寧なステップが欲しい。

心を丁寧に見つめるところにヨガがあります。
大人になって、事なきを得ようとする自分に慣れてしまっていても。
子供のような感情も、しょーもない感情も
大切に感じ取ってあげて下さい。



NAMASTE
あゆ


2016-06-23

IMG_0969.jpg
前々回、①と②の箇条書きをしますととても分かりやすかったと
いわれたものですから、
調子にのって自分を見つめるチェックシリーズ。

イケ好かない、嫌い。
自分がそう反応する人の事を考えて
素晴らしいと思えるところがあるかどうか、思い浮かべてみましょう。

なんでもいいです。
自分は嫌いだけど・・・ということは私と相いれない人とはウマが合う、とか
デリカシーないけど・・・という事は反面、細かいことは気にしないおおらかさがあるとか
嘘つきだけど・・・という事は反面、世渡り上手だ、とか
たいていの物事は両面から見つめることができますのでね。

ケチをつける気持ちが溢れて
小さな良さも見つけられない。もしくは認める気持ちが起きない。
そうなってしまうかどうかが、チェックポイント。
「確かにあの人、いいところもあるな」と思えるようであれば
心はおだやかな状態です。

これは嫌いな相手が、どんなにダメな人かチェックではありません。
自分が「嫌だ」と思う事柄(この場合はヒト)を使って
どれだけそこに固執してしまうかを見ています。
誰かに胸の内を明かす必要はありませんから
本当に自分の中に起こる気持ちをみるだけです。

そう、別に合わない人・嫌いな人が居たっていいのです。
嫌いな人~と思っても、
レッテルでなく資質で良さを見ることができるかどうか。
それが自分の心の状態がわかるバロメーターです。
(罪を憎んで人を憎まず的な?)

心の中ですらいい人になる為に
無理やり「いいところもあるな」と言わないこと!笑
これ、結構やります。
特にヨガのクリーンな感じのする教えに触れ、
道徳観に訴えかけられたときに、起こりやすいです。


NAMASTE
あゆ

2016-03-18

IMG_0130.jpg
ヨガを教えている場でよく生徒さんが
「あっすいません、覚えてなくて」
とおっしゃることがあります。

気になった時に
「覚えてなくていいです、やるだけです」とお伝えすることがありますが、
もっというとヨガは
覚える作業ではなくて
思い出す作業

意識的でいる事を思い出す
体に意識を向ける(事を思い出す)
呼吸に意識を向ける(事を思い出す)
自分が求めてることは何か奥の奥に意識を向ける(事を思い出す)

思い出す時間が多いからこそ体と心に網の目のように浸透して
どんな状況の自分であっても
すぐにじみ出てくるようになる

ヨガでしたいのは浸透であり、
思い出すことであり。
且つ
思い出すことは浸透のためだけの作業でなく、
思い出す行為そのものの効果もありますから
いつまでもどちらも大切。
覚えたかどうかは
どうでもいいと言ってもいい。

最近家の中で
「あれ、私今何しにここに来たんだっけ?」と思うことが多すぎるのですが・・・
覚えてないし、まったく思い出せない(泣)



NAMASTE
あゆ
2016-03-08

IMG_0303.jpg
札幌も雪解けが一気に進みましたねぇ。
3月も中旬に近づき
子供の進級を前に季節の移り変わりを感じています。
少し前まで会話もままならないと思っていたのが
小さな子供でも
人とのコミュニケーションが多彩になるのを興味深く見ています。

両親に見せる、良くも悪くも甘えた顔以外に
親戚、
友達のママ、
仲良くしているお店の方々、
自分自身の友達・・・などなど。
相手によってたくさんの「顔」を持っている。
友達だって、それぞれの子の個性に合わせてかわるから大変面白い。
遊び方もやり取りの機微もガラリと変わる。

相手によって変わるコミュニケーションから、
無意識にいろいろな自分が引き出されていく。

以前女優の松坂慶子さんが、
役者になった醍醐味について
「自分だったらださなかったものが、いろいろある」
とおっしゃっていました。

役柄をもつ職業でなくても、私たちは沢山の顔をもって生きている。
それは仮面ではなく、
引き出される面がいろいろ違うということ。
全てが自分から出てきた一部です。

そう意識すると、
心の距離が遠い相手も
時には嫌な感情ばかり引き出される相手でも。
皆が私の中の何かを引き出してくれる興味深い存在です。



NAMASTE
あゆ

プロフィール

ganesha7

Author:ganesha7
ヨギーニです。少し活動中。

アヌサラインスパイアドクラス
毎週土曜日AM9~10:10

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー